ニコ小鉢その2(仮)

横河武蔵野

横河武蔵野 徒然日記 (2014年度JFL 1stステージ第10節 佐川印刷戦 武蔵野陸上)

武蔵野市が「市民ラグビー大会」を開催する関係上、今週の武蔵野は日曜日に陸上競技場を使用することができません。土曜日に試合を行います。 働きながらサッカーをしているアマチュア選手にとって、曜日変更は少なからぬ影響があります。働いている選手が全て週休2日とは限らないですが、日曜日の試合なら、前日の土曜日にしっかりと戦術トレーニング・ミーティングの時間を取ることができます。しかし平日の金曜日にそれを行う......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2014年度JFL 1stステージ第5節 栃木ウーヴァ戦 武蔵野陸上)

今週末はメモ程度の観戦記です。14時開催の試合を観戦して、その日のうちに更新を済ませてしまいます。 今季の武蔵野は初観戦の筆者。武蔵野陸上競技場に向かいました。 毎年恒例のことながら、武蔵野は3月に武蔵野陸上競技場を使用することができません。ただ4月以降はリーグ戦、及びチャンピオンシップ出場の際も、同競技場を優先使用できるとのことです。地元の協力に感謝です。 実質上のホーム開幕戦ながら......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度JFL最終節 福島ユナイテッド戦 武蔵野陸上)

JFLは先週末が最終節。一年の締めくくりということで、この日の武蔵野陸上競技場では、いつも以上に様々なイベントが催されていました。目玉は横河武蔵野(横河電機時も含む)のOB戦でしたが、その開始時刻の筆者はまだ自宅の布団にくるまりながら夢の中でした(笑)。急いで起きて身支度をして、なんとか本番の試合開始ギリギリにスタジアムに到着しましたが、我ながらどうにも締まりません。 <武蔵野・スターティ......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度天皇杯2回戦 FC東京戦 小感)

思うところが多すぎて、詳しくは別稿でまとめようかと思います。当エントリは小感程度にて。 <武蔵野・スターティングメンバー> FW         忰山翔 MF     矢部雅明   小野祐輔          遠藤真仁             林俊介          岩田啓佑 金守貴紀 DF   平岩宗 瀬田達......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度天皇杯1回戦 ザスパ草津チャレンジャーズ戦 敷島公園)

神奈川県在住の筆者ですが、群馬県・敷島公園サッカー場に赴くのは、実に今季4度目になります。 前橋市は筆者にとって、もう完全に勝手知ったる土地になりましたね。あるお店には、とうとう顔を覚えられてしまいました(笑)。 武蔵野の今回の対戦相手はザスパ草津チャレンジャーズ(以下「草津」と略します)。以前はザスパ草津U-23と名乗っていましたが、トップチームが「ザスパクサツ群馬」となったことに......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度東京都サッカートーナメント 決勝 日本体育大戦 西が丘)

天皇杯本選の東京都代表を決定する東京都サッカートーナメントは、この日が決勝戦。 武蔵野は2年連続の決勝進出。昨年度は東京23FCとPK戦までもつれこむ激闘を制して優勝。当然2年連続を狙っています。 一方の日本体育大学は、1996年以来、実に18年ぶりの決勝進出。 東京都サッカートーナメントは過去に18回開催されていますが、その内大学チームの優勝は過半数の10。しかし近年はJFL・クラブユー......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度東京都サッカートーナメント 準決勝 早稲田大戦 西が丘)

東京都サッカートーナメントは、天皇杯の東京都予選を兼ねた大会です。都内各所のクラブユース・大学・社会人チームが一同に集って、都代表の一枠を争います。 同トーナメントの本選は4チームによるミニトーナメント大会。JFL所属の武蔵野はシード扱いで、社会人チーム代表のエリースFC東京と対戦し、その1試合の勝利のみでこの本選に駒を進めています。昨年度に引き続いてこの大会で優勝を果たし、天皇杯本選では昨年......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度JFL第14節 HOYO大分戦 武蔵野)

武蔵野の現在戦績は4勝2分7敗。まだリーグ14位に沈んでいますが、直近の栃木ウーヴァ戦・ホンダロック戦には連勝。 吉田康弘新監督の志向するサッカーが徐々にチーム内に浸透して、選手達も手ごたえを感じながらサッカーができているようです。サポーターも含むクラブ全体がポジティブな気持ちで臨めるこの一戦になりました。 今回の対戦相手はHOYO大分。 大分は昨年度にJFLに昇格したチームで、筆者個人的......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年第12節 栃木ウーヴァ戦 武蔵野陸上)

苦しい試合が続いている武蔵野です。 ここまでの戦績が2勝2分7敗で、第8節のカマタマーレ讃岐戦から4連敗中。3試合連続で無得点に終わっています。 現在順位は15位。最下位チームとのポイント差が僅か1という際どい位置です。今季のJFLは規程により降格も入れ替え戦も実施されないのですが、それでもこれ以下の順位は避けたいところです。そういう意味では現在リーグ16位の栃木ウーヴァとの対戦は重要なものとな......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年第10節 町田ゼルビア戦 武蔵野陸上)

筆者の観戦記ポリシーは、中立的立場にあること、片方のチームに過度な思い入れをしないことにあったのですが、横河武蔵野に関してはそれが徐々に難しくなってきました。 そういうことで、タイトルを上記のようなものにして、通常の観戦記と区別することに。 筆者の横河武蔵野に対する応援目線、贔屓目線が入ってますが、ご了承いただきたいと思います。 まあ、見た目はあまりいつもと変わらない文章ですが…。 ......続きを読む»

横河武蔵野 0×1 柏   天皇杯4回戦小感

武蔵野にとっては失うものが何もない試合。 負けた瞬間は悔しかった筆者ですけど、すぐに笑顔になって、選手の健闘を称える気持ちになれました。 選手達も、試合直後は何人か泣いている選手がいましたけど、ゴール裏挨拶の時点では、皆笑顔でしたね。 天候は分厚い雨雲に絶えのない小雨という最悪の環境でしたけど、あの瞬間のゴール裏だけは清々しい空気が膜を作っていたように思います。 武蔵野にとっ......続きを読む»

横河武蔵野 × AC長野パルセイロ (2012年度JFL 第26節 武蔵野)

やや疲れ気味の今週の筆者は、簡単な観戦記で済ませてしまいます。 両チームともに天皇杯2回戦でJ1チームを撃破。10月10日に行われる3回戦では奇しくもこの両チームが対戦することが決まっています。 「今日の試合は、『前哨戦』」、という観戦パンフレットの字が筆者の目にちらりと入ります。 実際に戦っている選手達にそんな意識は無いのではと思いますが、しかし武蔵野側の観客にとっては、この試合に勝ちた......続きを読む»

横河武蔵野 1×0 FC東京 小感

今回は観戦記ではないです。 武蔵野サイドの人間として、このような感動的な試合を見れたことについての選手達への感謝の思いや、その他色々な思い、いわゆる「BLOGらしい」ことを書いていこうかなと思います。 まず、後半ロスタイムのFKのシーン。 「入るような予感」は筆者の中にはなかったですが、武蔵野側の観客席の雰囲気がとてもよかったですね。 多分、親会社の「動員」があったんだろうと......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2278396

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss