幕下相撲の知られざる世界

FIFAランキングと大相撲の番付を照らし合わせ、相撲ファンの視点から日本のワールドカップ予選突破の可能性を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日馬富士引退。 角界の文化的、体質的問題の一掃。

根の深い問題が突き付けられ、前に進んでいないのに同じ問題を延々と批判され、テレビにもネット記事にも居場所が無い。どこを見ても批判される部分しかない。

あれほど相撲人気を賞賛し、相撲人気にあやかろうとしていたマスコミは手のひらを返し、大相撲とモンゴル人力士と日馬富士を叩いている。

これは、仕方が無いことだ。横綱がこのような事件を起こせば仕方が無い。仕方が無いのだが、でも、「でも」の中に総叩き状態を割り切れない、どこかに怒りの矛先を向けたくなるような、逃げ場の無さに苛まれる。

こんな状況だ。 少し、息を抜こう。 相撲ファンまで追い込まれる必要は無い。

そうだ。

今日の深夜にワールドカップ予選の抽選会が予定されている。ちょっとこれを使って遊んでみよう。

相撲ファンのどれだけの方がサッカーに興味が有るかはわからない。私は春日山部屋の繋がりで川崎フロンターレを追い掛けている。とはいうものの、戦術など何も分からない。誰がどのようなプレイが長けているのか、どのような点で欠けているのか、全く分からない。

一つだけ分かるのは、失点の匂い。相撲を観ているとどういうわけか、危ない匂いが分かる。

そんなわけで、4年に1度のお祭りは相撲ファン的にも楽しめる。最高峰のプレイもさることながら、相撲に通じる危うい気配に身を悶えさせる。 そんなライトな楽しみ方をしてもいいと思うのである。

だが、出場国の実力を私はよく知らない。4つのポットに分けられていて、大体どの予選リーグも不均衡が無いようにチームが割り振られるらしい。

では、日本は一体どのような位置に居るのか。必要以上に評価する人も居れば、必要以上に貶める人も居る。自分の国の実力を客観視してみたい。 ・・・相撲ファンの尺度で。

そうだ。 参加国のランキングを大相撲の九州場所の番付と合わせてみよう。

製作時間:20分。 案外それっぽくなるものだ。

Rank 力士 W杯出場国 ポット

1 日馬富士 ドイツ 1 2 白鵬 ブラジル 1 3 稀勢の里 ポルトガル 1 4 鶴竜 アルゼンチン 1 5 豪栄道 ベルギー 1 6 高安 スペイン 2 7 御嶽海 ポーランド 1 8 嘉風 スイス 2 9 照ノ富士 フランス 1 11 阿武咲 ペルー 2 12 玉鷲 デンマーク 3 13 貴景勝 コロンビア 2 15 栃煌山 イングランド 2 16 松鳳山 メキシコ 2 17 北勝富士 クロアチア 2 18 千代の国 スウェーデン 3 21 荒鷲 ウルグアイ 2 22 千代翔馬 アイスランド 3 23 栃ノ心 セネガル 3 26 貴ノ岩 コスタリカ 3 27 千代丸 チュニジア 3 31 勢 エジプト 3 32 碧山 イラン 3 37 安美錦 セルビア 4 39 大奄美 オーストラリア 4 40 錦木 モロッコ 4 50 東龍 ナイジェリア 4 55 琴恵光 日本 4 56 蒼国来 パナマ 4 59 照強 韓国 4 63 千代鳳 サウジアラビア 4 65 臥牙丸 ロシア 1 ————————————————-

・・・

うーむ。 これは厳しい。

我が国は琴恵光。良い力士だ。私は好きだ。だが、彼よりも素晴らしい力士が多いのも事実だ。

ふと出場国に目を向けてみると、気付くのがランキングが15位までは殆ど出場しているということだ。相撲の世界でも総当たりのところに居る力士は大抵、それほど大崩れすることはない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
番外編
タグ:
頑張れ、琴恵光
番付
大相撲
FIFAランキング

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「FIFAランキングと大相撲の番付を照らし合わせ、相撲ファンの視点から日本のワールドカップ予選突破の可能性を考える。」へのコメント

一気に琴恵光に親近感が湧きましたねー!明るい話題をありがとうございます。

こんな記事も読みたい

【メディア情報】TokyoFM「高橋みなみのこれから,何する?」に出演しました。【幕下相撲の知られざる世界】

ボクシングの年末興行決定【スポーツ えっせい】

観戦記1369 WBCライトフライ級王座戦 拳四朗vsペドロ・ゲバラ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・TokyoFM「Timeline」(2017年12月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・政経電論(2017年12月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:2512
  • 累計のページビュー:13569128

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss