幕下相撲の知られざる世界

月別アーカイブ :2013年08月

バレンティンのホームラン記録と、白鵬の優勝記録。外国人の記録更新に対する障壁を考える。

ヤクルトのバレンティンが48号ホームランを打った。 「私の体にはドジャーブルーの血が流れている」 と語ったのはかつての名監督ラソーダ氏だが、 この言葉を借りるとすると、 「私の体には乳白色の血が流れている」というほど、 生まれてこの方ヤクルトファンの私である。 このホームラン記録をリアルタイムで観られる 嬉しさを感じながらも、私自身他聞に漏れずに 不安視しているのが、これから先勝負を徹底的に 避......続きを読む»

サッカー日本代表敗戦。その後のブーイングの有無に対する議論を、相撲の応援スタンスを元に考える。

サッカーの日本代表がウルグアイ戦に敗れた。 これについて、観客がブーイングをしないことに対して 疑問の声が上がっている。 確かに本田や香川、長谷部らのドリームチームを 観られただけで満足し、敗れたにもかかわらず それ自体を喜ぶだけではチームとしての前進はない。 そもそも彼らの多くは日本代表の試合だけを楽しみ、 その陰にあるJリーグや海外での選手たちの奮闘ぶりには あまり興味を示さない。 代表......続きを読む»

学生出身力士が大相撲で活躍しづらい理由。ホームランバッターを排出しなくなった高校野球と比較して考える。前編

アマチュアスポーツからプロに転向したとき、 競技性の違いから適応が上手くいかない、 といった事例は種目の垣根を超えてよく起きている。 例えば高校野球とプロ野球は別物、という話をよく聞く。 ご存知の通り高校野球のスタイルは、塁に出たランナーを 送りバントで得点圏に進め、そこから1点を取りに行くのが 一般的である。 これには大きな理由が有る。 高校レベルの野球界では、傑出......続きを読む»

【相撲議論】白鵬の土俵入り。彼の特徴的な所作についてどう思うか。

白鵬が横綱になって久しい。 土俵上で傑出したパフォーマンスを見せ、 優勝回数32回にも手が届きそうな実績を残している。 また、朝青龍が大ヒールとして君臨する中、 本来の相撲の美を守る砦として立ち向かった。 そして何よりも、様々な問題で相撲界が揺れる最中 品格という言葉を体現してその威厳を守り抜いた。 白鵬によって相撲界は大いに救われ、 そして今もなおその存在が貢献する......続きを読む»

高校野球の投球制限を巡る議論。相撲ファンの立場からその是非を考える。

夏の甲子園が始まった。 高校球児による明日なき戦いは、 アマチュアならではの純粋さ故に プロ野球とは異なる魅力が有ることは間違いない。 だからこそ観る者の心を揺さぶり、 野球自体のレベルで言えばプロ野球やメジャーリーグには 遠く及ばないが、それでも高い注目度を誇っている。 だが、第95回を迎える大会だけに 固有の問題として「大会期間が短いこと」が挙げられる。 端的に言うと、ピッチャーの消耗であ......続きを読む»

高見盛(振分親方)のテレビ出演時の立ち位置に見る違和感。相撲の普及に必要な広報活動の在り方を考える。

最近、大相撲関連の広報活動が目覚ましい。 昨年後半から現役力士達がバラエティ番組などに 精力的に出演しており、その甲斐あって私の周りでも 一般知名度が徐々に向上しつつある。 舛ノ山を見れば、「あの20秒しか相撲取れない人」 大砂嵐を見れば、「ラマダンで大変な人」 といった具合である。 知らない=無関心という状態から 知ることによって見るという選択肢が出来つつある。 これ......続きを読む»

相撲のフリーペーパー「TSUNA」という新しい試み。この紙面が魅力的な理由とは?

「TSUNA」というフリーペーパーをご存知だろうか? 昨年創刊された相撲専門のフリーペーパーで、 既に今に至るまで6号発行されている。 出版不況という言葉が囁かれ、書店で手に入る情報源が 「相撲」と「相撲ジャーナル」しか無い昨今、 敢えて創刊に踏み切ったこと自体が凄いことなのだが、 まず読み物として実に面白い。 例えば、相撲教習所の日常。 例えば、行事さんの役割。 ......続きを読む»

現役力士が一般人に教えてくれるイベント。相撲健康体操に行ってみた。延長戦

夏休みに両国で力士が一般人に相撲の基本動作を 毎朝教えてくれるイベントが有るらしい。 その名も、相撲健康体操。 偶然発見して、休みであることをいいことに その日の朝7時30分には両国国技館前に足を伸ばした私。 幕下以下の力士が教えてくれるという話を 聞いていたのだが、右肩上さんや森麗さんはまだしも、 どういうわけかあの大砂嵐さんまで居るではないか。 ストレッチをして、伸脚......続きを読む»

現役力士が一般人に教えてくれるイベント。相撲健康体操に行ってみた。後編

夏休みに両国で力士が一般人に相撲の基本動作を 毎朝教えてくれるイベントが有るらしい。 その名も、相撲健康体操。 偶然発見して、休みであることをいいことに その日の朝7時30分には両国国技館前に足を伸ばした私。 幕下以下の力士が教えてくれるという話を 聞いていたのだが、右肩上さんや森麗さんはまだしも、 どういうわけかあの大砂嵐さんまで居るではないか。 朝からむやみに気分が高......続きを読む»

現役力士が一般人に教えてくれるイベント。相撲健康体操に行ってみた。中編

夏休みに両国で力士が一般人に相撲の基本動作を 毎朝教えてくれるイベントが有るらしい。 その名も、相撲健康体操。 その日休みで朝4時30分に偶然目を覚ました私は、 ツイッターでそれを知り、 眠い目を擦りながら小田急線に乗り込んだ。 そして両国に辿りつくと、 国技館では既に力士が待っていた。 しかも、それは私にとって思い出深い顔だった。 アンコ型の力士らしい力士体型。 そ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1188
  • 累計のページビュー:13503766

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss