ニコ小鉢その2(仮)

月別アーカイブ :2010年09月

FC東京 0×1 大宮アルディージャ (2010年度J1リーグ第24節 味スタ)

この試合のF東京のシュート数は実に20本、一方の大宮はそれよりずっと少ない12本。 ボール支配率も、決定機の数も、上記の差に比例しています。 F東京は、ゲーム戦略の面でも、相手の大宮を凌駕していましたし、更には主審の判定まで味方につけていました(この点の詳細は後述にて)。 しかし、それでも敗れてしまったF東京…。 試合後、F東京の選手達には表情というものがありませんでした......続きを読む»

ガンバ大阪 3×2 セレッソ大阪 (2010年度J1リーグ第23節 万博)

前半ロスタイムに、C大阪のアドリアーノがG大阪の中澤聡太を突き飛ばして退場。 C大阪は残り45分を10人という数的不利で戦わざるを得なかったわけで、せっかくの5年ぶりの大阪ダービーに水を指した観は否めません。 筆者も観戦者の一人として、残念な行為だったとは思いますが、 でもまあ、仕方の無いことかな、と思う部分もあります。 往々にして忘れがちなことだと思うのですが、プロスポーツは厳......続きを読む»

2011年アジアカップに向けての懸念事項

2011年1月に開催されるアジアッカップ。日本代表はいかなるスタンスのもとで戦いに臨んでいくべきなのか。まだ4ヶ月先の話ですが、最近になって色々な報道記事が出回ってきています。 「何位以内というノルマより、五輪やW杯ブラジル大会を目指した強化をしながら、新しい選手を発掘していく場に普通はなると思う」 このように語った(と、報道されています)のは、原博実・協会技術委員長・強化担当責任者です......続きを読む»

川崎フロンターレ 1×3 横浜F・マリノス (2010年度J1リーグ第22節 等々力)

記録上ではこの試合の横浜のシュート数は14本ですが、観戦者の感覚では、もっと多かったように思います。それだけ横浜のシュートシーンは決定的なものが多かったです。 「相手はかなり疲労があった。かわいそうといえばかわいそうだ」と、試合後の会見で述べたのは横浜の木村監督。確かに、川崎は3日前の夜にナビスコカップ準々決勝、鹿島との死闘を演じたばかりでして、気温35度は優にあったこの日の試合における体力的......続きを読む»

東京ヴェルディユース 0×1 駒澤大学 (2010年度天皇杯1回戦 西が丘)

今週末はJの試合がないもので、金曜日のこの試合をエントリすることに。 普段はユース・大学カテゴリの試合を殆ど見る機会がなく、知識もない筆者が観戦記エントリするのもおこがましいですが、非常に印象に残った試合を伝えたい気持ちが上まわりました。ご容赦いただきたく。 ***************************************************************......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:184
  • 累計のページビュー:2278579

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss