ニコ小鉢その2(仮)

月別アーカイブ :2016年09月

湘南ベルマーレ  ジュビロ磐田 小感

■湘南ベルマーレ 現在リーグ10連敗中とのこと。しかし、それが信じられないほどのコンセプトサッカーを展開しています。 3-1ー4-2という前がかりなフォーメーションからのハイプレス。サイドからのクロスを基調とした攻め。また選手全員、上半身を上手く使いながら、執拗にボール奪取を狙い、また不用意なボールロストを最小限に抑えています。 従来の湘南の代名詞であった速攻部分は、選手の流出に伴い失われた観があ......続きを読む»

セレッソ大阪 V・ファーレン長崎 小感

先週末の試合のレビューですので、ご注意のほどを。 J2リーグ戦も残り12節。しかし、筆者がレビューした試合は、この試合を含めても3試合6クラブのみ。全クラブのレビューコンプリートは絶望的な状況。せめて、強豪クラブの試合はチェックしておきたいと思います。 ■セレッソ大阪 山口螢は帰還したものの、ブルーノメゲネウが退団、柿谷曜一朗・杉本健勇が故障離脱中と、厳しい状況。この日は玉田圭司をワントップに置い......続きを読む»

U-16 日本代表 小感

AFC選手権のベトナム戦を観戦。7×0の圧勝でした。 戦術は、4-4-2フラットシステムを基調としたハイライン・ハイプレス・ショートカウンター。相手のパスワークに甘さがあった分、面白いようにボール奪取・速攻がはまりました。 森山佳郎監督は、そんな戦術に合う選手、つまりアグレッシブにボールを奪える選手を最優先起用しています。しかし、この戦術では、正確に相手CB裏にパスを出せる選手が必要なのですが、その......続きを読む»

東京ヴェルディ  水戸ホーリーホック  小感

■東京ヴェルディ 今季開幕前は、若手選手の飛躍を大いに期待していた筆者ですが…。 怪我人の多さという不幸な状況もありましたが、現在リーグ17位。残留プレーオフ圏の21位とは勝ち点5差という際どい状況。 そんな危機的状況に、富樫剛一監督も、現実を見据えた布陣と戦術を取っています。DF陣には高さと経験のある選手を揃え、ラインを低くして安全保障を図り、攻撃は個人のスピードをもとにした少人数の速攻がベース。......続きを読む»

横浜F・マリノス ベガルタ仙台 小感

■横浜F・マリノス 中村俊輔が故障欠場中。マルティノス、カイケも、連戦の疲労からかベンチスタート。個の力で局面を打開できる選手が少ない、苦しい状況ですが、その分、監督の戦術が色濃く出てた試合内容でした。 このチームの戦術キーワードは「テンポアップ」。ゆったりとしたポゼッションが基調ながら、局面を見て、選手とボールの動きを急加速させます。この日は、CFWの伊藤翔が落ちて、中央深くでポゼッションしながら......続きを読む»

ガンバ大阪 サンフレッチェ広島 小感

ルヴァン杯(どうにも、まだこの名称には慣れませんね(苦笑))の準々決勝を観戦 ホームのG大阪が6×3の快勝。準決勝に駒を進めました。 ■ガンバ大阪 宇佐美が退団しましたが、サッカーそのものには変化なし。もともとクラブも、彼の移籍はシーズン当初から計算に入っていたでしょう。サイドからの突破力は落ちたものの、遠藤・アデミウソンを中心に、クリエイティブなサッカーを展開しています。 しかし、試合を締める部......続きを読む»

日本代表 UAE戦 小感

負けた相手は、UAEではなく、まして主審でもなく、自分達である、という印象です。 以前にも書いたと思いますが、ハリルホジッチのサッカーは、最終予選という短期勝負に臨むには、非常にリスクのあるものです。 「リスク」という言葉は、サッカーにおいては(また実社会においても)、ネガティブなことだけを指しません。むしろ、ポジティブな部分が半分以上を占めます。 自分達の目指すサッカーを実現できれば、大きな効......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:184
  • 累計のページビュー:2278579

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss