幕下相撲の知られざる世界

世間に寄り添わぬ相撲協会は、要らない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

期待は殆どしていなかった。 ここまでを見れば、彼らは信頼に値しないからだ。 だが、彼らはその道を選択した。 誰がどう見ても、批判しかされない道を。

相撲協会には、貴乃花親方を処分する上で大きく分けて3つの選択肢が有ると私は思っていた。

一つ目は、非常に処分を軽くすること。 貴乃花親方と共に信頼回復に向けて歩き出すという選択である。

二つ目は、非常に重い処分を下すこと。 ただし、これには条件がある。 そう。 八角理事長にも同時に重い処分を下すことである。

私はどちらでも良いと思っていた。ここまで問題がこじれてしまった以上、重要なのは処分が貴乃花親方が犯したことに見合っているか否かではない。世間が納得するか否か、なのである。

貴乃花親方は、被害者である貴ノ岩の師匠だ。 そしてその被害というのも、相当なものだ。

問題が長期化したのは貴乃花親方が早期解決に向けて非協力的だったことが非常に大きな理由だ。一方でそのような行動を取らざるを得なかったというロジックに正当性が見られるほど、今回の騒動に於ける相撲協会の対応は粗末としか言いようが無いものだった。

貴乃花の行動は批判されるべきだ。 しかし、一方的に非難されるような状況ではない。 だからこそ三つ目の選択肢では困るのだ。

そしてご存知の通り、彼らが取った選択は貴乃花親方2階級降格という、一方的に重い処分を受けるというものだったのである。

貴乃花を権力から遠ざけること、そして報復することにどれだけの意味があるのか。彼は所詮、2年前の理事長選でほぼ得票を得られなかった存在だ。知名度はあるし、発信力もある。だが、権力からはまだ遠い。

その上、この処分では次の理事選で貴乃花親方は戻ってきてしまうのである。重い処分は下しているが、その処分に中長期的な意味は殆ど無い。ただ徒らに重い処分を下しているだけなのである。

そして、世間は相撲に冷ややかな眼差しを送る。 それこそが、最大の問題である。

相撲界の論理を世間が理解するほど、大相撲は今リスペクトされていない。これが巨人・大鵬・卵焼きの時代ならばええじゃないかで終わっていたのかもしれない。事実、元横綱の逮捕や横綱による拳銃の密輸入が有っても、大相撲としての体質や品格という次元で批判を受けることは無かった。

今は、違う。

思えば貴乃花の整体師騒動の辺りからだろうか。大相撲自体がちょっと小馬鹿にされるようになったのは。そして数年前の一連の不祥事が決定打だった。

一つの不祥事を大相撲全体の問題として捉えられるからこそ、相撲協会は常に世間の感覚に寄り添い、世間が納得する論理で、世間が納得する処分を下さねばならなかった。何故なら、相撲を見ているのは世間だからである。

報告を怠った白鵬と鶴竜は減給。 伊勢ヶ濱親方は理事を辞任。 貴乃花親方は2階級降格。 そして八角親方は、自主返納。

どうやってこの決定に納得すれば良いのだろうか。

そしてこの決定で、一体誰が得をしたのだろうか。強いて言うなら、哀れな被害者ではあるのだが権力には早い段階で戻る可能性を残した貴乃花親方だと私は思う。一番損をしたのは、当然相撲協会である。

私は大相撲を愛している。 だが、相撲協会は心の底から嫌いだ。

八角理事長は一体何がしたいのだろうか。再三話していることだが、この2年弱で彼が取った目に見える行動は、国技館からピザバスと入り口すぐの売店を撤去し、入り待ちエリアにコーンを置いたことくらいだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
最新相撲事情考察
タグ:
決断を
ピザバスの撤去
八角理事長
2階級降格
貴乃花親方
相撲協会
世間

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

世間に寄り添わぬ相撲協会は、要らない。

>>この処分では次の理事選で貴乃花親方は戻ってきてしまうのである。重い処分は下しているが、その処分に中長期的な意味は殆ど無い。ただ徒らに重い処分を下しているだけなのである。
「この手があったか」と感心したんだけどな。実質「お咎めなし」だろう。
ただ、貴乃花親方が相撲協会の組織人としての務めを果たしてないのは事実だ。だから表面上は「重い処分」にする必要があった、と解釈します。

>>そして、世間は相撲に冷ややかな眼差しを送る。
昔からそうだったけどなあ。特に「インテリ」と言われる人は相撲大嫌いだ。
現在の肩書きは「作家」なのか、元都知事の石原慎太郎氏とか、典型的だ。嫌いだったら発言しなきゃいいし、そもそも見なけりゃいいだろう、と思うが。
21世紀になっても「相撲取りは肥り過ぎて自分でケツが拭けないから、若いフンドシ担ぎに拭かせている」とか真顔で言う人、いっぱいいるぞ。言ってて恥ずかしくないか、と思うが、相撲の社会的な地位はその程度のものだと思う。だから私は、ずっと相撲ファンなんだ。

たぶんトンチンカンなこと書いてると思いますが、お許しください。

世間に寄り添わぬ相撲協会は、要らない。

タイミングもよくなかったですね
実際現理事長には事態を収拾する能力がないのは明らかですが
任期が2月まででは「今辞めても」っていう言い訳が立ってしまいますし
親方事情に詳しくないのでじゃあ誰ならよいかというのも考えられないし
このままでは初場所を楽しめそうにない雲行きだなというのが一番つらいです

巷は次の理事長に貴乃花親方を推しまくるのでしょうが
個人的にはあの人もどうかと思うんですよね
今回の処分の理由の一つに自分の弟子が関わったか関わっていないかで対応が変わる
「公私混同」というのが一部報道で言われていますが、
貴乃花親方が審判部にいたときも、何の疑問もない一番で自分の弟子が負けたからって
審判長として延々5分ぐらい物言いつけて協議してたという公私混同の前科を目の前で見てしまったこともあり、
相撲界全体の上には立てちゃいけない人だと思っています

こんな記事も読みたい

正義は貴ノ花にあり!相撲の神様は果たしてどちらについているのか、大局観なき理事長は退任せよ【MLB 戦いの原理を求めて】

観戦記1378 WBOフライ級王座決定戦 ゾウ・シミンvsクワンピチット・ワンソンチャイジム【人生マイペンライ】

貴乃花親方に相撲の新団体立ち上げを提案する。【東京憂巨会】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・TokyoFM「Timeline」(2017年12月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・政経電論(2017年12月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:2512
  • 累計のページビュー:13569128

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss