幕下相撲の知られざる世界

月別アーカイブ :2013年10月

大砂嵐新入幕。これまでの外国人力士に見られた不安要素を、彼は乗り越えられるのか?

新番付が先日発表された。 ここから数字は番付に関する話題を記事にしていきたい。 今回の番付で気になる点は幾つかある。 まずは大砂嵐の新入幕だ。 5月場所前に北の湖部屋に見学に行った際は まだ幕下だった彼が、鳰の湖も北はり麿も、 幕内上位の北太樹まで圧倒する様に衝撃を受けた。 そんなわけで、このスピード出世も驚きではなく 来るべくして来た、と言うのが私の感想である。 3人の関取を圧倒する、アスリ......続きを読む»

【緊急企画】相撲を知ろう。体で知ろう。相撲健康体操の次に…何をする?

相撲についてブログを書き始めて早2年。 私も今まで知らないからこそ興味を持ち、 知らないからこそここまでのめり込んできた。 知らないことは私の一つのアイデンティティであり、 知らない者の目線が知らない者に届いたのではないかと考えている。 多少なりとも見方を知ったからと言っても、 私はあくまでも相撲を知らない門外漢であることは間違いない。 そんなわけで、私は最近子供が読むよう......続きを読む»

俺より強い奴に会いに行く。相撲界のプロアマ交流は、レベルアップのための起爆剤である。

鳥取城北高校出身で、現在同校でコーチを務める アルタンホヤグ・イチンノロブの湊部屋入りが決定した。 という話を書いた際に、貴乃花グループと 強豪高校との交流合宿の話についても少し触れた。 部屋・高校別の団体戦に加えて、 個人戦も実施しており、個人戦では先のイチンノロブが 優勝しているのである。 正直なところ私はどういった事情から 今までプロアマの交流が為されてこなかったのか知らない。 今後この流......続きを読む»

イチンノロブ湊部屋入り。幕下力士を圧倒するこの逸材の現状を過去の力士を比較し、今後を予想する。

鳥取城北高校出身で、現在同校でコーチを務める アルタンホヤグ・イチンノロブの湊部屋入りが決定した。 獲得した高校タイトルは5個。 そして全日本実業団選手権では個人優勝。 若干二十歳。 アマチュア界ではその名を轟かせるスーパーエリートである。 先日の貴乃花部屋らとのプロアマ混合トーナメントでは 藤本や松本、そして天津を破り優勝を決めている。 アマチュアでこれだけの実績が有る......続きを読む»

【緊急企画】9月場所で「これだ!」と思った取組とは? 印象的な取組から、九州場所の展望を考える。

9月場所が終わってから、早くも3週間が経過した。 あと3週間待てば、九州場所が始まる。 場所が終わってから数日は一日千秋の思いだったが 仕事に明け暮れ、ブログを書いていると案外早いものである。 と、このタイミングで一つ考えたことが有る。 九州場所の見どころを抑えるために、 9月場所の内容を振り返ってみたいのである。 終わってみると例のごとく白鵬の一人勝ちで終わった9月場......続きを読む»

気になる元力士の店に行ってみた。第一回:清瀬海の店「スナック愛」編。Part4(完結編)

元力士の店というのは、興味は有っても 力士時代の残像が有るために 様々な感情が邪魔をして、なかなか足を運ぶには至らない。 そこで、私は元力士の店の知られざる実態を 解明すべく、立ち上がった。 第一回目は、あの清瀬海の店 「スナック愛」。 錦糸町という土地柄と、力士と会うことに対する緊張ゆえか。 様々な葛藤は扉を開けることで乗り切る私。 すると、そこには清瀬海が居た。......続きを読む»

気になる元力士の店に行ってみた。第一回:清瀬海の店「スナック愛」編。Part3

元力士の店というのは、興味は有っても 力士時代の残像が有るために 様々な感情が邪魔をして、なかなか足を運ぶには至らない。 そこで、私は元力士の店の知られざる実態を 解明すべく、立ち上がった。 第一回目は、あの清瀬海の店 「スナック愛」。 錦糸町という土地柄と、力士と会うことに対する緊張ゆえか。 様々な葛藤は扉を開けることで乗り切る私。 すると、そこには清瀬海が居た。......続きを読む»

気になる元力士の店に行ってみた。第一回:清瀬海の店「スナック愛」編。Part2

元力士の店というのは、興味は有っても 力士時代の残像が有るために 様々な感情が邪魔をして、なかなか足を運ぶには至らない。 そこで、私は元力士の店の知られざる実態を 解明すべく、立ち上がった。 第一回目は、あの清瀬海の店 「スナック愛」。 覚悟を決めて行ってはみたが、錦糸町のその店は 固く扉が閉ざされており、それはまるで ファンと元力士の店の壁のメタファーのようだった。 ......続きを読む»

気になる元力士の店に行ってみた。第一回:清瀬海の店「スナック愛」編。Part1

相撲が好きな友人と話していると、 度々話題になるトピックが有る。 史上最強の横綱は誰か? 相撲を観るきっかけは何か? 今場所で一番の取組は? 皆が思い思いの感想や意見を共有すると、 人となりが分かり、それだけで相撲ファンとしての 距離がぐっと縮まる。 こうした雑談をするだけで数時間がすぐに経過するのが 相撲の面白いところなのだが、中には話題には出るが かなりの割合で避......続きを読む»

十両下位の力士は幕下力士の夢を壊し、生き残る。北磻磨の土俵姿勢からその厳しさを考える。

私はタイトルの通り、相撲の厳しさと素晴らしさを 幕下力士のストイックな世界から学んできた。 だが、そのことは語られていないことであり、 少しでも多くの人と共有できれば、と思い ブログを開設するに至ったわけである。 その中で、読者の方から興味深い感想をいただいた。 私は十両の相撲が好きで、幕下に落ちるかもしれない 状況の中、精一杯取る姿が好きなのだ、と。 だから、さらにその下の......続きを読む»

珍名力士:宇瑠虎太郎(ウルトラタロウ)。愛弟子にこの名前を付けた、親方の意図を考える。

宇瑠虎太郎(ウルトラタロウ)という名の力士が誕生した。 先日の記事ではないが、一寸先は闇である。 何が誰を有名にするか、まったくわからないものだ。 夜勤明けの私は目を疑ったが、ウルトラ少年の談話が ヤフーニュースのトップで紹介されているのだから これは紛れもない事実のようである。 相撲界に珍名力士が居ること自体はそう珍しいことではなく、 大嶽部屋の森麗や右肩上といったところが既に存在している。......続きを読む»

把瑠都引退。遠藤の台頭。白鵬独裁政権。相撲界は、2年先が闇。

2年前の今頃の相撲界を覚えているだろうか。 9月場所で琴奨菊が12勝を挙げ、久々の大関誕生に湧いていた頃だ。 この頃の大関は3人。 日馬富士、把瑠都、琴欧洲。 さて、クイズです。 この3人の中から1年後に横綱が1名。 そして更に1年後に引退する力士が1名。 それは一体、誰でしょう。 という問いに対して、2年前の誰が完璧に回答できるだろうか? そして正解を説明すると、誰もが「いやいや」と答える......続きを読む»

阿覧引退に対する惜しむ声。力士に対する批判の裏に有る、ファンの心理。

阿覧が引退した。 現役時代は(という枕詞にも違和感が有るが) 身体能力を最大限に活かした取り口で幕内上位に定着した。 という実績についての説明をするよりも、 彼の場合触れなければならないのは、何よりも 「何故その能力が有るのに、活かしきれないのか」 という点に有る。 身体能力と体格を備えたる力士には、 我々はその能力を最大限に発揮することを期待する。 だが、阿覧はその期待に応えたとは言い難かっ......続きを読む»

幕内は、白鵬ら上位総当たりとそれ以外とで相撲の質が異なる。歪な構造が生み出す、大相撲の魅力。

先日、遠藤の実力は、幕内で言えばどの辺に位置しているか? というエントリーを書いた。 三役の常連である、栃煌山には敵わない。 だが、旭天鵬などには勝利している。 対戦成績から類推すると、 「上位総当たりの番付に度々顔を出す力士とは  今のところ勝負になるレベル」 であるとの結論が出た。 ここで一つ、明確なラインとして出てきたのが 「上位総当たり」というキーワードであ......続きを読む»

川崎フロンターレと、サポーターと、春日山部屋。等々力競技場に行って分かった、彼らの理想郷。

先日、川崎フロンターレのサポーターの方が 春日山部屋の力士の応援のために 国技館に来た話を書いた。 その際に、相撲部屋とここまでの関係を構築できる 川崎フロンターレとは一体どのようなチームなのか、 ということが気になった。 春日山部屋が関係なくてもその様子を凝視し、 声を挙げ、手を叩き、喜怒哀楽を共にするサポーター。 私自身が川崎在住ということも有り、 等々力に足を運ぶのは......続きを読む»

力士の健康問題。糖尿病や内臓疾患など、生命を脅かしかねない病と戦う現状を考える。

ここのところ、有り難い話で相撲関連で 様々な方とお話する機会をいただいている。 当ブログをお読みの方はご存知だと思うのだが、 私が相撲をこの頻度で観ているのはこの2年程度なので 知識にも見解にも限界が有る。 知らないことを隠すのではなく、 むしろ知らないからこそ言える、行動できる、 ということを基調にブログ運営をしている。 だからこそ、私が決定的に足りない部分を 大いに......続きを読む»

相撲ブームは、人を育てられなかった。その他の競技のブームから透けて見える、ブームと成果の相関関係とは?

あまり説明する機会は無かったのだが、 私は33歳である。 世間で言うところの松坂世代であり、 野球でもサッカーでもそろそろ体力の限界で 引退する選手が出てくる年頃である。 翻って相撲はどうかと言うと、 同年代の主力力士たちは軒並み引退している。 朝青龍。 普天王。 黒海。 実はこの世代、一番番付が上なのが 幕下上位の大雷童という状況なのだ。 実際、上記の3......続きを読む»

相撲のフリーペーパーTSUNA主催のイベント「抱きしめてツナイト」に行ってきた。

相撲のフリーペーパーTSUNA主催のイベント 「抱きしめてツナイト」に行ってきた。 内容が内容なので、それについては一切語ることは出来ないので ご了承頂きたいが、はっきりと言えるのは とにかく楽しいイベントだったということである。 それだけで私は今日来られなかった方に 次回は足を運ぶようにお勧めしたい。 要は、相撲の何が楽しいのかをいろんな角度から 説明する、という趣旨の......続きを読む»

好成績の陰に、2つの幸運有り。豪栄道の大関取りが現状では厳しい理由とは?

豪栄道の大関獲りが話題になっている。 9月場所の成績は、11勝4敗。 大関を目指すには堂々たる成績である。 ご存知の通り、大関を目指すには 目安として3場所で33勝を挙げる必要が有る。 そして、単純に考えると豪栄道は 9月場所でこの水準に達したのである。 単純計算で言うと、今場所の再現をあと2場所で 果たせばよいのだ。 豪栄道は、1度成功を体験した。 出来たということは一つの自信として 良い......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13047080

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss