ニコ小鉢その2(仮)

慶應義塾大学 順天堂大学 小感

このエントリーをはてなブックマークに追加

関東大学リーグ一部の第7節を観戦。 双方打ち合いのオープンな内容。慶應がシュート6本で3得点して勝利。今季3勝目をあげました。

ところで、会場は味スタ脇にある西競技場。 味スタの正面にある国道20号(甲州街道)には、ここが東京五輪マラソンの折り返し地点になるとの標識がありました。 国立競技場から味スタへ。なんともサッカーファンにはわかりやすい経路ですが、ここから国立まで走ってまだ半分かと。マラソン競技の過酷さを改めて実感します。

■慶應義塾大学 ほぼ毎年このチームのサッカーを観ていますが、選手は変われどサッカーのスタイルは一貫しています。ボールを奪ったところから、一気にゴール前に迫り、二次三次攻撃を仕掛けていくアグレッシブな攻撃は魅力。 そして守備の脆さも毎年変わりません(苦笑)。戦術的要素は少なく、相手ボールの奪いどころもはっきりしていません。この試合でも、後半早々に2点差をつけながらも、試合終了間際には集中が途切れて、あわや同点のシーンが数々。 恐らく須田芳正監督は、結果を重視せず、個人能力の向上を第一にトレーニングを設定しているのでしょう。武藤嘉紀はここで大きく成長して海外に羽ばたきました。

手塚朋克:昨年から注目している右SB。持ち味はアグレッシブさ、粘り強さ。オーバーラップのタイミング・スピードのセンスがとてもよく、またスプリント下でもプレー精度が落ちません。 身長168cm、65kgというサイズ。スピードもプロの世界では標準レベルなのが気になりますが、総合的にはJ1レベルの選手。まだ3年生ですので、残り一年半の成長も待ちたいです。

田中健太:横浜FMユースではSHの汗かき役でしたが、大学でフィジカルが飛躍的に成長。スピード、競り合いの強さ、キック力の強さが目立つ選手に大変貌。この試合での左足ミドルの破壊力は凄まじかったです。まだ3年生。順調に行けば来季は特別指定でしょう。

宮地元貴:東京Vユース出身。2年生からレギュラーを張っているアンカー。実力は折り紙つきです。184cmというサイズも魅力。 しかしこの試合では今一つ元気がありません。得意のアプローチも、相手のパスまわしに後手を踏むシーンが目立ちました。主将という重責に、少し迷いがあるのかもしれません。

松木駿之介:青森山田高卒の2年生。昨年は一年生ながら全日本大学選抜にも選ばれています。ポジションは左SH。足裏を器用に使ったフェイク・突破が魅力の選手。この日も一得点。しかし、90分通しての体力・コンビネーションプレーには課題が残ります。残り2年しっかりフィジカルを伸ばして、J1入りを狙ってほしいです。

山本哲平:裏抜けのセンスに優れる、典型的なストライカー。昨年から注目していましたが、実力は健在。スピードがあるタイプではないのですが、J3・JFLに行ける実力はある選手。

■順天堂大学 監督は堀池巧氏。攻撃は昨年と変わらず、ショートパスをテンポよくつないでいく純度の高いポゼッション。 守備面は、攻守の切り替え時の激しさ、前線・中盤選手のプレスバックによる数的有利が基本スタイル。しかし後半はバテたか(この日はちょっと陽射しが厳しい試合でもありました)、戦術が機能せず。連続失点を浴びました。

名古新太郎:昨年のポゼッションサッカーの核はボランチの長谷川竜也。その彼が卒業した後はどうするのかと思っていましたが、なんと後任は彼。 名古はドリブラーで、昨年は主にウイング・FWで活躍した選手です。 どうなることかと思っていましたが、しかし彼はゲームメイカーの役割をそつなくこなしていました。機を見て中央をオーバーラップして、得点機にも絡むという「らしさ」も見せていました。 しかし、個人的には彼がこのポジションにいるのが惜しいです。まだ2年生ですが、ウイングなら今季中に特別指定も得られる選手だったと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ユース・大学
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

NGU名古屋FCレディースvsJFAアカデミー福島 なでしこチャレンジリーグ第5節【球マニアのBLOG】

横浜FC ユースアカデミー イギリス遠征!【THE ENGLAND FOOTBALL】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 前期第6節 対明学大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconniko0730

色々なカテゴリのサッカー観戦記書いてます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2289565

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度 J2順位予想
  2. J1 J2 2016年度順位予想
  3. J1戦力補強小感 (徳島・浦和・横浜FM・新潟・名古屋)
  4. 2017年度 J1順位予想
  5. 2014年度Jリーグ順位予想
  6. ACミラン 本田圭佑 小感
  7. Jリーグ移籍劇について、小感五題
  8. レスター・シティ  岡崎慎司 小感
  9. J移籍劇 小感  (大久保嘉人・中村俊輔・菊池大介・家長昭博 他)
  10. 2013年度順位予想

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
04
03
02
01
2014
12
11
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss