愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

日本選手権10000メートルで見せた大迫選手の「勝つ」レース

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属の大迫傑選手が昨年に引き続き10000メートルを制し、連覇達成。

参加標準記録には届かなかったものの唯一突破している旭化成の村山紘太選手がこの大会を欠場したこともあり、ロンドン世界陸上代表の最右翼に踊り出た。

日本選手権で内定を得ることができなかったが、それでも世界で勝負することを意識している選手。

タイムを重視していけば標準記録突破はそこまで難しいオーダーではないだろう。

しかし、今大会で見せた彼のレースはまさしく「勝つべくして勝った」印象だった。


驚くべきは大迫選手の冷静さだ。

ベテランや若手、同世代など様々な武器や持ち味を持っている選手が集い、大迫選手と言えど決して楽に勝てる顔ぶれではなかった。

それにも関わらず、誰が前に出ようとも誰が揺さぶりをかけようと動揺することなく淡々と自分のレースに徹していた。

序盤は集団の中位以上、中盤から終盤にかけては自分から前に出て引っ張るわけでもなく、ペースを上げていくにつれ自然とトップ争いに加わってきたようなレースだった。

圧巻はラスト1周。

DeNAの上野選手が驚異的なスパートで前に出ると、大迫選手もそこまで無理をしているような走りではなくピッタリと横に並ぶ。

そして、そのまま引き離すと後は独走。

残り300メートルからあとはペースが落ちることなくゴールまで駆け抜けていった。

勝敗を分けたのはやはりスパートを掛けたタイミングだろう。

ラストの直線勝負になると上野選手はその距離に絶対的な自信を持っている。

彼の得意な展開に持って行かせずその前に勝負を決めたことが大きかった。


ただやはり地力の差を見せた、という見方もできた。

誰がスパートをかけようとも即座に反応できる順応性、日本のスピードランナーたちに競り勝てるスパート力。

これまで培ってきた走力と世界ランカーたちを相手にして得てきた成長、そして経験と実績から生まれる確かな自信など、優勝候補本命の前評判通りに勝てるのはさすがとしか称しようがない。

日本選手権では幾度となく高校の先輩に当たる日清食品の佐藤悠基選手に競り負けていたが、最近の大迫選手を見ていると直接対決であってもそのイメージが沸かない。

それほどまでに今や日本で最も強いランナーという存在になっている。


ただ、彼にとって「日本最強」という称号はそこまで魅力に感じていないと思われる。

レース後「世界と戦うにはまだ力が足りない」と語ったようにスピード・スタミナを残り期間でどこまで磨いていけるか、そして世界とどこまで勝負できるかに視界は向いている。

日本選手権に合わせてきた選手が多い中、大迫選手はこの大会もステップの1つとして捉えていたのではないだろうか。

ラスト勝負で優勝の行方が決まったが、それ以前に意識の違いも出たようなレースだった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

陸上短距離界の新たなエース・サニブラウン【スポーツ えっせい】

全日本大学駅伝予選会結果分析【日本大学駅伝部を応援しています!】

陸上日本選手権男子100メートル決勝【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

首都大学東京ラグビー部2017-15【Dream Rider  西山淳哉】

【第49回全日本大学駅伝予選会】試合結果【駅伝狂の詩】

神野大地が「箱根では終わらない」3つの理由【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

全日本大学駅伝関東予選会で明暗を分けたのは何だったのか。【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

天皇杯らしい一戦〜湘南vs国士舘大学(6月21日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:4153
  • 累計のページビュー:15954834

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss