愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

月別アーカイブ :2012年05月

89回大会に向けてのキーマン~日本体育大学~

88回大会はスタートが良かっただけに最終順位19位と言う結果は信じられませんでした。 エースの服部翔大選手が作った区間2位の走りは3区以降に歯車が狂い、シード権の戦いからずるずると後退していきました。 89回大会もキーマンは服部選手でしょうが、彼だけでは駅伝になりません。 彼を中心にした3年生勢に力がありますので、予選会、そして本戦でのリベンジが待たれます。 そして、エース格の力がありな......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~中央学院大学~

苦戦が続いている中央学院大学ですが、88回大会では期待を持たせる選手も出てきました。 キーマンは3年生。 特に5区から7区を担当した田中瑞穂選手、岡本雄大選手、沼田大貴選手に注目しています。 5区の田中選手は山上りのスペシャリスト。 2年連続で5区を担当し好走を見せてくれました。 本戦までは調子を落としていましたが、箱根路にしっかり合わせてくるのは流石。 山を有利に進めることはシード......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~上武大学~

予選会トップ通過。 そして、全日本駅伝で初のシード権獲得と波に乗っていた上武大学。 このまま箱根駅伝のシード権も……という勢いでしたが、結果は残念に終わってしまいました。 戦力は十分に整っていたと思いますが、箱根駅伝の難しさを痛感した年になったと思います。 上武大学のキーポイントはやはり「経験値」ということになるのでしょうか。 例を出すとすれば戦力は上武大学よりも厳しいと思われていた順......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~神奈川大学~

神奈川大学の急務はやはり全体の底上げ。 いきなりの上位進出は難しいですが、88回大会は山で見せ場は作ったものの力負け感は否めませんでした。 山で存在感を見せてくれた小堀選手も久門選手も卒業したため、新たな適任者を作らなくてはいけません。 中々厳しい状態ですが、全員がキーマンとなりうるとも考えられます。 そのキーマンとして期待される最右翼は赤松宏樹選手と柿原聖哉選手でしょうか。 昨年、期......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~拓殖大学~

山梨学院大学のオムワンバ選手や日本大学のベンジャミン選手の様に強力な留学生ランナーを擁している拓殖大学。 マイナ選手とモゼ選手、どちらかの調子が悪ければもう1人がエントリーできる布陣は強いですね。 しかし、箱根路ではどちらも思ったような走りができていないのも事実。 彼らが今季駅伝にどれだけ順応できるのか、注目していきたいと思います。 ですが、拓殖大学のキーマンは彼らではなく日本人ランナー......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~帝京大学~

帝京大学のキーマンは何と言っても蛯名聡勝選手ですね。 88回大会の予選会では個人8位と好成績を残し、チームを本選出場に導きましたが、当日は貧血の為起用ができませんでした。 彼が走れていたらと思わずにはいられません。 蛯名選手はまだ3年生ですので、昨年以上の力を出せる可能性を高く秘めていると思います。 エースとしての立場で箱根路を走ることが帝京大学の飛躍に大きく関わってくると言えるでしょう......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~東海大学~

何か大きなトラブルがない限りは、ほぼ予選会通過はできると感じる東海大学。 しかし、箱根駅伝では浮き沈みが激しく、エースの好不調がそのまま結果に反映しているようにも感じます。 東海大学は今季も村澤・早川の両エースがいますので、爆発力は健在。 しかし、キーマンとなるのは彼ら以外でないと上位進出は望めません。 東海大学の課題としてはやはりチーム内戦力の底上げ。 どうしても2大エースが抜きんで......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~国士舘大学~

国士舘大学のキーワードは「台頭」。 88回大会は10区間中8人を4年生で固め、最終学年の意地で戦い抜きましたが89回では同じような戦力で戦うことは難しいでしょう。 その為には、新戦力の箱根デビューが待ち望まれます。 ここでいう新戦力は1年生と言うだけではなく、在校生でもまだ箱根路を走っていない選手たちの事も指しています。 国士舘と言えば、どうしても伊藤正樹選手、藤本拓選手などのエースに目......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~國學院大学~

國學院大学のキーマンは、やはり寺田夏生選手でしょうね。 柏原選手の様に状況を一変できるスペシャリストタイプや、鎧坂選手の様に高い安定感とスピードを合わせ持つ絶対的エースタイプというわけではありませんが、彼らとは少し違った意味で持っている男です。 87回大会の10区コース間違いがまだ強く印象として残っていますが、別のところで注目を浴びつつ88回大会でも結果を残した強心臓は、必ずや国学院を高みに......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~山梨学院大学~

O・コスマス選手、松枝翔選手など主力が卒業し、大きな戦力ダウンが考えられますが、上田監督支持の下、どこまで今回と同等、もしくはそれ以上の戦力を整えてくるのか注目が集まります。 そして、「山梨学院大学と言えば」と言うのはおかしいですが、どうしても留学生ランナーが気になってしまいます。 歴代のエースたちが築き上げてきた区間記録。 今や2区はモグス選手、3区はコスマス選手と山梨学院勢が保持してい......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~中央大学~

平成のシード王・中央大学ですが、危ない展開になりかけているのも事実。 安定感の高い中大にとっては、できる限りブレーキの区間は作りたくないもの。 上位、さらに優勝する為には、難区間をアドバンテージ区間にすることではないかと思います。 皆が記録を出しにくい区間で、好成績を残せたのならその後の展開は非常に有利になるでしょう。 その区間とはやはり5区。 簡単に記録は出せないから特殊区間なのです......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~順天堂大学~

下馬評を覆してのシード権獲得・順天堂大学。 戦力はそこまで高くなかったと思いますが、経験が箱根路を有利に運びました。 そして、ノウハウを忠実に遂行できる選手たちの走りが見事でしたね。 来季も9人が残るチームですので、最低限前回以上の走りが義務付けられます。 そんな順大のキーマンはチーム1のスピードを誇る田中秀幸選手とルーキーとは思えない走りを見せてくれた松村優樹選手です。 田中選手......続きを読む»

89回大会に向けてのキーマン~城西大学~

過去最高順位の6位に入った城西大学。 予選会突破が厳しい順位だっただけに不安視される声もありましたが、本戦でのハングリー精神は鬼気迫るものがありました。 不撓不屈のスローガンに恥じぬ素晴らしい走りを見せてくれましたが、主将・田村優典選手、エース・橋本隆光選手が去ったことにより新たなチーム作りをしていく必要があります。 そんな彼らの想いを強く受け継いでいるのが、3年生エース・山口浩勢選手。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:16483757

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第29回出雲駅伝~各チームエントリー①~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss