ニコ小鉢その2(仮)

日本代表 × UAE代表 小感  (ロシアW杯アジア最終予選)

このエントリーをはてなブックマークに追加

暫定ながら、試合前時点ではグループ3位。W杯出場にストレートインできない順位。「内容よりもとにかく結果を」と、大半のサッカーファン、サッカー関係者が願っていたと思うのですが、良くも悪くも望みどおりの結果だったと思います。 結果はアウェーでの2×0という最高のもの。しかし内容については不安なところが露出していました。

筆者が気にしているのは中盤の守備部分。前回のUAE戦ほどでは無いにせよ、、まだまだ取り切れるシーンが少なすぎます。選手個々はホルダーとボールにスプリントスピードでプレスをかけているのですが、相手がそれにプレッシャー、ストレスを感じている風はありません。日本のプレスを逆手に取ってのワンタッチ、あるいはトラップフェイクで躱され、プレスで空いたスペースを使われて決定的な場面を作られてしまいます。日本の「プレス」はほぼ90分保たれましたが、取ったオフサイドの数がゼロという数値も、プレスの無効ぶりを示しています。特に後半の序盤はそれで幾つも完全に守備網を崩されていまして、クリーンシートで終わったことは奇跡に近く、相手のシュートミスに助けられた幸運にすぎない、とすら思います。

日本のプレスが空振りに終わった要因は、プレスのタイミングが遅いことに尽きます。相手がトラップした瞬間に、身体を付けるか、あるいは相手がドリブルできない距離まで詰めなければならないはずですが、遅いので上述のように相手に躱される時間を作られてしまいます。 プレスできない局面では、無理して相手の距離をつめず、相手のドリブルコースを消したり、前を向く瞬間を狙ってから奪う方法もあるでしょう。しかし、日本代表の選手は、悪い意味で機械的に、ホルダーに対して真っ直ぐにプレスをかけていくのみで、まるでアリバイプレイを繰り返しているように見えてしまいます。こと守備に関しては、サウジアラビア戦より悪くなってしまっている印象です。

どうしてそうなってしまったのか、という部分は、考えられる理由が多すぎて絞り切れません。一つには最終ラインの押し上げがなく、コンパクトにできなかったことでしょうか。中盤の守備の司令塔である長谷部の欠場も痛かったと思います。しかしUAEは前線に複数の選手を残す傾向がありましたので、押し上げたくともそれができない。という事情もあったでしょう。UAEの戦略の巧みさにやられた部分もあります。また夜の試合とはいえ、気温は27度。体感温度差が選手の足を鈍らせたところも大きいでしょう。 UAEが日本のプレッシングをよくスカウトしていたこともあります。彼らは悪い体勢でボールを受けた際は、迷わずダイレクトで叩きます。それを可能にするために、ホルダーのサポートを怠りませんでした。

守備面がそういう感じでしたので、攻撃面でも良かった部分は少ないです。UAEのプレスバックの速さにも苦しめられました。

総体的にみて良かった部分は、厳しいアウェーの地で90分運動量が落ちなかったこと。攻守の切り替えが素早かったこと。あとは個々の選手のパフォーマンスが良かった、というところでしょう。

UAEは弱い相手ではありません。でもW杯本選では、間違いなくそれ以上に戦術戦略が整備されたチームとブチ当たります。今回の勝利で最終予選を勝ち抜ける可能性は間違いなく上がりましたが、W杯本選のグループリーグを勝ち抜ける可能性は10%にも満たない、と思います。

山口螢:長谷部欠場の穴を埋めようと気合が入り過ぎていたか、空回りしてしまうシーンが続出。上述の通り、UAEは守備時でも前線に複数の選手を残す傾向があったにも関わらず、前に出て数的不利を取られてしまうところがありました。CBが前に出て守備をする局面でのカバー意識も薄かったです。 後半からアンカーに徹し、ややパフォーマンスは改善されましたが。これはハーフタイムでハリルホジッチ監督からポジショニングの指示を受けたことによるものでしょう。自らの判断で修正できなかった責任は重いです。厳しい言葉ですが、この試合のパフォーマンスでは、とても中盤の守備の指揮を任せられません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本サッカーの総合力が優ったゲーム【Viva La sports】

ロシアワールドカップ アジア地区最終予選 UAE対日本【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ハリル・ジャパンUAEで初勝利【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:390
  • 累計のページビュー:2138814

(04月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J1 J2 2016年度順位予想
  2. 2017年度 J2順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss