西の落伍家

【大相撲】高安、大関とりへはじめの一歩

このエントリーをはてなブックマークに追加

「お前はもう、死んでいる。」

こんな声が聞こえてきそうなほどのはたき込みで、高安は大関とりに向けてまずははじめの一歩を踏み出した。

今日から始まった大相撲五月場所。今場所の注目点は2つ、稀勢の里の双葉山以来となる初優勝からの3連覇、そして高安の大関とりである。

前者に関しては初日から土がつく波乱の幕開け。後者に関してはまさに「盤石」といった言葉がふさわしい取組で上々の幕開け。奇しくも同じ部屋の兄弟弟子の明暗がくっきりと分かれてしまった。

【モノにしつつあるぶちかまし】 初日を迎えるにあたって、筆者はとあるポイントに特に注目していた。それは立ち合いの際に「ぶちかまし」が出るかどうか。

今年に入ってから、高安はぶちかましを生かした強烈な立ち合いをモノにしつつある。そしてそれは、初場所で11勝、春場所で12勝という好成績を収める原動力となった。

「直近3場所で33勝」という条件の大関昇進には、高い成績を継続させることが何よりも重要となる。それだけに、このぶちかましは成績を継続させられるか否かの調子のバロメーターとなる。今場所も過去2場所と同じようにぶちかましを生かした立ち合いができるならば、大関とりは十分可能であると筆者は見ていた。

【完璧な初日】 こうして迎えた初日、相手は先場所11勝4敗の好成績を挙げた大栄翔である。五月場所の今後を占うには絶好の相手。そんな相手に対して、高安は完璧な取組をしてみせた。

立ち合い右からのぶちかましで大栄翔の上体を完全に起こし、そこから間髪入れずに喉輪を交えた突きを繰り出す。すると大栄翔の体勢は海老反りのような形になった。こうなってしまえば高安が有利で、最後はなんとか体勢を戻そうとする大栄翔の意図を読みきったかのような冷静なはたき込みで勝負あり。

「しっかり踏み込めたのが良かった。踏み込んでいければ展開は自分でつくれる」と高安本人も口にするほどの完勝であった。

【未完の武器、完成するか】 まずは初日にしっかりと白星を手にした高安。気になるのは今後である。高安は今場所の目標を「大関とり」ではなく「優勝」としており、その意気込みが伝わってくる。しかし、幕内で優勝するためには現状からもう一段力をあげることが求められる。兄弟子の稀勢の里も長い間苦しみ続けた。

そのために取り組むべきこととは何か。それはぶちかましを生かした立ち合いのさらなる改良である。現在猛威を振るっている立ち合いではあるが、全ての力士に通用している訳ではない。特に日馬富士にはここ2場所連続で立ち合いを無力化され黒星を喫している。

この部分については高安本人も考えているようで、「横綱に対しては安易な立ち合いだったと思います」、「多少、改良が必要ですね」と口にしている。

今は未完の武器でも、本場所が進む中でその武器を完成させることができればーー その時、高安は我々が見たことがない景色を土俵上で見せてくれるであろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:
高安
五月場所
大相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

BOXINGFES 2017 SUPER 2DAYSまで1週間【スポーツ えっせい】

休め、稀勢の里【幕下相撲の知られざる世界】

【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconnishi-rakugo

ライター(仮)です。大相撲を中心にスポーツについて執筆中。ご用件の方はgb.murasaki.13@gmail.comまでお気軽にどうぞ。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:205477

(09月14日現在)

関連サイト:nishi_rakugo

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【大相撲】三月場所の展望あれこれ
  2. 【大相撲】春場所、中日を終えて
  3. 【大相撲】五月場所の展望
  4. 【大相撲】誰が何と言おうと、金星は「配給」されるものなのだ。
  5. 【大相撲】勝ち名乗り後の物言いは是か非か
  6. 【大相撲】敢えて、新大関の高安に進言を
  7. 【大相撲】昨今の大相撲ブームを考える。前編
  8. 【大相撲】ラオウが稀勢の里、ケンシロウが高安ならば、トキは日馬富士だ。
  9. 【大相撲】「無謀」と「執念」の末に
  10. 【大相撲】今日の結びの一番について

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss