ニコ小鉢その2(仮)

日本代表 イラク戦 メモ程度

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう4日前の試合のことなので、少しだけ。

猛烈な陽射しと暑さの中で、勝ち点1を取れたことは収穫だと思います。 先制点を生かせず、上手くゲームコントロールできなかった部分は悔しかったですが。 勝ち点1をつけての首位の状態で、豪州・サウジとの「決勝戦」を迎えることは、理想的な展開。 日本代表の選手、特に海外組の選手には、今はしっかり休んで、次に備えてほしいと思います。

本田圭佑:当たり前のことの再確認でしたが、やはりあれだけ所属クラブで試合に出れていないと、先発では厳しい部分を露呈してしまいました。攻撃はともかく、課題は守備の部分。戻り切れていない場面がしばしばで、マーク相手(イラクの左SB)への寄せの甘さが目立ちました。 移籍先はアーセナルかと報道されていますが、バックアップメンバー扱いされるのが目に見えています。しっかり自分の良さを評価してくれるところに落ち着きたいところ。

原口元気:何故この選手がトップ下なのだ?と疑問を持った人は多いはず。ハリルホジッチ監督のこのポジションに対する要求もやや曖昧のような。

昌子源、吉田麻也、川島永嗣:相手が一人残るというクラシックな布陣だったこと、よく副審がライン見てくれていることもありましたが、オフサイドトラップを連発。小気味よいラインコントロールでした。吉田・昌子のコンビはほぼぶっつけでしたが、非常に良いコミュニケーション。でも、そこに川島を含めたトライアングルまでは手が回らなかった様子。失点シーンに限らず、CBとGKの連携は常に不安定でした。

遠藤航:CBの二人とともに、この試合のMVP的存在。鋭い出足のアプローチ、CB・SBの裏のカバーと、素晴らしい働き。

井手口陽介:肝の太い選手で、アウェーのW杯最終予選を戦っているとは思えないほど、いつも変わりなくプレーしていました。鋭い出足のパスカット。機を上手くとらえた攻撃参加。いい選手です。 それにしても、このポジションは長谷部・螢・今野・遠藤、そして井手口ですか。激戦になってきました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本代表イラク戦でのマスコミ評について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

【侍青の風】イラク戦採点 守備重視が悪いとは言わないけど、するなら完封してほしい!【サムライブルーの風】

イラク戦が引き分けに終わった一番大きな理由。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:2591
  • 累計のページビュー:2237597

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss