愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」

世界選手権ロンドン 井上大仁選手はどこまで上位に絡めるか

このエントリーをはてなブックマークに追加


3月17日、8月に開催される世界選手権のマラソン代表が発表された。

とは言え、選考レースの結果から順当な選出であり特段悩むことはなかっただろう。

選ばれた選手は以下の通り。


【男子】

川内優輝 福岡国際3位 2:09:11(30・埼玉県庁)

井上大仁 東京8位 2:08:22(24・MHPS)

中本健太郎 別府大分優勝 2:09:32(34・安川電機)


【女子】

安藤友香 名古屋ウィメンズ2位 2:21:36(23・スズキ浜松AC)

重友梨佐 大阪国際優勝 2:24:22(29・天満屋)

清田真央 名古屋ウィメンズ3位 2:23:47(23・スズキ浜松AC)



日本陸連が設定したタイムを上回り見事内定を決めたニューヒロイン・安藤選手の台頭など明るい話題が出てきた女子に比べ、男子はどこまで上位に食らいつけるか注目の大会となるだろう。

特に今回の世界選手権は「東京オリンピックに向けてのスタート」と位置づけられており、3年後を見据えた若手がベテラン勢をそこまで脅かすことができなかったのは痛い。

東京オリンピックのマラソン代表争いに1つ抜きん出た存在となった井上選手に期待が高まるが、初の世界選手権は未知数な部分が多い。


選ばれた男子選手の中で最もタイムが良いのは井上選手。

2回目のマラソンにして2時間8分台のタイムをマークしたことは十分評価できるものだ。

ただ、条件面や実績からしてこの中では3番手と言わざるを得ないだろう。


マラソンを得意とし、安定した成績を残しているのが別府大分マラソンで優勝した中本選手。

2013年のモスクワ大会では日本人最高位である5位入賞を果たし、最もメダルに近いところにいる。

これまでも国内・海外レースでも大崩れしない走りでまとめ、今年は悲願のマラソン初優勝を飾った。

ベテランらしく彼らしいスタイルを形成しており、ロンドンでも自分のマラソンをしてくれそうだ。


そして、これが最後の代表と公言している川内選手も3度目の世界選手権に挑む。

テグ・モスクワ大会では18位と失速したものの独自の道を切り開いているアウトローは逆境でこそ強い。

現状のマラソン界に危機感を持ち、常に挑戦の意識を持つハングリーさで最後まで粘ることができるのか期待は高まる。


大会は違えど、中本・川内選手には優勝を狙い、前で勝負する意識がある。

それは必ずしもタイムでは表現できない強さとなっている。

東京マラソンでは井上選手が日本人トップで駆け抜けたが、総合では8位。

世界との差はまだまだある。

あくまでメダルを目標にするのであれば、東京での井上選手の走りを見た限りでは厳しいだろう。


だが、大化けする可能性は十分だ。

2度目のマラソンにして2時間8分台は決して色褪せない実績であり、その記録を出せる脚力がある。

山梨学院大学時代は低迷するチームを自身の走りで押し上げ、シード権獲得のきっかけを作った経験もあり、世代の中でも負けん気の強いランナー。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南アイスホッケー部】1年生トリオ1年間を振り返る【東海スポーツ】

【特別企画~軌跡~】湘南男子バレーボール部【東海スポーツ】

2017年度卒業生・新入生~中央大学・東京国際大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ハーフマラソン結果(丸亀、神奈川、印西、鹿島祐徳、新潟)【日本大学駅伝部を応援しています!】

【NCAA】2017' #MarchMadness, #Sweet16 、デューク大敗れる。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

日米野球好投ハウク率いるミズーリ大 19連勝!前回は全米準優勝!抑え1年生TJ Sikkema驚異の奪三振&無失点記録!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

2017年度新入生情報(3月18日修正)【日本大学駅伝部を応援しています!】

2017年春季OP戦(東洋大×仙台大)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconnoburin

愛下哲久 (あいしたてつひさ)
出身地:埼玉県

役者をやっています。
よろしくお願いします。
以前のコラム名は「駅伝野郎のぶりん」でしたが、芸名が変わった為変更いたしました。
変わらずよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:15059
  • 累計のページビュー:14882558

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第93回箱根駅伝予選会①~主要チームエントリー分析~
  2. 第28回出雲駅伝を経ての箱根シード校の明暗
  3. 第92回箱根駅伝各チームの区間エントリー分析~前回シード校~
  4. 大迫傑選手は日本選手権で勝てないのか
  5. 第48回全日本大学駅伝統括
  6. 第28回出雲駅伝④~関東勢の区間エントリー予想①~
  7. 第92回箱根駅伝復路統括
  8. 第92回箱根駅伝展望予想
  9. 2015年度卒業生進路~青山学院大学~
  10. 第47回全日本大学駅伝統括①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss