ニコ小鉢その2(仮)

JFL

奈良クラブ × サウルコス福井 (2014年度全国地域サッカーリーグ 決勝大会 決勝ラウンド最終節 市原臨海)

第1試合の結果をもって、FC大阪が勝ち点7、奈良クラブが5、クラブ・ドラゴンズが2、サウルコス福井が1。 奈良クラブは既に2位以内・JFL昇格権を取得済み。 サウルコス福井は、この試合に勝利、または引分け及びPK戦勝利で、3位を獲得できます。JFL昇格へ、僅かな期待をつなげたいところです。 <奈良クラブ・スターティングメンバー> GK シュナイダー潤之介 DF 野本泰崇 DF 三浦修 DF ......続きを読む»

FC大阪 × クラブ・ドラゴンズ (2014年度全国地域サッカーリーグ 決勝大会 決勝ラウンド最終節 市原臨海)

サッカーファンとしては遅いながら、表題の大会を初めて観戦。 筆者の頭の整理も兼ねて、この複雑な大会の形式について述べておきます(既にご存じの方は読み飛ばしてください 笑)。 決勝大会に出場できるクラブは、地域リーグ優勝の9クラブと、全国社会人サッカー選手権大会(通称「全社」)の成績上位3クラブ。 決勝大会の「1次ラウンド」は、12クラブを3つに分けての1回戦総当たり。各グループ最上位と、2位中の......続きを読む»

横河武蔵野 徒然日記 (2013年度JFL第16節 ブラウブリッツ秋田戦 武蔵野)

武蔵野の現在戦績は、4勝3分8敗。依然として負け数が大きく先行しています。 しかし、前節はツェーゲン金沢相手にスコアレスドローながら、シュート数は武蔵野の方が多く放っていました。また、前々節のHOYO大分戦も敗れたとはいえ、後半だけで10本のシュートを放っています。 自分達で主導権を取りながら戦うことが少しずつ出来始めている武蔵野。この良い流れを継続させるためにも、ぜひこの試合では速い時間帯での......続きを読む»

Y.S.C.C. × ブラウブリッツ秋田 (2013年度JFL第3節 三ッ沢球技)

J1リーグがお休みの今週末はJFL観戦。 土曜13時開催の表題のカードを選択しました。 秋田はTDK時代も含めて、観戦するのが今回初めての筆者です。 秋田は、今年2月にJリーグ準加盟が認められ、来季のJ3加入が確実視されています。クラブも地元も意気が上がっていることでしょう。JFL開幕節の佐川印刷戦には約2800人の観客動員。昨年度の平均観客数の倍以上の数値を叩きだしています。 戦力的に......続きを読む»

横河武蔵野FC × 藤枝MYFC (2012年度JFL 第31節 武蔵野)

SAGAWA SHIGA FCが今年度をもって活動停止し、JFLを退会する、という衝撃のニュースが走りました。 親会社の佐川急便は、その理由を「仕事とサッカーを両立させてJFLで活躍する、というチーム設立時の理念について一定の成果を果たせたこと」としています。 J入会を目指す強豪チームがひしめくJFLリーグの中で、アマチュアチームのSAGAWAの選手達は2011年度に優勝を勝ち取るほどの努力......続きを読む»

横河武蔵野FC × Y.S.C.C. (2012年度JFL第7節 武蔵野陸上)

当BLOGでは通算3回目の観戦記となる横河武蔵野FCです。 筆者は何故かこのクラブに惹かれています。観戦記にしていない分も含めれば、昨年から7~8回は生観戦に赴いています。 ただ、それだけの数をこなしているにもかかわらず、なんとまだ勝利した試合を見たことがありません。クラブにとってはまるっきり疫病神の筆者なのですが(笑)、なんとかこの試合で返上したいところです。 その武蔵野の現在戦績は3勝......続きを読む»

横河武蔵野FC 0×0 町田ゼルビア (2011年度JFL後期第14節 駒沢陸上)

ゼルビアのサッカーを早く見なくてはと思いつつ、この時期まで粘ってしまいました。 昨年の町田は相馬直樹氏の指揮の下、組織的且つ攻撃的なサッカーを志向しているという専らの評判でした。 相馬監督は一年で町田を去り、川崎に移りますが (移ると言っても両チームの練習場は5kmと離れていないですが)、町田は後任監督に元大分のランコ・ポポヴィッチ氏を指名。短い期間で大分に攻撃サッカーを植え付けた実績を持つ......続きを読む»

ジェフリザーブズ 3×1 SAGAWA SHIGA FC (2011年度JFL第4節 市原臨海)

世間よりちょっと早い夏季休暇に入っていた当blogでしたが、今日から再開します。 今回観戦記はJFLリーグの試合です。 標題の「第4節」という文言のとおり、JFLもJリーグと同様に試合日程が震災の影響を受けており、開幕節を含む6試合が延期されています。 代替日程を決めるにあたっては、JFL各チームにかなりの苦労があったようです。Jリーグのように「水曜日のナイター」という既定軸で定めるわけに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:71
  • 累計のページビュー:2290316

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss