ニコ小鉢その2(仮)

サンフレッチェ広島 清水エスパルス 小感

このエントリーをはてなブックマークに追加

残留争いに巻き込まれているチーム同士の対戦。3日前には天皇杯もあり、タフな試合になりましたが、広島が3×1で辛勝。 広島は今シーズン初観戦の筆者。清水は2度目。6割方を広島に傾けて観戦しました。

■サンフレッチェ広島 そもそも今シーズンの不振は、シーズン前の戦力編成不足にあるもので、森保監督にその責めを負わせるのは酷だと思うのですが。時計の針を元に戻すことはできません。 後任はヤン・ヨンソン(神戸の黎明期を支えた選手・コーチ。元サポとしては非常に懐かしい)。氏のサッカーは、従来の広島のそれとはかなり様相が異なります。ビルドアップにあまりボ゙ランチを経由せず、最終ラインからのミドル・ロングパスが主体。チャンスメイクはシンプルなクロス。守備は前線でパスコースを切りながら、DF・MFの6枚で中央をしっかり固めるもの。かなり守備的で、クラシックな形式です。 急な戦術変更に選手達も戸惑っているようで、この試合は勝利したものの、それほど守備が機能していたとは筆者には思えませんでした。ブロックでゾーンを埋めているはずなのに、バイタルでボールを受ける選手への対応が遅れるシーンが随所にありました。危ないシーンもかなり作られました。

折角今まで築き上げてきたサッカーを、ただ壊すほど愚かなクラブだとは思っていません。「今はこういう時間も必要」という割り切りなのでしょうが、それにしても、降格してもペトロヴィッチを留任させた往時と比較すると、クラブの覚悟に差があるようにも思います。

柏好文:苦しいチーム状況の中。攻撃の核の存在に。左SHの位置からのカットインで、中央のゾーンを掻き乱し、サイドのスペースを作っていきます。運動量も最後まで落ちず。

青山敏弘:不用意なパスミス、ボールロスト、アバウトなフィード。この選手の本来の実力を考えれば。いったいどうしたのかと思うほどの低パフォーマンス。この選手のコンディションが上がらないのも、このチームの不振の一旦でしょう。

アンデルソン・ロペス:24歳のブラジル人SH。左足のシュートは破壊力があり、攻守に非常にプレーエリアが広く、守備も懸命にこなします。この試合では相手左SBの松原后のスピードを懸命に抑え、勝利に貢献。

■清水エスパルス 前回観戦ではよくわからなかった、攻撃部分を重点チェック。 いかにも小林伸二監督らしいショートパスを丁寧につなぐポゼッション。ある意味予想通りで、J1に上がっても戦い方を変えていません。それも小林監督らしいです。 広島の守備戦術がクラシックだったこともありますが、ほぼ自由にパスワーク。細かいスペースを突くことも出来ていました。得点に時間が掛かったのは、崩せているのに、シュートがGKの正面に行ったりと、多分にアンラッキーな部分もありました。 基礎はしっかりしています。問題は戦力で、特に得点力のある鄭大世がなかなかフルタイムで出れないことは痛い。

松原后:この選手の脅威は、広島もスカウト済。終始警戒されていました。加速に乗るタイプの選手なので、ボールを受けた瞬間に距離を詰められると、持ち味が出なくなってしまいます。さて、若いこの選手は、ここをどう乗り切っていくでしょうか。今が大事な時期で、こういう課題を乗りこえる前でのキャリアアップはまだ早い、と筆者は思います。

チアゴ・アウベス:今季の清水の新戦力FW。左足キックの破壊力は飛び抜けた部分を持ちます。攻撃のスキルは万能で、一発フェイクでマーカーを引きちぎる強引さもあれば、サイドに流れながら味方を使う、コンビネーションプレーでの巧みさも見せます。懸念は、あれだけのキックを持ちながら、やや得点には淡白なところ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ総合
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

結果としては5連勝――鹿島アントラーズ2-1ガンバ大阪【雑感】【Memories of the game】

鳥栖戦の浦和はプロじゃない【地球は青い!】

【17/9/23:清水対広島】精神的ダメージが大きい敗戦【1Q92】

大宮戦以降の戦い方【サンチェ体操が出来ました!】

覚悟【ピッチに紫の風が吹く】

【広島】「劇場」は有難い【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

サンフレッチェの変化【サンチェ体操が出来ました!】

【広島】仙台戦直前にちょっとだけ。【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:2324
  • 累計のページビュー:2289565

(12月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss