愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

マラソン代表選考の新方式導入で日本レベルは上がってくるか

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本陸連が2020年東京五輪男女マラソン選考について、2019年秋以降の選考大会で男女各2人の代表を決める新方式を検討していることが明らかになった。

今年の夏から2019年春までの指定大会を「予選」と位置づけ、基準のタイム、順位をクリアした選手が選考大会、つまりは「決勝」の出場権を得る、2段階選抜になる見込みだ。

従来の選考に比べ、最終的な代表決めはその決勝の結果によることとなり、いわゆる一発選考になる。

選手たちは、まず決勝に進む為の予選で好成績を残すことが課せられ、本番では選ばれた選手のみがスタートラインに立てる。

激戦を勝ち抜いてきたランナーたちの競演は低迷している日本レベルの向上に繋がると期待できる。


そして、何よりも選考の透明性が増すことが大きい。

これまでの日本代表の選考では物議を醸すケースが多かった。

設定タイムを超えたにも関わらず即内定が出せなかったことや最後の1枠に選ばれた選手に疑問が生じたりなど不透明さが目立っていた。

それは選考レースが複数あるが故に起こる事態であり、一概に比べることができなかったことから出てしまっていた。

だが、今回の提案が導入されるのであればその問題はクリアになる。

最終的な選出となるのは決勝レースの上位勢なのだから、これまでの実績や予選のタイムが速くとも関係ない。

あくまで「勝負の場」で勝てるランナーを選出。

大舞台で力を発揮できる選手を選ぶことができるのだから誰もが納得できる結果になるはずだ。


その決勝の舞台も本番コースでのレースも視野に入っているそうで、実現できればよりその地を得意とする選手を代表に選出できる。

東京オリンピックでのメダル獲得へ向け、いよいよ業界が加速してきた。

この流れに乗れるランナーが1人でも多く出現し、白熱の予選を繰り広げてもらいたい。

新方式導入が可決されるかどうかは来月でまとめられることとなるが、日本マラソン界の向上へ、是非とも導入してもらいたい新方式だと思っている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

3月30日の練習 600mインターバル10本【衣浦東部消防局陸上部】

復活をかける各校の改革【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

2017年度卒業生それぞれの道【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

留学生ランナーの功績と弊害【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Elite8 、八村塁選手所属のゴンザガ大が初のベスト4。#UnitedWeZag【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

先頭集団でレースを作れる日本人ランナーは今後台頭してくるか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【特別企画~軌跡~】九州男女バスケットボール部【東海スポーツ】

【特別企画~軌跡~】 湘南女子バレーボール部 【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:1562
  • 累計のページビュー:15717881

(08月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss