ニコ小鉢その2(仮)

2017年度 J2順位予想

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなり余談ですが、まさか清武がC大阪に入団するとは! 驚きです。 個人的には、先週レビューのJ1順位予想、C大阪を4位にしておいてよかったです(笑)

さて、本題。 まず、リーグ全体を見渡して思うのは、アンバランスな補強が目立つこと。 実力ある選手がステップアップを求めて移籍の途を求めますので、J2クラブの強化陣はその引き留めに時間を割かねばならない宿命があり、なかなかにバランスを取った補強は難しいのですが、それにしても、監督の経歴・コンセプトと獲得選手のアンマッチが目立ちます。

あと思うのは、殆どのクラブが、ベテラン選手の獲得・確保を重視していることろ。 昨年、大卒選手で戦力を固めた愛媛、ユース卒選手で固めた東京Vが失速し、ベテランで固めた札幌が昇格切符を得た影響も大きいでしょう。 ただ、ベテランがいたから札幌が昇格できたわけではありません。多少粗削りながらも、個の戦力がバランス良く並び、四方田監督が我慢強く指導した結果なのですが、どうもその点が軽視されているような気がしてなりません。

そういうことで今年のJ2はどのクラブも決定打に欠いており、その結果躍進するクラブは少なく、また順位の変動も少なく、ただ以前にも増して接戦になるのでは、と思います。

↓以下順位予想。カッコ内は寸評。キーマン。期待選手。

優勝:山形  (他クラブとの比較ですが、最もバランス良い補強を敢行。チームのレジェンドである山岸範宏を退団させてまで、監督の好みに合う選手をスカウトしてきた強化陣の功績も大きい。 木山隆之・瀬沼優司・中村駿)

2位:名古屋  (風間監督の眼鏡に適う選手は少なそうで、戦術の浸透に苦労しそうですが、個の力で押し切るでしょうか。田口泰士には、J2からの代表入りを狙ってほしいところ。  田口泰士・磯村亮太・松本孝平)     3位:湘南  (退団選手が相次ぎました。しかし、昇格に必要な戦力は整っています。プレーオフも勝ち抜いてJ1に返り咲くのでは。 表原玄太・石川俊輝・秋野央樹・山田直輝) 

4位:松本  (田坂コーチの退団は驚きだったものの、それほどサッカーは変えてこないでしょう。手堅く結果を出しながら、プレーオフの関門をいかに突破するか。 高崎寛之・星原健太・那須川将大。藤嶋栄介)

5位:千葉  (エスナイデル新監督の手腕が全く未知数。ただ、戦力は整っています。特にアランダの残留は大きい。  フアンエスナイデル・長谷部茂利・アランダ。乾貴哉・北爪健吾)

6位:東京V  (ロティーナ新監督のモチベーション次第。かなり守備志向の強いチームに生まれ変わるのでは。サポーター心理としては複雑でしょうが、一定の戦績は残せるのでは。 井林章・永田充・梶川諒太・澤井直人。渡辺皓太)

7位:福岡  (若い主力選手が抜けたところをベテランで手当て。しかし彼らがどれだけパフォーマンス・コンディションを維持できるか未知数。 むしろ期待すべきは若手のブレイクでしょうか。 邦本宜裕・亀川諒史・ウェリントン。冨安健洋。) 

8位:岡山  (恐れていた通り、既存選手の退団が相次ぎました。代わりの選手の補強も順調に進んでいません。勝利のメンタリティは昨年しっかり確保したので、一定の戦績は残せるでしょうが…。  片山瑛一・藤本佳希・伊藤大介・一森純)

9位:京都  (闘莉王の加入は、J2の若い審判陣には大きなプレッシャーでしょう(笑)。しかし、布部新監督のマネジメント力は未知数。戦力も中盤の層が薄すぎる。 布部陽功・湯澤聖人。仙頭啓矢)

10位:水戸  (ちょっとビックリするくらい、選手が動きませんでした。西ヶ谷監督のチームマネジメント力は侮れません。 田向泰輝・湯澤洋介・田中恵太。外山凌)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Jリーグ総合
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年度 J2順位予想

コメ&PSM情報ありがとうございます。
熊本のサポの方には、最下位予想で申し訳ないのですけどね。監督の戦術がどうにもはっきりしていない印象を受けましたので。
嶋田選手、中山選手、個人的に好きな選手もいますので、外れてほしいところです(笑)

2017年度 J2順位予想

長崎はNYCを見る限り、攻守ともに今年はかなり苦しそうな印象ですね。
去年15位と下位に沈み、さらに昨年よりも明らかにスケールダウンした選手層なので当然ではあります。
高木体制続投で年々劣化してるのが目に見えてわかりますが、地元出身ですし心中する気満々なんでしょうねえ。

徳島は昨年1桁順位で、そこに着実に即戦力を加えたのでPO争いには入ってくるでしょう。
セルビア人選手がかなり注目株ですよね、徳島は。
徳島市内新スタジアム構想のためにも頑張って欲しいところ。

熊本最下位はありえないでしょうね。
NYC見ましたが中位争いには入ってきそうな感じです。清武退団が案外ダメージになってない感じですし、清川監督の手腕も別に悪くないので。

こんな記事も読みたい

【鹿島】夏にvs ケルン?対戦相手選びの意図は??【常勝紅鹿】

『"船出"2017』と、『"葛藤"2016』と。【湘#48 れび@湘南サポBLOG】

千葉ちゃんもガッカリ? ~ファン・ペルシ報道 完結編~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:184
  • 累計のページビュー:2278579

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss