愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

大迫傑選手の初マラソンはどのようなレースになるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本陸上界のエースが遂にマラソン挑戦を決めた。

実業団で練習を積む選手が殆どの中、アメリカに渡り、ナイキ・オレゴン・プロジェクトで世界ランナーたちと凌ぎを削っている大迫傑選手が来る4月17日のボストンマラソンに参加する。

主にトラックを主戦場としている彼だが、東京オリンピックではマラソンでの代表入りを目指しており、ボストンを皮切りに日本のレースを含めたロードにも多く挑戦してくると予想される。

5000メートルの日本記録を始め、室内を含めれば実に5つの日本最高記録を保持しているトップランナー。

現代の大物ランナーのマラソン挑戦は低迷する男子マラソンにとって待ちに待った存在であることは間違いない。


とは言え、不安要素もある。

大迫選手はトラックでスピードを磨いてきており、ロードの走りとは異なる。

もちろん挑戦するからにはフルマラソンの距離を経験しているはずだが、実戦で後半失速してしまうランナーは少なくない。

箱根駅伝の最終学年では過去2度区間賞を獲得している1区を走ったが、駅伝とは違う体作りをしていた背景もあり、終盤のペースアップについていくことができなかった。

2月の丸亀ハーフでも余裕が伺えた表情とは裏腹に先頭争いや神野選手の走りに粘り切ることができず、好走ではあったもののロードの走りに違和感があったのではないかと思わせるものだった。

今後、マラソンを続けていくにおいて、彼のスピードは大きな武器。

終盤までトップ争いができるのであれば、最後にギアを上げられる脚力が物を言う。

ただ、そこに至るまでのスタミナが持続できるのかトラックメインの選手ならではの難しさも出てくるのではないだろうか。


それを踏まえた上で、大迫選手の初マラソンに期待したいのは順位よりもタイムだ。

大迫選手がマラソンでどれだけのタイムを出せるのかで周りの環境も変わってきそうだ。


他の選手の主な初マラソン結果を見ると、以下の通りとなっている。


2.08.12 藤原正和(中央大学)

2.09.27 設楽悠太(Honda)

2.10.02 出岐雄大(青山学院大学)

2.10.07 藤田敦史(駒澤大学)

2.10.39 大石港与(トヨタ自動車)

2.11.45 一色恭志(青山学院大学)

2.11.46 服部勇馬(東洋大学)

2.16.31 佐藤悠基(日清食品G)

2.16.58 村山謙太(旭化成)

2.17.51 村澤明伸(日清食品G)

2.18.01 今井正人(トヨタ自動車九州)


挑戦した時期や環境などが違っており一概には言えないが、マラソンの1つの基準であるサブテンを初マラソンで越えられた選手は少ない。

箱根駅伝を沸かせた名ランナー、トラックで何度も日本代表や最終選考にまで残っている選手であってもマラソンは決して容易に攻略できるものではないと物語っている。

今回世界陸上の日本代表に選ばれた井上選手も2度目のマラソンで資格を得た。

「30キロを過ぎてからがマラソン」と言われるように、ここから失速していく選手が多い中、大迫選手が持ち前のスピードを落とさず粘れるかがポイントとなりそうだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

首都大学東京ラグビー部2017-4【Dream Rider  西山淳哉】

『大会リポート』名古屋ホイールチェアマラソン2017【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

駅伝の距離延長は実現可能な構想か?【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

伝説のシューズ職人・三村仁司の眼力【Sports Writing Report】

【湘南陸上競技部】日本学生ハーフマラソン選手権大会【東海スポーツ】

世界選手権ロンドン 井上大仁選手はどこまで上位に絡めるか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

【湘南アイスホッケー部】1年生トリオ1年間を振り返る【東海スポーツ】

【特別企画~軌跡~】湘南男子バレーボール部【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:18199
  • 累計のページビュー:14830629

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss