西の落伍家

【大相撲】五月場所の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

稀勢の里の執念の優勝で幕を閉じた三月場所から早1ヶ月。今日、大相撲五月場所の番付が発表された。五月場所のチケットはファンが国技館の窓口に並んでも買えないなど過熱の一途を辿っているが、本稿ではそんな五月場所の展望を記していきたいと思う。

【横綱】 新しく昇進した力士はなし。番付の頂点である東横綱の正位に就いたのは稀勢の里。日本出身力士としては2001年名古屋場所の貴乃花以来16年ぶりにその座に就くことになった。

先場所は左肩を痛める中強行出場し見事優勝。「奇跡の優勝」と呼ばれ多くの人々の感動を誘ったが、その代償は大きく場所後の春巡業を全休することに。

「上向きですよ。痛みもほとんどない」とは当人の弁ではあるが、武器である左の怪我だけに、どこまで状態が戻っているかによって星勘定は大きく変わってくる。ただ、言葉通り状態が戻っているならば、双葉山以来80年ぶりとなる初優勝からの3連覇の快挙が見えてくるか。

稀勢の里もそうだが、その他の3横綱も状態次第と言わざるを得ない。日馬富士と鶴竜は春巡業にも精力的に参加したが、その分体を休める時間が取れなかったとも言える。上位陣か怪我で軒並み春巡業を休場する中、観客のために参加し続けたことは立派だが、それで自分の怪我を治す時間が取れないことは皮肉である。この辺りうまく調整することが出来なければ、両者共に休場した初場所の再来となりかねない。状態でいうと鶴竜の方が幾分かマシに思えるので、結果を残すならば鶴竜ではないかというところ。日馬富士は春巡業に出続けた影響が悪い方に出なければよいが。

先場所途中休場した白鵬は、この場所で横綱在位期間が59場所となり、千代の富士と並んで史上2位となった。今も語り継がれる大横綱と肩を並べる今場所、昨年の夏場所以来の優勝を目指し再起をかけてくるのは間違いない。ただ、その再起もやはり怪我の状態次第。先場所の休場前の勢との一番では、ズルズルと成すすべなく押し込まれる、とても白鵬とは思えないような相撲内容であった。これが怪我の影響によるものであれば良いのだが、衰えによるものであるならば今場所も厳しいか。

【大関】 こちらも新顔はなし。先場所優勝同点の成績を残した照ノ富士であったが、五月場所では綱取りの「つ」の字も出なかった。さらに、先場所の琴奨菊との一番で変化を選択してしまったことにより観客からブーイングをされてしまう事態に。今場所も心無い観客からのヤジはあるだろう。土俵内外を巡る状況に思うところは多々あるだろうが、それらを払拭するにはやはり結果を残すしかない。怪我の状態もあるだろうが、先場所13番勝ったその力を今場所も見せることが出来れば周囲の反応も変わってくるだろう。

豪栄道は昨年秋場所以来、5度目のかど番として五月場所を迎える。先場所はご当地力士として期待を集めていたが、その期待に応えることはできなかった。背水の陣で臨む今場所の目標はとにかく勝ち越すことになるだろう。初場所の琴奨菊に続いて大関から陥落することはなんとしても避けたいところ。

【関脇】 琴奨菊の大関復帰が叶わなかったため、今場所も3人体制。注目はやはり大関昇進がかかる高安か。先場所は強烈なぶちかましを武器に12個の白星を挙げた。大関昇進のために今場所必要な白星は「10」。平常心で相撲を取り続けられれば決して不可能な数字ではない。過去一度大関取りに挑戦し、失敗した経験もプラスに働くだろう。

玉鷲は3場所連続勝ち越しを果たし、年齢を感じさせない取組が続いている。先場所は2横綱を破る活躍も見せますます充実といったところで、一つ歯車が噛み合えば大勝ちする可能性も少なくない。怪我持ちの上位陣に付け入るだけの力は確実についていると思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:
五月場所
番付
大相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドラマがあった圧巻のヘビー級@アンソニー・ジョシュアvsウラジミール・クリチコ【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

ジョシュア対クリチコ;補足【運動科楽からスポーツ再考!!】

ヘビー級の新旧交代を印象付けたジョシュアvsクリチコ【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconnishi-rakugo

ライター(仮)です。大相撲を中心にスポーツについて執筆中。ご用件の方はgb.murasaki.13@gmail.comまでお気軽にどうぞ。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:205477

(09月14日現在)

関連サイト:nishi_rakugo

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【大相撲】三月場所の展望あれこれ
  2. 【大相撲】春場所、中日を終えて
  3. 【大相撲】五月場所の展望
  4. 【大相撲】誰が何と言おうと、金星は「配給」されるものなのだ。
  5. 【大相撲】勝ち名乗り後の物言いは是か非か
  6. 【大相撲】敢えて、新大関の高安に進言を
  7. 【大相撲】昨今の大相撲ブームを考える。前編
  8. 【大相撲】ラオウが稀勢の里、ケンシロウが高安ならば、トキは日馬富士だ。
  9. 【大相撲】「無謀」と「執念」の末に
  10. 【大相撲】今日の結びの一番について

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss