幕下相撲の知られざる世界

「出ない」勇気。白鵬のカチ上げと張り差し対策に一つの回答を見た、九州場所。

このエントリーをはてなブックマークに追加

素晴らしい勝利だった。 そして、素晴らしいインタビューだった。 付け加えると、見たことのない15日間だった。

日馬富士の騒動についてではない。白鵬が、ほぼ全て張り差しとカチ上げを選択し続けたことである。

確かに白鵬は、張り差しとカチ上げを多様するようになっていたのは間違いない。だが、ここまでこの二つを続けた場所も珍しいのではないだろうか。

白鵬は、モンゴル人横綱や大関に対してはこうした相撲は見せていなかった。考えてみると彼らとの直接対決が全く無い場所というのも珍しかったのではないだろうか。

これほどこの二つを効果的に用いて、勝ちを手繰り寄せられる力士は過去に類を見ない。もっとも、張り差しとカチ上げをこれほど多様すれば批判が起きる。いわゆる横綱相撲を要求される。賛否は有るだろうが、技術的に突き詰めた力士が居なかったのはそういう側面があることも事実だ。

白鵬は数字で見れば勿論、史上最高の成績を収めてきた横綱で、その貢献たるや言うまでも無いところだが、二つの技術を突き詰めて可能性を世に知らしめた革命者としても、後世に残るのではないかと思う。

今日は白鵬式のカチ上げを千代翔馬と千代の国が繰り出していた。一つの技術としてフォロワーをも生み出している。力士の中でも価値観が変容してきていることを示すエピソードではないだろうか。

これほど白鵬が二つを多用すると、思うことがある。 そう。 何故他の力士は工夫しないのか。 食い続けてしまうのか。

そんな風に指摘したくなる気持ちも分かる。私自身そう思う。ただ、高い次元で相撲を取り、白鵬を相手に勝利を目指して日々研鑽する彼らでさえ受け続けるのだ。素人が批判するのは簡単だが、食うには食うなりの理由がある。

張り差しをする力士も居る。 カチ上げをする力士も居る だが、白鵬ほど効果的ではない。

白鵬は、カチ上げと張り差しを当てるのがとてつもなく上手い。ただ当てるのではなく、クリーンヒットさせる。これはもう、才能だ。ほぼ失敗が無い。今場所立ち合いで失敗したのは2回だけなのである。

ただ、もしかするとこの2番は、今後一つの可能性を見出す可能性があるのではないだろうか。その2番とは、白鵬が抗議した嘉風戦と、2度にわたって背後に回られた宝富士戦のことである。

この2番に共通しているのが、立合で突っ込んでいないことだ。

立ち合いで前に出ないことによって、打撃の直撃を回避する。そしてもう一つのメリットがある。打撃で隙が出来るのである。

脇がガラ空きになったところで、嘉風は双差しになった。そして、宝富士はサイドから攻め込み、背後に回ることに成功した。

白鵬は素晴らしくカチ上げと張り差しを当てる技術がある。だが、それは立合で前に出てくるという大前提が無ければ成立しない。立合ほど間合いがある状態では流石の白鵬も二つをヒットさせることは難しい。

どうやらその対策は多くの力士の知るところであるらしい。何故なら今日の豪栄道もまた、それほど突っ込んでいなかったからだ。結局上手を取られたために難しい相撲にはなってしまったが、出ないという選択肢は白鵬対策として機能し始めている。

今後、白鵬を相手に力士たちはどのように対峙するのだろうか。貴景勝や阿武咲といった若手や遠藤のような番付が下の力士たちは今のところ自分の相撲を取りに行くことに徹し、カチ上げか張り差しの直撃を受ける結果となっている。御嶽海や北勝富士も然りである。

考えてみると現在上位に位置する力士は、白鵬とあまり対戦経験の無い力士が増えている。そして、立合で出なかった嘉風も宝富士も豪栄道も、白鵬との対戦経験が豊富だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
白鵬
タグ:
出ないという選択肢
立合で突っ込んでいない
今場所立ち合いで失敗したのは2回だけ
白鵬は、カチ上げと張り差しを当てるのがとてつもなく上手い
カチ上げ
張り差し

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「出ない」勇気。白鵬のカチ上げと張り差し対策に一つの回答を見た、九州場所。

タイヘイさんのブログ「大相撲になりました!最強の力士」より引用しますが、
>>朝青龍のヒジは体から数センチほど外側に離れ、脇が開き、自由にヒジが振り抜ける状態でした。そのエルボーの位置が徐々に徐々に上がっていき、白鵬はいよいよ肩の高さまで上げてきました。すでに「カチ上げ」ではなく、「カチ下ろし」。
>>http://sumo-rikishi.com/?p=6479
確かに大鵬や北の湖のカチ上げとは異なる。
「出ない」勇気も「カチ下ろし」対策にはなるだろうが、その前に大相撲の第一人者がカチ下ろしを多用することを問題とすべきではないか。同時に張り手のオマケも付いてくる。

「下手クソなカチ上げ」といえば、現在は度重なるケガで十両に陥落している大砂嵐が有名だ。あまりの下手さに、師匠の大嶽親方に一喝されている。
大砂嵐の立合いはカチ上げかモロ手突きのどちらかと言ってよいが、そのカチ上げで九州場所十一日目、対戦相手の剣翔は脳震盪を起こした(動画を探したが見つからなかった)。
相撲協会は指導すべきだと思うが、今はそれどころではないか。

「「出ない」勇気。白鵬のカチ上げと張り差し対策に一つの回答を見た、九州場所。」へのコメント

嘉風のヒーローインタビューでの
「根拠はないけど、横綱に当たられても大丈夫かと思って」
に実はわかってたやろwと突っ込み入ってしまいました。
安美錦や千代大龍のハタキと同じくお題目のように
「前に出ろ」
とだけいい続ける古い頭の親方衆により単調な相撲により引っかかる力士が増えてるのかと。

その白鵬インタビューについては日馬富士に関しては
目撃者として自分は嘘をつかないので、正当に解決してほしい
という単なる希望を述べただけではないかなあと思います。
うちわの宴会で殴って怪我させた話なら悪くても実刑にはならないので、解雇はないと個人的には思うし。
ただ、巡業中に問題発生させた巡業部長の貴乃花親方と日馬富士を管理できてない伊勢ヶ濱親方は処分がいるのかなと思います。

「出ない」勇気。白鵬のカチ上げと張り差し対策に一つの回答を見た、九州場所。

カチ上げと張り差し対策、大変興味深いです。白鵬にやられても、遠藤他、若手力士達が【自分の相撲】を貫いている姿も素晴らしいが、やっぱり、どこかで研究して、なんとか突破口を見つけてもらいたいです。貴殿のこの記事を読んで、初場所が今から楽しみになりました。

「「出ない」勇気。白鵬のカチ上げと張り差し対策に一つの回答を見た、九州場所。」へのコメント

白鵬が追い求める後の先を、嘉風が体現しちゃったもんなー
よく見るコメントの流れは
かち上げは危ないという定義に対して
脇が開くから完全無敵の技ではないと、信者が擁護して、挙句食う方に問題がある
というのをよく見るけど
誰もガチガチに固めた右肘のサポーターには触れないんだよなぁ
まぁ嘉風の立ち合いが、今後安易にかち上げさせるのを防ぐ抑止力になるのでは?
自分は大関から横綱初期に見られた
立ち合い左上手を確実に取りに行く、あの白鵬の立ち合いが好きです
アンチじゃないけど、あの万歳三唱はいらんかったなー
今後の供述次第で自身も危ういの分かってるのかな?
当事者がそうやすやすと新年迎えられるとは、俺は思えません

こんな記事も読みたい

観戦記1368 K-1 城戸康裕vs木村ミノル【人生マイペンライ】

白鵬よ、相撲が誤解される今だからこそ、伝わる相撲を取ってくれ。【幕下相撲の知られざる世界】

世間の関心は所詮、白鵬の優勝よりも日馬富士事件なのか【briLLiant road】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・TokyoFM「Timeline」(2017年12月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・政経電論(2017年12月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:2512
  • 累計のページビュー:13569128

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss