ニコ小鉢その2(仮)

FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 小感

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグは既に佳境に入っていますが、一方の筆者は、まだ未観戦のクラブが多数。 この3連休で、一つでも多く消化しておきたいところです。

■FC町田ゼルビア 現在リーグ14位。勝ち点45で、ほぼ残留圏を確保。このクラブの財力・戦力を考えると、非常によくやっています。 ただ、直近の5試合は勝ちなし。そういうこともあってか、ゲーム運びは非常に攻撃的でアグレッシブ。もともと縦に長いボールを送る意識の高いクラブですが、この日はショート・ミドルレンジでも、速いタイミングでの縦パスが目立ち、受け手の選手もスプリントを繰り返して、速いボールの動きに対応していました。 ただ、フィニッシュはクロスに偏りがちで、アイデアに乏しく、なかなかシュートに結びつけることができません。前半から攻守にアグレッシブなあまり、後半はやや運動量が落ち、逆に長崎に先制を許すという、サッカーにありがちな展開に。 ただ、それでもアグレッシブな姿勢を崩さず、82分に同点ゴールを奪います。この各選手の執念・精神力・そして体力は大したものだと思います。 元来は、フォアチェック・速攻をベース戦術とする、リアクション色の強いチーム。その姿勢を変えてきたことが注目されます。相馬直樹監督体制も長いことですし(来季でなんと5年目を迎えます)、それは不可避なことでしょう。

中島裕希:攻撃の大黒柱。やや絞り気味の長崎守備陣に対し、よくサイドに流れて攻撃の基点になっていました。町田の選手達は皆、攻撃に移る時、まずこの選手の動きを見ています。守備面でも、33歳とは思えないほどの運動量を見せます。

平戸太貴:鹿島からレンタル中の20歳の選手。右足のキックはスピードがあり、精度も高い。課題は、キープ力の弱さ。もっと上半身を鍛えたいところです。 本職はCHですが、町田ではSH。彼の運動量とキック力を見込んでのこの起用は当たっています。いずれ鹿島に戻る選手ですが、引き続きこのポジションで続けていく方が、彼の将来のためにも良いように思います。

■V・ファーレン長崎 エースの永井龍が去り、クラブ財政も悪化という、危機的な状況でしたが、ジャパネットたかたの起業家で知られる髙田明氏が社長就任。多大な資金投入を行うとともにチームの戦績も反転上昇。なんと現在リーグ3位。自動昇格権であるリーグ2位の福岡とは勝ち点差1というところまで来ています。 監督は昨年に引き続き高木琢也氏。守備戦術はさほど変えていないように思います。システムは3-6-1。さほどフォアチェックは仕掛けず、ある程度相手にボールを持たせながらサイドに追い込み、自陣手前でサンドしてボールを奪う方式です。町田が縦に速くボールを送る戦略を取ったのも、長崎のこの守備戦術に嵌まるのを嫌ったからでしょう。 一方の攻撃は、スピードスターの永井龍が去り、ポストプレーヤーのファンマが加入したことで一転。サイドを基点に、ホルダーをサイドから追い越す、あるいはサイドチャンジでスペースを突く、横幅を広く使って崩すことに重点が置かれています。 ただ、J1に上がった後のことを考えると、いずれの戦術も迫力不足。スピードと選手層を上げていかねばならないでしょう。

ファンマ:26歳のスペイン人CFW。188cmの長身を生かしたポストプレーヤーですが、フィジカルで圧していくタイプではなく、足許の技術も非常に柔らかく、捌きも丁寧。 ただ、ゴール前では迫力を欠いていました。ただこれは欠点ではなく、右膝の負傷(テーピングでしっかり固定していました)の影響もあるのでしょう。本調子なら、もっと裏を狙えるし、得点も取れる選手だと思います。

幸野志有人:やっと長崎に戻ってくれたか、という思いをしているサポーターも多いのでは。2013年度時は長崎の攻撃の中心的存在で、チームを6位に引き上げましたが、それからF東京に帰っても、なかなか出番に恵まれませんでした。ようやく4年の空白期間を経て、長崎に完全移籍の形で「復帰」しました。 スルーパスの見極めの良さ、正確さは、中村憲剛並みのポテンシャルを持つ選手。この試合では、町田にボールを握られる時間が長く、なかなかその良さを出せませんでしたが、限られた時間の中で自らの長所を出していました。 この試合は60分弱で交代。もう少し見たかったところ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ総合
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

横浜FC1-3福岡【吉塚FC日記+】

2017:J2:36節:A:vsジェフユナイテッド千葉「高さの前に屈する」【蹴鞠談議2】

残留争いの行方と、下降線のエスパルスと、前向きな心【1Q92】

町田vs京都(7月29日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

町田ゼルビア ロアッソ熊本 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

町田vs山口(8月7日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

町田vs北九州(5月15日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

相馬采配とベテランの判断力〜町田vs北九州(5月15日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:184
  • 累計のページビュー:2278579

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss