西の落伍家

【プロレス】なぜファレがオカダを投げている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだ?一体何が起こっている?

記憶が確かならば、私は数分前までメインイベントのオカダ・カズチカ対柴田勝頼のタイトルマッチを見ていたはずだ。

30分を超える闘いの末にオカダが柴田を下してベルトを防衛したはずだ。オカダは勝者となったはずだ。

それなのに目の前のリングには敗者のようにオカダが横たわっている。なんだ?何が起こった?

本日両国国技館で行われた、新日本プロレスの興行「サクラジェネシス」。その模様を会場で見ていたファン、中継で見ていたファンが同じことを思ったのではないだろうか。

皆さまがご覧になったように、IWGPヘビー級ベルトのタイトルマッチはオカダが勝利したが、直後にバレットクラブの一員であるバッドラック・ファレがオカダに奇襲攻撃をかけ、ベルトへの挑戦を表明した。

ファレの奇襲はまさに青天の霹靂。これを受け多くのファンが賛美両論、ツイッターなどのSNSでは様々な意見が飛び交っている。皆さまはこの奇襲、どう思われただろうか?

私の意見としては、ものすごく「アリ」な展開だと考えている。

去年のG1クライマックスを思い出してほしい。去年IWGPヘビー級のチャンピオンとして大会に臨んだオカダは3人のレスラーに敗北を喫した。石井智宏、丸藤正道、そしてファレである。

大会後、雪辱戦としてオカダは丸藤とファレと闘った。(石井とは試合が組まれなかった。同門の為?)ただ、この両者には決定的な違いがあった。丸藤との試合はタイトルマッチとして、ファレとのノンタイトル戦として行われたのだ。

筆者は去年広島で行われたオカダ対ファレのノンタイトル戦を友人と共に会場で観戦している。会場に行くまでの電車の中で「なんでタイトルかけてやらんのかな」という会話をしていたものだ。(友人はバレットクラブ推しの為、なおさらこの扱いに納得していなかった。)

この友人と同じように、ファレも不満を溜めていたのではないだろうか。オカダに対して、そして新日本プロレスに対して。そう考えるとオカダへの奇襲の理由はこれで説明がつく。

今回柴田は3年前の記憶を持ち出して挑戦を表明した。ならばファレにも1年前の記憶を持ち出して挑戦を表明する権利があって然るべきなのだ。これが私がこの展開を「アリ」だと思う理由である。

この先の展開は果たしてどうなるだろうか。ファレがこれまでの鬱憤を晴らすようにベルトを取っても面白い。ファレの敗北を理由にバレットクラブリーダーのケニーが再挑戦を表明しても面白い。「ファレがアリなら俺も」と石井がベルトに挑戦するのも面白い。そしてこのような状況でもオカダがきちっとベルトを防衛すること、これもまた面白い。どのような展開になろうとも、非常に楽しみの多い今後になるであろう。

そして今こうやって私が書いているように、また多くのファンかSNSで書いているように、様々な意見が様々なファンによって発信されていること。この状況がもう新日本プロレスにとっては大成功といえるのではないだろうか。

うーんまんまとしてやられた。これだから新日本プロレスは面白い。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロレス
タグ:
バッドラック・ファレ
サクラジェネシス
オカダ・カズチカ
柴田勝頼
新日本プロレス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【プロレス】なぜファレがオカダを投げている?

柴田を倒した後に、柴田に負けたファレを相手にするのはどうなんですかね。
何の為のNJCなの?って思います。
内藤がタイガーWとやらせてもらえないのも、鈴木が後藤に挑戦するのも、ちょっと残念です。

こんな記事も読みたい

続・村田諒太が世界王者になれない3つの理由【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

日本歴代PFPはどうなっているのか?〜村田諒太がGGGに勝てば1位?〜③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

【プロレス】ありのままで【西の落伍家】

ブロガープロフィール

profile-iconnishi-rakugo

ライター(仮)です。大相撲を中心にスポーツについて執筆中。ご用件の方はgb.murasaki.13@gmail.comまでお気軽にどうぞ。
  • 昨日のページビュー:65
  • 累計のページビュー:194732

(07月14日現在)

関連サイト:nishi_rakugo

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【大相撲】三月場所の展望あれこれ
  2. 【大相撲】春場所、中日を終えて
  3. 【大相撲】五月場所の展望
  4. 【大相撲】勝ち名乗り後の物言いは是か非か
  5. 【大相撲】誰が何と言おうと、金星は「配給」されるものなのだ。
  6. 【大相撲】敢えて、新大関の高安に進言を
  7. 【大相撲】昨今の大相撲ブームを考える。前編
  8. 【大相撲】「無謀」と「執念」の末に
  9. 【大相撲】ラオウが稀勢の里、ケンシロウが高安ならば、トキは日馬富士だ。
  10. 【大相撲】今日の結びの一番について

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss