幕下相撲の知られざる世界

月別アーカイブ :2013年02月

相撲協会の年間10億円の赤字を解決する、唯一の方法とは?

相撲協会が12年度で10億円余り赤字だったという ニュースが報じられた。 3年連続の赤字で、10年度は野球賭博問題から テレビ放映での収入が無かったこと、 11年度は八百長問題での本場所中止が有ったことに起因している。 つまり、12年度はこれといった問題が起きていないのに 赤字だったということである。 これはかなりマズい。 八角親方曰く、入場料収入を増やすことで この状況を打開していきたいと......続きを読む»

アマチュア横綱・遠藤大相撲入りから、学生相撲出身力士の伸びしろを考える。

アマチュア横綱・遠藤の大相撲入りが決定した。 アマチュアとしての実績は近年では突出しており、 幕下10枚目格付出デビューを果たすことになる。 4年前の妙義龍、2年前の明月院(千代大龍)、昨年の山口(大喜鵬)。 最近幕下付出デビューした力士の活躍ぶりを考えると遠藤も、 と期待するのはごく自然なことだと思う。 遠藤は高校時代から全日本高校選手権を優勝、 大学時代には全日本選手権 、岐阜国体、 全......続きを読む»

幕下の番人・潮光山の引退に見る、幕下相撲の圧倒的現実。後編

十両には届かないが、その一歩手前で定着している 実力派力士。 総合力は有るが、十両昇進するような力士には及ばない。 しかし、若手有望株に対しては経験に裏打ちされた 引き出しの多さで退ける、幕下の番人。 吐合や潮光山、勝誠や前田などが この役割を担っていたわけだが、 彼らには共通点が有る。 ...続きを読む»

幕下の番人・潮光山の引退に見る、幕下相撲の圧倒的現実。前編

初場所が終わった。 横綱日馬富士の優勝や 高見盛の引退、大鵬の逝去と話題に事欠かない 場所だったのだが、共通して言えるのは 新たな時代が到来している、ということである。 絶対王者としての白鵬に対して 遂に対等な存在としてのし上がった日馬富士は 2横綱が切磋琢磨する新時代に移行したと言えるし、 大鵬の死は相撲が絶対的な価値を持っていた時代の 決定的な終焉を感じさせた。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13045941

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss