愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

大迫傑は低迷男子マラソン界を救う存在になるか

このエントリーをはてなブックマークに追加


素晴らしいとしか言えない。

ボストン・マラソンで初マラソンに挑戦した大迫傑選手が2時間10分28秒のタイムで3位に入り、この大会では瀬古利彦氏以来となる30年ぶりの表彰台に上がった。

「ワールド・マラソン・メジャーズ」の1つに挙げられる大会で今回も多くの実力者が名前を連ねた。

初マラソンということで期待と不安が入り混じっていたが、終わってみればトップのキルイ選手とは50秒差。

30キロ付近まで先頭に着いていくという攻めの走りで見事42.195キロを走りきった。


様々な不安が一蹴された。

大迫選手は普段トラック中心にスピードを磨いており、ロード向けの練習はトラックに比べ少なかった。

その影響もあってか丸亀ハーフでは終盤思うような伸びが出ず、日本人2位に甘んじた。

5000メートル、10000メートルで勝負するためのスピード・スタミナを強化している段階でマラソンという未知数な距離を走れるかどうかという不安を抱いていた人は少なくなかっただろう。

レース環境も1つ。

ボストン・マラソンはペースメーカーがつかないため、誰かに合わせて走ることはできない。

あくまで己のペースを刻まなくてはならないのだが、それを初マラソンの大迫選手が周りに流されずに実行できるか難しいところだった。

プレッシャーもそうだ。

今の日本陸上界において大迫選手の存在は大きい。

待ち望まれていた彼のマラソン参戦の意味は、本人も感じていたはず。

期待値が高いだけに不甲斐ないレースはできないという重圧も感じていただろう。

だが、それらの不安を自らの脚で打ち破り、改めて「大迫傑」の名前を知らしめた。

トラックでトップクラスのランナーは、マラソンでも高いポテンシャルを発揮してみせた。


タイムとしては2時間10分台を切ることはできなかった。

しかし、論点はそこではない。

世界と勝負して上位に立ったことが評価される。

実績も経験も豊富な世界ランカーと同じ土俵で戦い、3番手でゴールに飛び込んだ。

それを実行できる走力とレースメイク、勝負強さはプロとして培ってきたものだっただろう。

このままマラソンに意識をシフトし、経験を積んでいけば日本記録も更新できるのではないかと思わせる初挑戦だった。


大迫選手の今回の結果は、低迷している男子マラソンの明るい話題となった。

もちろん国内選考レースではない為、この結果でマラソン代表に近づいたわけでも、他の代表選手よりも秀でているわけでもない。

だが、単独で世界と戦っていた日本人ランナーが国際大会で結果を残した。

この事実がもたらす影響は大きいだろう。

初マラソンで果敢に挑んだ設楽選手しかり、マラソン挑戦を表明している神野選手しかり、現状に満足していない選手たちが何かを変えようと奮闘している。

今や若手の中心選手となっている大迫選手を筆頭に、ますます環境は変わっていきそうだ。

早くも第2戦に期待がかかる選手だが、他の選手も大迫選手に続く快走を見せてもらいたい。

大学時代は周囲の期待に淡々と走りで応えていた大迫選手。

その実行力は今も全く変わっていなかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大迫傑が、ボストンマラソンを走った理由を推察する。【黒髪のかねろの整理場所】

【湘南男子ハンドボール部】新チーム初の公式戦!【東海スポーツ】

トラックレース強化がマラソン強化につながる事を大迫傑が証明【スポーツ えっせい】

【硬式野球部】首都大学春季リーグ戦 第2節 明星大 1回戦【東海スポーツ】

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対専大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017年度新体制~東海大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年度新体制~駒澤大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦第2部 前期第1節 対立正大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14795015

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss