ニコ小鉢その2(仮)

日本代表 オーストラリア代表 小感

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、サイズも小感にて。 とやかく書くことがないくらい、ほぼパーフェクトな試合内容と結果でした。

むろん、それは筆者の観戦力が低いことにも由るのかなと(苦笑)。 サラリーマン稼業に忙殺されながら、なかなかサッカーに時間をかけられない境遇ですが、もっと自分の観戦力を上げていかねば、と自戒した試合でもありました。

先発メンバーを見て、麦茶を吹いたのは、筆者だけではないでしょう(苦笑) 本田圭佑、香川真司、原口元気、久保裕也。実績、及びここまでの戦いにおいて重要な貢献をしてきた選手が、尽く先発落ち。 代わって先発に台頭してきたのは、浅野拓磨、乾貴士。 ハリルホジッチのメンバーチョイスは、「コンディションの良い選手で固める」ことで徹底されています。能力の高さはセカンドチョイスなのでしょう。経験やコンビネーションという部分に至っては、良くも悪くも度外視されています(唯一の例外が長谷部誠でしょうが)。

試合開始から、日本代表は、持ち前のハイプレスで豪州のパスワークを制限。 相手GK・CBがボールホールドする局面以外、ほぼ全ての局面で、ホルダーにプレッシャーを仕掛けていきます。

特に良かったのは、取り切れなかったときのプレスバックでしょう。 豪州は、一人一人のキープ力が高く、日本のハイプレスをかいくぐって、人とボールを前に運んでいきます。 その状況で、日本代表の選手はブロックを下げながら、且つホルダーに適度なプレッシャーを仕掛けてカウンタースピードを遅らせる。このバランスが非常に良かったです。

それにしても、ハリルホジッチのサッカーにおける、SHの役割は過酷です。 この日は、豪州がSBの選手にボールを預けてから遅攻を開始する、という局面が多かったので、彼らにファーストディフェンスをかけるために、SHの選手は何度もロングスプリントを掛けねばならない。また攻撃時には中央高い位置に君臨する大迫勇也のサポートに、またロングスプリントで掛けねばならない。そういうシーンが、ほぼ90分続きました。

実質上、アジアでの戦いは終わりました。 これからは、いつも以上に、W杯本戦での戦いを見据えていかねばなりません。

豪州戦での日本代表はパーフェクトでしたが、 それは豪州が、意外にも自分たちのストロングポイントを積極的に使ってこなかったことにも理由があります。 豪州のストロングポイント、というより日本代表の選手達より優れているところは、スピード。5m単位のスプリントなら互角なのですが、一歩目、あるいは二三歩目のダッシュ。及び長い距離を走るところの加速度が豪州の方が勝っていました。 そういう部分を豪州が積極的に使ってこなかった(あるいは、日本代表のプレスが良かったので、使えなかった、とも言えるでしょうが)部分は、日本代表にとって幸いだったとともに、W杯本戦での課題になるでしょう。

これから個々の選手のスピードを上げていくのは無理がありますので、 相手のスピードを警戒した上でのプレス・ポジショニング。特にカバーの位置や、プレスのタイミングというものが、これまで以上に重要になるでしょう。

またこれは、フル代表だけの課題ではないでしょう。 個々の選手のスピードアップと、スピードのある相手への対処。これはユース世代を含めた日本のサッカー全体においての課題といえるでしょう。

大迫勇也:ゴールもアシストもなかったですが、MVPは彼でしょう。ポストプレーにおける無双ぶりは凄まじかったです。体格に勝る豪州選手相手に、フィジカルで互角に渡り合い、またボールを確保する体勢もよかったです。試合展開上、大迫目掛けてのアバウトなロングフィードは何本もあったのですが、それを大迫は8割方、一人でキープしてしまいました。こんなポストプレーの成功率の高い試合は見たことがありません。 彼が孤立した状況の中でも時間を作ってくれるから、ラインを押し上げられますし、SH以外の選手は、過酷なプレスに一息を付けることができ、ます。それが90分間通じてのプレッシング継続につながりました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロシアの空は青いで!【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

監督の力による勝利と言ってもいいくらいだった。【蹴球梵天】

【侍青の風】大事な試合でオーストラリアから初めて2点取り、見事W杯出場決定!(オーストラリア戦2-0)【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:1008
  • 累計のページビュー:2238604

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss