幕下相撲の知られざる世界

月別アーカイブ :2012年05月

貴乃花が関取を育てた理由。

貴ノ岩が幕下筆頭で勝ち越し、来場所の十両昇進を決めた。 モンゴル人力士がまたしても出世する、 というニュースは一つの日常として捉えられており、 むしろ有望な日本人力士の昇進が珍しい「ニュース」になりつつある。 だが、貴ノ岩の昇進は単にモンゴル人力士が昇進した、 ということに留まらない意味がある。 そう。 貴乃花部屋初の関取誕生、ということである。 貴乃花部屋と言えば私も気になる存在で、 過去に「......続きを読む»

【データ検証】横綱が9勝6敗以下の成績を残す確率は?

琴欧洲休場問題を引き金として、大関の実力について 意見が交わされている。 とある横綱審議委員は10勝を一つのラインとして これを下回った場合は自動的に降格としよう という提案をしている。 大関とは横綱に次ぐ実力者で、 相撲界の顔としての活躍が求められる立場であり、 そう考えると10勝を一つのラインとして考えるのも 一つの見方である。 だが、このラインが大関にとっては非常......続きを読む»

【データ検証】大関に求められる成績とは?

琴欧洲休場問題を引き金として、大関の実力について 意見が交わされている。 とある横綱審議委員は10勝を一つのラインとして これを下回った場合は自動的に降格としよう という提案をしている。 大関とは横綱に次ぐ実力者で、 相撲界の顔としての活躍が求められる立場であり、 そう考えると10勝を一つのラインとして考えるのも 一つの見方である。 毎場所優勝を争い、取りこぼしは許され......続きを読む»

【ニュース】琴欧洲、千秋楽休場に思う。

業務多忙につき、数か月書けなかった間に 相撲の世界も色々起きている。 以前ネタにしたエジプト人力士:大砂嵐の序の口優勝や 6大関誕生に伴うクンロク率向上に対する世間の風当たり、 そして十両獲りを賭けた吐合に対する無慈悲な試練。 話したいことは山ほど有るが、 この速度で話さねばならないことが、一つだけある。 そう。 琴欧洲千秋楽休場問題、である。 旭天鵬・栃煌山、そして稀勢の里。 3敗の力士が......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1001
  • 累計のページビュー:13504766

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss