幕下相撲の知られざる世界

日馬富士引退報道。ただ、無念。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日馬富士が、遂に引退の意向を示したという。

真相はこれから明らかになる。どこまで見えてくるかは調査次第だが、真相が究明される前に決断したことに驚いた。

ここまで事態がこじれながらも現役続行に向けて意思を示していた横綱が翻意した。落胆もさることながら、安堵した部分があることも事実だ。

事件の大きさを思うと、現役を続行することで日馬富士自身も相撲協会もダメージを受けることは見えていた。引退以外の着地点を願いながら、毎日のようにトップニュースになる大騒動の収め方は引退しかなくなっていたように思う。

いや、引退だけで解決できる次元ではもう無い。日馬富士やモンゴル人力士コミュニティ、ひいては大相撲の文化への疑問、信頼失墜という事態と記憶は残る。決断の遅れが事態を悪化させ続けたように思う。

分かってはいた。 ただ、それでも何とかしたかったし、してほしかった。

ただ、無念である。

事件そのものも。 信頼失墜も。 日馬富士を失うことも。

全てが最悪な方向に動いてしまったこと。 私はそれが、残念でならない。

ここまでの日馬富士の功績に「お疲れ様でした」という声を掛けることさえも、この状況では誤解を生んでしまう。誰もがダメージを受けるしかない事態を、今は見守るしかない。これもまた、歴史だ。

私が生きている限り、このような形で横綱を失うことだけは二度と無いことを願いたい。

◆トークライブのお知らせ◆ 12月2日18時より錦糸町丸井のすみだ産業会館でトークライブ「第4回幕内相撲の知ってるつもり⁉︎」を開催します。今回のテーマは「数字で振り返る、2017年の大相撲」です。今回は土曜日に行いますので、普段来られない皆様もふるってご参加ください。お待ちしております。

なお、参加ご希望の方は以下の予約サイトよりご登録下さい。 トークライブの予約サイトはこちら。

◆メディア情報◆ 産経系サイトIRONNAに記事を掲載されました。 IRONNAに掲載された記事はこちら。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

◇Instagram◇ 幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横綱
タグ:
無念
日馬富士
引退

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日馬富士引退報道。ただ、無念。

相撲はよくわからないがとにかくモンゴル人はみんな悪い奴に違いない
というのが透けて見える論調が多くてウンザリしますねほんとに…
この大きな雑音の中で相撲界の今後のためになる何かは生まれるのでしょうか

日馬富士引退報道。ただ、無念。

ブログ主さんも以前書いていましたが
今回の件、本当に相撲が好きな人の声が小さく
「なんか言ってやろう」みたいな人の声が大きいのが歯がゆいです。
デーモン閣下のコメントは救いでしたがね。

いずれにせよ日馬富士が引退した今、性急になる必要はありません。
この狂乱じみた騒ぎが一段落した後で、
じっくり考えたいと思います。

「日馬富士引退報道。ただ、無念。」へのコメント

私は、稀勢の里から入った相撲ファン歴2年程度の者ですが、徐々に日馬富士の格好良さに魅了されました。
今回のことは本当に残念ですが、日馬富士というお相撲取りさんが好きな気持ちは変わりません。
日馬富士、お疲れ様でした。格好いい相撲を見せてくれてありがとうございました。

「日馬富士引退報道。ただ、無念。」へのコメント

横綱のこのようなカタチでの引退は本当に残念でなりません。
とはいえ、私は日馬富士を責める気には到底なれません。貴ノ岩も同様です。生きていれば、まして勝負の世界であれば意見の仲違い、ボタンの掛け違いによる争いなど当たり前のように起こるでしょう。
そんな中で、日馬富士も貴ノ岩も翌日には握手を交わし、いわゆる大人の行動で手打ちをしています。互いを尊重してこその行動だと思うのです。
貴乃花親方の動向を疑問視する声もありますが、私は彼のこともまた責めることができません。青年の頃から常人では計り知れない環境に身を置き、これまで想像を絶する世界を体験してきた人の考えを簡単に推し量ることはできません。平成の大横綱たる矜持にて行動しているのでしょう。
八角理事長はじめとする協会のことも責めることができません。今回の状況下で、一体誰が批判されることのない対応が可能だったでしょうか。それほどの難題だったと感じます。
この角界で誰が悪いのか、何が間違っているのか、まったくわからない、だからこそ相撲ファンとしてやり場のない虚しさ感じているのです。
日馬富士が16歳の少年の頃から一番近くで接してきた伊勢ヶ濱親方と女将さんは断腸の想いでしょう。日馬富士の無念もいかばかりか。貴ノ岩の気持ちは…。そんな感情を汲んでやれるような相撲ファンでありたいと、いま、強く思います。

こんな記事も読みたい

【読者参加企画】2017年、あなたの選ぶ、MVP力士は誰?【幕下相撲の知られざる世界】

「出ない」勇気。白鵬のカチ上げと張り差し対策に一つの回答を見た、九州場所。【幕下相撲の知られざる世界】

観戦記1368 K-1 城戸康裕vs木村ミノル【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1188
  • 累計のページビュー:13503766

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss