愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

今年度のチーム力を左右するキーマンたち③

このエントリーをはてなブックマークに追加


今季の中央学院大学の注目度は高い。

箱根駅伝3年連続シード権獲得という実績からも裏付けられるようにチームの勢い・世代交代が非常に上手くいっている。

エースの大森選手を軸とし、5区区間3位の細谷選手、2年連続6区の樋口選手と要となる区間に目処が立っており、若手では高砂・横川・藤田選手が台頭。

中間層には新井選手、廣選手の箱根駅伝経験組に加え、市山・福岡選手などの成長が期待されており、怪我からの復帰が待たれる森田選手が合流することで更に層は厚くなる。

今年度は3大駅伝の出場権を得ており、じっくりとそれぞれの大会に向け調整をすることができるのも強みだ。

「優勝」を掲げるにはまだ総合力に課題があるが、それでも上位進出を狙えるチーム力が備わいつつある。

既にメンバー固定が進んでいそうだが、ここに割って入ってくるのではないかと期待しているのが3年生の光武洋選手だ。


ここ2年間での駅伝経験はない選手だが、持っている走力はレギュラー組と遜色ない。

昨年度から徐々に存在感を出してきていたが、特に今季は好調だ。

4月の記録会で5000メートル・10000メートル共に自己ベストを更新。

10000メートル29分20秒94は現チームの3番手に相当するタイムであり、一気にメンバー入りをアピールした恰好だ。

ロードでもハーフ1時間04分06秒のベストを持ち、仮に今季63分台に突入することになれば頼もしい存在になってくる。

駅伝での実績が少ない選手の為、実戦でどこまで勝負できるランナーか未知数な部分があるが、楽しみな選手であることは確か。

今年度での駅伝デビューが待たれる。

スピードよりはスタミナタイプのランナーというイメージがある為、出場機会があるとすれば全日本駅伝だろうか。

いずれにせよ、光武選手がチームの戦力として駅伝を走れることになれば箱根駅伝でのチーム構想が変わってくる。

様々なパターンを用意できるようになるには彼の存在が重要になってきそうだ。


中央学院の強さの1つとして、主力以外の選手たちが学年が上がるにつれ、しっかりと地力をつけてきていることだ。

その象徴が今の光武選手のように感じる。

個人的に今季の彼には期待したい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年東京六大学野球春季第6週(早稲田大×立教大 慶應大×明治大)【北のお部屋】

首都大学東京ラグビー部2017-11【Dream Rider  西山淳哉】

【湘南女子ソフトボール部】関東学生春季リーグ戦 最終戦試合レポート「チームカラーを存分に発揮!」【東海スポーツ】

5連戦遠征期(ボストン・ロンドン・ソウル・大分・大連)【車いす陸上競技 洞ノ上浩太】

TilmonがMizzou進学表明!Porter Jr.のtweetはこれだった!1年or2年でNBA1巡目へ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

今年度のチーム力を左右するキーマンたち②【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【湘南男子ソフトボール部】関東学生春季リーグ戦 第3戦、第4戦試合レポート「4位に終わるもインカレへ弾み」【東海スポーツ】

今年度のチーム力を左右するキーマンたち①【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:8134
  • 累計のページビュー:15575438

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss