幕下相撲の知られざる世界

稀勢の里よ、綱を取り戻せ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、稀勢の里ではない。 逸ノ城に敗れた時に、そう思った。

これは、横綱ではない。 宝富士に敗れた時に、そう思った。

思えば私は、稀勢の里に過剰に何かを求めてきた。強大な大横綱に挑み、素晴らしい相撲を取り、彼の時代が訪れることを心待ちにしてきた。想像を超える素晴らしい勝利に心震えさせた翌日に、有り得ない失態を犯して落胆する。

落胆しながらも素晴らしい相撲があったからこそ、稀勢の里は稀勢の里だった。裏切られて、もう相撲は見るまいと思いながらも、それでも結局見てしまっている。そしてまた、裏切られている。そんなことの繰り返しだった。

だが、今思えばあの日々は楽しかった。 何故なら、そこには可能性があったからだ。

そして稀勢の里は遂に報われた。 初優勝。 そして、怪我を乗り越えての連覇。

あの二場所は、全てが最高だった。

あの頃が素晴らしかったからこそ、そして、そこに至るまでの物語があったからこそ、報われずとも稀勢の里には何かを期待してしまう。そう。それがたとえ絶望的な怪我を負ったとしても。

5月場所と7月場所。 私は稀勢の里に物語を求めた。 だが、それが出来ないことを知った。

9月場所を全休し、出場を選んだ九州場所で私は何かが変わることを望んだ。だが、その姿は変わり果てていた。

左が使えない。ならば休めばいい。休んで万全にすればいい。だが、その左が戻らない。何故左を使う相撲からのモデルチェンジをしないのに、休む決断をしないのか。出来ないのか。する勇気が無いのか。立場がそうさせるのか。

左が使えないなら、他を鍛えればいい。だが下半身は衰え、勝てる形に持ち込んでも安定しない。それどころか、左が使えても下半身が足を引っ張って勝ち切れない。鍛えられなかったのか。鍛える気がなかったのか。

こんな相撲に、一体誰がしてしまったのか。 それほど今の稀勢の里は、無惨だ。

稀勢の里が負ける。 有り得ない相撲で負ける。

横綱に昇進するまでの私は、そういう姿を目の当たりにするたびに仕事が手につかぬほどショックを受けてきた。幕下に目を向けて気分を紛らわせた。だが、考えるのは稀勢の里のひどい相撲のことばかりだった。

今は、違う。

連日のように稀勢の里は変わり果てた相撲で敗れている。このような相撲で敗れる姿に、私はもうショックを受けなくなっていた。

そのことが、ショックだった。

稀勢の里に期待するまいと予防線を張っていた頃はまだ幸せだった。報われる可能性が毎場所見られたのだ。15日の中で1日は想像を絶するような相撲を見せてくれたからだ。

だが、九州場所の稀勢の里には可能性を感じない。 そう。 光明が見出せないのだ。

横綱は孤独だ。 敗れてはならない。 そして、土俵外でも手本にならねばならない。

横綱は、強くなければならない。 強くない横綱など、必要ない。 だからこそ、横綱なのだ。

休む権利を持つ代わりに、出たら勝たねばならない。勝てないのであれば、休めば良いのだ。批判されることもあるが、それもまた勇気だ。

稀勢の里が横綱である限り、強くなければならない。横綱に勝つことは名誉でなければならない。金星を与え続けてはならない。

残念ながら、悔しいことだが、悲しいことだが、今の稀勢の里は横綱ではない。地位は横綱だが、横綱の務めを果たしているとは言い難い。

このような相撲を取り続けることは、横綱としてあってはならない。土俵に立ち続けることが横綱の責務であると考えているのであれば、考え直してほしい。今の酷い相撲を取り続けてでも土俵に上がることは、横綱の地位を汚すことに繋がってしまっているからだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
頑張れ、稀勢の里。
今の稀勢の里は、無惨だ。
これは、横綱ではない。
これは、稀勢の里ではない。

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「稀勢の里よ、綱を取り戻せ。」へのコメント

横綱になってからの稀勢の里は、
「なんか具合悪いけど横綱だから出よう、星が上がらなければ無理やり悪い場所に病名つけて休もう」
というやり方にしか見えません。
単に怪我してるだけでなく、稀勢の里の最大風速でやっと期待値に応えられる横綱という地位の重さに心を病んでるのではないか?と思ってます。

稀勢の里よ、綱を取り戻せ。

逸ノ城戦は「稀勢の里の」「横綱の」相撲どころじゃない。相撲という競技ですらなかった。
小錦さんが稀勢の里の横綱昇進時に「今回の昇進を逃したら、いつ日本出身の横綱が生まれるか分からない。横綱稀勢の里はどうしても必要なのさ」とコメントしてから1年経っていない。

「いつ日本出身の横綱が生まれるか分からない」状況は変わっていない。
横綱稀勢の里はどうしても必要だろうが、今回の休場の病名は「腰部挫傷、左足前距腓靭帯損傷」だ。春場所で痛めた左肩じゃない。綱を取り戻すのは厳しいんじゃないか。

すべては栃煌山戦

6日目。栃煌山戦の後の稀勢の里の「異変」。懸賞金を受け取る時の稀勢の里の不安そうな、緊張感あふれる表情。これが勝った力士なのか?わたしは、「ああ、また左をやってしまったな…」と、絶望的な気分になりました。
しかし、わたしが感じた異変を誰一人指摘する人がいない。わたしの思い過ごしなのか…。そうであってくれ。わたしは祈りました。
次の7日目。北勝富士に負けた稀勢の里。でも、思いの外左は使えている気はする。
そして、9日目の休場発表で、すべてを悟りました。
栃煌山戦の後の、あのこわばった稀勢の里の表情の原因は手ではなく、足と腰だったのかと。
左腕をかばうが故の新たな怪我。またしても…。
気づかなかった人はビデオで見て欲しい。栃煌山戦の後の稀勢の里の表情を。
それから3連敗、そして休場。
やはり、わたしの思い過ごしでなかった気がする。

稀勢の里よ、綱を取り戻せ。

左を使わなくても組める取り方も重要ですが、休場中に減量も考えたほうがいいような気がします。
30代で今の体重は膝の負担が大きすぎます。筋肉は鍛えれても靭帯は鍛えられないので、160㎏くらいの体重で取れるよに型をマイナーチェンジした方がいいのではないでしょうか。
好調なときはなかなか変化を受け入れがたいでしょうが、30代の稀勢の里を完成させるいい機会だと思います。

こんな記事も読みたい

吉田万里子引退興行に寄せて【プロレスファンタジスタン】

白鵬のV40という偉業達成が大きく盛り上がることを強く願う【独断と偏見の相撲ランキング】

観戦記1366 UFC214 ロビー・ローラーvsドナルド・セラーニ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1633
  • 累計のページビュー:13494928

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss