ニコ小鉢その2(仮)

月別アーカイブ :2010年06月

歴代最高の日本代表

「勝っても負けても最後は皆、『笑顔』で終われるように」 パラグアイ戦を前にした筆者は、そんなことを書きましたが、 実際はどうだったと言いますと、試合後は殆どの選手が目を真っ赤にしていまして、笑ってるヤツなんて一人もいませんでしたね。(苦笑) 選手達の涙の理由はいろいろあるのでしょうけど、 PKを外した駒野が真っ先に号泣して、他の選手が彼の悲しみを共有して…、という部分が大きか......続きを読む»

パラグアイを分析してみる

日本にとっての一番の脅威は、プレスディフェンスを軸にしたショートカウンターでしょう。 パラグアイは、最終ラインからボールをじっくり繋ぐような攻撃はあまりせず、 前線にサンタクルス・バリオスといった、対人プレーに優れた選手を並べ、彼らへのロングボール・ポストプレーで攻撃の起点を作ろうとします。 とはいえ、当然に彼らは相手DFの集中マークに合いますので、ポストプレーでボールキープに成功......続きを読む»

デンマーク戦 小感

積極的に攻守に走り回った日本代表の選手たち。 連戦の疲れなど微塵も感じられませんでして、筆者予想は大外れでしたが(苦笑)、むろん安心しました。 アフリカ大陸南端という馴染みの無い環境と、標高差に苦しんでいる国が多い中、日本はほぼ完璧なコンディション調整を図れています。どこに秘訣があるのかさっぱりわかりませんが、とにかく素晴らしいことですね。 でも、このデンマーク戦、世評ほど......続きを読む»

デンマークを分析してみる

守備はプレッシングではなく、マンマークに近いブロックとリトリート。 一方攻撃は、トマソンをハブにしてのベーシックなサイド攻撃。その中でアクセントをつけるのが、ロンメダール・ベントナーといった技術と体力に優れた選手達です。 「比較」で述べるなら、オランダ・カメルーンより、選手個々のスピード・タフネスさでは劣ります。 ただ、経験に長けた選手が揃っており、勝負のツボはしっかりおさえています。カメ......続きを読む»

オランダ戦 敗北

試合終了の瞬間ですが、不思議と「悔しい」という気持ちがあまり沸いてきませんでした。 まだ決勝トーナメント進出の望みが充分残されているという、余裕の気持ちからではありません。 (そもそも、デンマーク×カメルーン戦の試合が行われたのは、オランダ戦のずいぶん後ですし) また、オランダという強豪国に予想通り敗れたからという、諦めの気持ちでもありません。 この試合の日本代表は、持て......続きを読む»

オランダを分析してみる

デンマーク戦を見た筆者の印象では、オランダの布陣は4-2-3-1。その中で攻撃のキーマンになっているのが、「3」の真ん中に位置するスナイデルです。 彼がトップ下の位置から下がってボールを受け、そして彼が空けたゾーンにカイトやファンペルシーといった選手が入りこむことで、連動性のパターンを作っているように思います。 日本の4-1-4-1システムにおける守備ゾーンから考えると、スナイデルの......続きを読む»

オランダ戦に向けて

「喜んでいる時間など無い。すぐ次のオランダ戦へ気持ちを切り替えるべきだ」 前日本代表監督のオシムさんがスカパーのゲスト解説者を務めているのですが、そんなことをしきりと述べていました。 筆者もその言葉を見習いまして、あえて厳しい姿勢でカメルーン戦を振り返りながら、来るべきオランダ戦を見据えていきたいと思います。 日本の課題は、やはり攻撃面です。 カメルーン戦のシュート数が僅......続きを読む»

カメルーン戦 勝利!

勝った…。 いや~、TV観戦でこれだけ疲れたのは久しぶりです(笑)。 ともかくも良かった。4年前の屈辱から、ようやく少しだけ解放されましたね。 選手たちと岡田監督に、そして彼らを支えるスタッフにただただ感謝です。 試合のレビューは、後日エントリしますが、 何が一番良かったのか、となると「バランス」かなと。 誰もがよく頑張っていたし、頑張りすぎてバランスを崩す選......続きを読む»

カメルーンを分析してみる

 スロバキア戦を見ましたが、システムは、4-1-2-3。  守備では、前の6人が迫力のあるプレスディフェンスを仕掛けてきます。監督がル・グエンさんということもあるのでしょうか、アフリカらしく無く、組織が整備されている印象を持ちました。    日本代表の攻撃は、中盤で細かくボールをつないでいく部分にありますので、それだけに守備の標的とされやすい。  改めてながら、苦しい戦いになるのでは思います......続きを読む»

イングランド戦 小感

日が経っている分だけ冷静な感想を述べられるかと。 強国相手の善戦は嬉しかったですが、 でも敗北した事実も忘れてはならないと思います。 筆者が気になるのが、2失点という事実です。 オウンゴールだったこと、つまり、「流れの中で失点したわけではない」ことをポジティブに受け止める人もいるようですが、それはちょっと違うかなと筆者は思います。 1失点目の闘莉王にせよ、2失点目の......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2278579

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss