ニコ小鉢その2(仮)

国士舘大学 専修大学 小感

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い。空は青いのですが、湿気ムンムンで不快指数100%。選手にも観客にも厳しいコンディション。特に味スタ西競技場は、観客席に西日が差しますので、観客のダメージは大きいです(苦笑)。

■国士舘大学 大型ストライカーの松本孝平が4年生に。チームとして勝負を掛けるはずの年でしたが、結果はリーグ10試合で僅か1勝の最下位。この専修大戦でようやく2勝目を上げました。 戦術は、ホルダーをサイドに追い込んでのボール奪取、ショートカウンター。よく浸透されているのですが、それでこの順位になる原因は、最終ラインの不安定さに尽きるでしょう。ラインの統率が不充分で、ボールウォッチャーになる場面もしばしば。前期11試合で26失点は、むろんリーグワーストです。後期開幕までにはしっかり修正してもらいたいものです。

細田三二(監督):試合序盤は専修大のパスワークに圧倒されましたが、相手のSBのプレスバックの鈍さを見るや、システムを4-3-3に変更。サイドに選手を走らせてのロングカウンターで同点弾を演出。見事なゲーム戦略でした。

松本孝平:動く彼の姿を観るのは、実は初めて。186cmの体格を生かしたポストプレーには迫力がありましたがが、それだけの選手ではないことも実感。長いストライドを生かしたスピードも武器で、また、インサイドで強く正確なキックを蹴ることもできます。基本技術がしっかりしている選手です。良い意味で日本人らしくない、韓国人選手のような印象を受けます。

大石竜平:2年生のサイドFW。小柄ながら、爆発的なドリブルスピードを持っています。向こうっ気の強さも魅力。プロ向きです。

田場ディエゴ:2年生のサイドFW。2年前は高校選手権のスターで、高卒でJ入りするかと思いましたが、進学。ファンタジスタ系統の選手なので、スピードを主体とした戦術にやや戸惑っている様子。 身長は171cm。高校よりやや伸びたように感じるのは、さすがに気のせいでしょうか(苦笑)。

飯野七聖:2年生の右サイドバック。スピードに乗ったオーバーラップが魅力。新潟ユース出身。

脇野敦至:東福岡卒の1年生GK。高校選手権では絶対的な存在感を見せていた彼も、先輩陣が並ぶ大学の中では委縮している様子。しかし、徐々に慣れてくれるでしょう。試合終盤には、気持ちの入ったファインセーブも見せました。

大森遊音:愛媛ユ-ス出身の3年生。筆者は3年前、ユース時代の彼のプレーを見たことがあります。当時はセカンドストライカー的なポジションでしたが、現在はボランチ。チェンジサイドのパスの正確性には見るものがありましたが、この試合では24分で故障退場。担架に乗せられても全く動きませんでしたので、かなり心配です。中断期間にしっかり復帰してほしいところ。

■専修大学 一昨年は4連覇を飾ったこのチームも、今年は残留争い。前期を終えての順位が11位。降格圏です。 戦術は細かくショートパスをつないでいくもの。試合序盤は、国士舘のプレスを全く受け付けず、軽快にボールをまわしていましたが、オフザボールの動きが少ない欠点は昨年と変わりません。アタッキングゾーン手前でフリーでボールを持つ局面を作っても、そこから裏に飛び出す意識を持つ選手が少ないですし、ホルダーもそこにボールを通す意識が薄いです。もっと縦方向に意識を強く向けて試合に臨まないと、本当に降格してしまうでしょう。

小口大貴:4年生のの選手。主将を務めています。巧みなドリブル突破が武器の攻撃的SBです。しかし「プロ」の匂いは感じられませんでした。川崎ユース時はオフェンシブハーフの選手で、トップの選手と混じってプレーしたこともあります。筆者の期待値も高かったのですが、このままキャリアを終えてしまうのでしょうか…

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ユース・大学
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 前期第10節 対神奈川大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

東京ヴェルディユース 浦和レッズユース 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 前期第8節 対東農大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:1548
  • 累計のページビュー:2166717

(06月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. J1 J2 2016年度順位予想
  2. 2017年度 J2順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss