西の落伍家

【プロ野球】なかつぎだいじに

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はDeNAファンの友人と会う機会があり、その流れでDeNA対中日の試合をずっと見ていた。その中で少し思うところがあった。

それは8回裏、須田をマウンドに送り込んだ場面だ。須田は一昨日の試合で中日打線につかまり、負け投手になったばかりの選手だ。1点差の状況では少し使いづらいから、他の中継ぎを使えばいいのに。普通はこう思うだろう。

ただ、いかんせん他の中継ぎが投げすぎている。起用法をきちっと考えていれば、この場面でパットンや三上などリスクの少ない選択肢を選べたはずなのだ。しかし現実は登板がかさんで起用に及び腰になったのか、ラミレス監督は須田という選択をした。

結果的に須田が無失点で抑えたことで事なきを得たが、シーズン最初からこういう運用をしていたら後々に響くのは明らかだ。しかもこの運用があまり勝ちに結びついていない。

個人的にはもう1枚中継ぎを置いて負担を分散すべきだと思ったのだが、ラミレス監督は中継ぎを1枚減らして野手を増やすという全く逆の選択をしていた。このことからも、ラミレス監督の中で中継ぎの運用は後手に回っていることが伺える。

データを重視するラミレス監督のことだから、中継ぎの登板数などのデータはきちっと把握しているはずだ。ましてや去年1年間監督としてシーズンを経験し、中継ぎの重要性は身に染みているはず。それだけにこの運用はどうにも意図が読めないというか、チグハグしているというか。

イニングを食えない先発にも、今ひとつ乗り切らない打線にも非はある。特に先発は誰も7回を投げきっておらず、そのツケが思いっきり中継ぎに回ってきている。こう考えると中継ぎの運用が苦しいのも仕方がないのかもしれない。しかし、シーズンを戦っていく上で、中継ぎ運用に綻びが出てはチームは上には上がれない。

ラミレス監督にはもう少し中継ぎを手厚くしてもらい、大事に運用してもらいたい。そうすれば、終盤チームがしんどい時に必ず助けになる時が来るのだから。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プロ野球
タグ:
横浜Denaベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ
プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017-9】真中さん、勝負を焦ってないかい?【ツバメの舞い上がる夢日記】

投手陣はなんとか整いつつある【埼玉からドラゴンズ愛をこめて】

楽天 岸 初登板勝利【東北楽天を斬る】

今日のように拾える試合は非常に大事です。。【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

佐野先発、守備重視から攻撃へ、ラミレス監督が仕掛けた打順の行方は?!【いろいろ所持雑感】

延長引き分け。根負けせず。【ベイスターズファンの慟哭】

引き分けは勝ちでも負けでもなく 引き分け【ホエールズ~ベイスターズ~DeNA】

先発6人制の是非【YOKOHAMA BAYSTAR LOUNGE】

ブロガープロフィール

profile-iconnishi-rakugo

ライター(仮)です。大相撲を中心にスポーツについて執筆中。ご用件の方はgb.murasaki.13@gmail.comまでお気軽にどうぞ。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:206455

(11月28日現在)

関連サイト:nishi_rakugo

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【大相撲】三月場所の展望あれこれ
  2. 【大相撲】春場所、中日を終えて
  3. 【大相撲】五月場所の展望
  4. 【大相撲】誰が何と言おうと、金星は「配給」されるものなのだ。
  5. 【大相撲】敢えて、新大関の高安に進言を
  6. 【大相撲】勝ち名乗り後の物言いは是か非か
  7. 【大相撲】昨今の大相撲ブームを考える。前編
  8. 【大相撲】ラオウが稀勢の里、ケンシロウが高安ならば、トキは日馬富士だ。
  9. 【大相撲】「無謀」と「執念」の末に
  10. 【大相撲】今日の結びの一番について

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss