愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

第94回箱根駅伝の戦い方~拓殖大学~

このエントリーをはてなブックマークに追加


箱根予選会5位通過でここまで評価を上げたチームは珍しいのではないだろうか。

それというのも拓殖大学の予選会の内容は本大会に向け、十分手応えを感じるものだったからだろう。

大事な箱根駅伝予選会を前に拓大にアクシデントが発生していた。

エース・デレセ選手の直前の故障。

大砲で出来る限り有利な貯金を作り、他の選手たちがブレーキなくまとめることにより予選通過を決めるというこれまでのプランが見込めなくなった時、チームとしての戦い方の変更が余儀なくされた。

チームの強みが発揮されないことで少なからず動揺もあったはず。

しかし、当日のレースでは不安を感じさせない走りを個々が見せ、危なげなく予選を通過。

エース力が生かされた前回よりも全体としての底力を見せた今回の予選会の方がチームの総合力を感じさせた。

エースの不調は他の選手たちの発奮させる怪我の功名となった。


拓大にはトラックタイムだけでは測れない強さがあると称される。

それは記録会に殆ど出ず、夏合宿を長く行うことで駅伝シーズンに向けた走り込みが出来ているからだ。

今回の予選会では箱根経験者・未経験者問わず、成長の証を見せるレースをした。

そして、11月25日の記録会では予選会を走った7人が10000メートルベストタイムを更新し、伸びを証明。

ここまでやってきた積み重ねが徐々に形として現れつつある。


名伯楽・岡田監督は既に手の内を明かしている。

序盤の流れを左右する1区・3区には主将の西選手と馬場選手が入る。

集団走のレースメイクと前回の経験を考えれば西選手がスターターを務めそうだが、馬場選手もペース変化に柔軟に対応できる実力のあるランナー。

これまで5区・6区を走っており、どの区間でも力を発揮できるオールラウンダーな点も魅力だ。

両者とも11月25日の記録会で28分台の自己ベストを更新しており、走力は殆ど差がない。

どちらがどの区間を走っても区間10位以内でまとめられる力があると見ていいだろう。

2区には3年連続でデレセ選手が担う。

前回は区間2位で走っており、経験と実績がある。

予選会では故障をおして走ったこともあり50位という結果に終わったが、復調すれば前回程度のタイムが見込めるだけに勝負区間として考えられる。

そして、5区には3年・戸部選手だ。

前回の箱根駅伝では同区間11位。

だが、今季は予選会でチームトップの15位で走っており、走力・コンディションともに昨年度よりも良い。

前回の経験を生かし区間上位で走ることができれば往路は好位置でフィニッシュできる目処が立つ。

4区はまだ候補がいるという段階との事だが、予選会個人19位の2年・赤崎選手、10000メートルベスト5番手の3年・鈴見選手などが考えられるだろう。

いずれにせよ、ここまで明言しているということは彼らに対しそれだけの信頼があるということが窺える。


往路に主力を注ぎ込む形になるだけに、復路は粘りのレースとなる。

特に6区では何度か痛い目にあっているだけに無難に乗り越え、確実に襷を繋いでいきたいところだ。

特殊区間さえ凌げば、予選会で存在感を見せた選手たちが控える。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

首都大学東京ラグビー部2017-38【Dream Rider  西山淳哉】

福岡国際マラソンで大迫傑の活躍は嬉しいが【スポーツ えっせい】

日体大記録会5000m(2017年12月3日)結果【日本大学駅伝部を応援しています!】

日体大記録会10000m(2017年12月2日)結果【日本大学駅伝部を応援しています!】

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準決勝 対筑波大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

硬式庭球部・全日本学生室内テニス選手権大会【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準々決勝対学芸大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会3回戦 対順大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:3496
  • 累計のページビュー:18352431

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 第48回全日本大学駅伝統括
  5. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  6. 第94回箱根駅伝区間エントリー予想~青山学院・東洋~
  7. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  8. 第92回箱根駅伝復路統括
  9. 第94回箱根駅伝復路総括
  10. 第92回箱根駅伝展望予想

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss