愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

復活をかける各校の改革

このエントリーをはてなブックマークに追加


第91回大会では創価大学が、そして92回大会では東京国際大学が初の箱根駅伝出場を決め、今大会では2度目の挑戦となった創価大がシード権に迫る勢いを見せた。

ここ数年の箱根駅伝の顔ぶれはほぼ固まっており、予選会でも何度か出場経験のある大学からどこが落ちるかという見方だった。

だが、創価・東京国際のような新興勢力の台頭により、予選会は激化。

90回の出場を誇っていた名門・中央大学が予選落ちするなど、今箱根駅伝を巡る戦力図は大きく変わりつつある。

新たな勢力に対抗すべく、常連校はますます選手層を強化し、復権を目指すチームも独自のテコ入れを図っている。

今後10年のうちに、箱根駅伝出場校の顔ぶれが変わっていても決しておかしくない。


そんな中、第1回の出場校の1つである慶応大学も箱根駅伝復活へ遂に動き出した。

日本体育大学出身の保科光作氏を監督に招聘し、本格的に箱根返り咲きを目指す。

慶応が本気でスカウトに取り組み、陸上部の強化をしてくるのであれば非常に恐ろしい存在になってくる。

理由は「大学のブランド」だ。

慶大生という肩書に加え、箱根駅伝出場という実績が加われば選手たちにとって魅力的な判断材料となるのは必至。

今後結果が出てくれば、こぞって選手たちが加入してくる可能性も十分だ。

大学生にとってブランド力は大きい。

全ての選手がそうでないことを前提においても、大学のブランド力で進路先を決めた選手たちもいる。

当然このことが悪いわけではない。

大学4年間は選手としても、個人としても重要な時間。

実業団や第二の人生を歩むにおいて出身大学が影響を与えることは少なからずある。

最終結論を出すのは選手たちだが、慶応大学を再び箱根路へと考える選手たちが集まればゆくゆくは上位を争うようなチームになっていくかもしれない。


82回大会で初優勝を果たした亜細亜大学も久しく箱根路から遠ざかっている。

そんな亜大が対策を講じたのが、環境面の向上。

約5億円の総工費をかけ合宿所を新築。

後には引けない環境を整え、再び頂点への足掛かりを作った。

選手たちにとってストレスなく競技に取り組むための環境は重要。

環境面に魅力を感じた選手たちなら今後新勢力も加わってくると思われ、また在校生も競技への意識を高めていけるだろう。


慶応にせよ、亜細亜にせよ1年2年で結果が出るようなものではない。

しかし、低迷している過去の出場校が本腰を入れ始めたのは兆候。

今後はより大学のアピールポイントに明確な違いが出る。

選ぶ選手たちがどのような判断を下し、どこに身を委ねるのか。

予選会、本大会ともに容易ではない展開が訪れようとしている。

彼らの復活が大学陸上界を更なるハイレベルな時代に突入させてくると期待大だ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017年度卒業生それぞれの道【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

3月28日の練習 6400mWAVE走【衣浦東部消防局陸上部】

春のお花見RUNのススメ!【TeamAOYAMAブログ】

留学生ランナーの功績と弊害【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Elite8 、八村塁選手所属のゴンザガ大が初のベスト4。#UnitedWeZag【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ドラフト上位候補Houck率いるMissouri大(全米18位) 抑え1年生TJ Sikkema驚異の奪三振&無失点記録!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

八村塁 ゴンザガ大が史上初Final Four!八村が歴史的一戦で3P!決勝進出濃厚!NCAAトーナメント!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

先頭集団でレースを作れる日本人ランナーは今後台頭してくるか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:17417
  • 累計のページビュー:14812431

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss