幕下相撲の知られざる世界

日馬富士の一件で、「にわかアンチ相撲ファン」に振り回されるな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の昼頃、一つのメッセージが入った。 とある情報番組の電話出演依頼だった。

日馬富士の事件を受け、貴乃花親方と伊勢ヶ濱親方の関係性と、モンゴル人3横綱の関係性。この二つについて聞きたいということだった。私の知る限りのことを話し、気がつくと電話インタビューは1時間にも及んでいた。

今日放送の番組の中で、そのインタビューは放送されるとのことだった。こういう事態ではあるが、何かの形で役に立てればという想いで依頼を承諾した。私の経歴を説明し、顔写真もお送りした。こういうものなのかと思った。

だが、そのインタビューは何一つ放送されなかった。 そう。 インタビュー後に事態は一変したからだ。

白鵬が記者会見でビール瓶を使っての暴行が無かったと主張した。かと思いきや、アイスピックという凶器の存在が浮上している記事もある。そして、日馬富士の幼馴染という女性の証言も飛び出した。

親方同士や横綱同士の人間関係による推測という次元の話よりも、具体性のある新情報という次元の話の方が説得力がある。私の出番はこのような形で終わった。

もう何が正しくて、何が間違っているのか、 情報と登場人物だけが増え、事態は混乱し、我々は困惑している。

今のところ確かなのは、日馬富士が貴ノ岩を殴った。 この一点だけである。

この問題を取り扱うメディアの姿勢も疑問だ。この場を借りて説明したいのが、テレビ報道で貴ノ岩の顔面がアザだらけの写真が多く用いられているが、あれは今回の事件後のものではない。昇進時の会見で撮影されたものだ。嘘だと思ったら「貴ノ岩」「昇進」というキーワードで検索するといい。アザだらけの貴ノ岩が貴乃花親方と握手している画像が出てくるので、興味がある方はぜひご確認いただきたい。

さて、情報が錯綜する中で非常に困ったことが起きている。悪い方の情報だけを鵜呑みにしている人が後を絶たないのである。

状況が不明確なのに日馬富士を「人殺し」と言ったり、解雇しろと言ったり、果ては懲役などという言葉まで飛び出る。具体的な処分は事実関係が明らかにならねば下せないにもかかわらず、だ。

その矛先は私にまで向けられる。 発言を引用し、話してもいないことを主張したことにされてしまう。引退以外で然るべき処分を模索してほしいと主張しても、どういうわけか全て許してほしいと言ったことにされている。

こちらの意見を聞いた上での反論であれば何も言うことはない。そして、主義主張が異なればそうですかで済む。だが、一つの主張のために、日馬富士を辞めさせるために人の話も聞かず、情報も得ずに突っ走る人が大勢居ることにはある種の恐怖を禁じ得ない。

考えてみると、こういうことは頻繁に起きている。良くない事件が発生すると、袋叩きにしに来る人は山ほど居るのである。これは、誰もが発信できることの弊害なのだろうか。

何が彼らをそこまで動かしているかは分からない。ただ、やらかした誰かを徹底的に叩く。よく調べずに、事実関係も背景も調べずに、非を声高に主張して彼らは叩き続ける。少し前にその対象は、小池百合子だったのかもしれない。その少し前は、宮迫だったのかもしれない。

少なくとも共通しているのは、彼らは相撲を殆ど見ていないということだ。言わば「にわかアンチ相撲ファン」である。そして、困ったことにそういう彼らの主張こそが、世論の形成に一役買っているということなのだ。

彼らを納得させなければ、事態はそう沈静化しない。だからこそ今の時代に求められるのは彼らが暴れる前に収めるか、彼らに目を付けられたら想像以上に厳しいペナルティを課すしか無いのである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
最新相撲事情考察
タグ:
「にわかアンチ」が恥ずべき行為だという風潮を作ること。
まずは相手にしないこと、振り回されないこと。
にわかアンチ
にわかアンチ相撲ファン

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

おっしゃる通り

普段、相撲を見もしない人達が鬼の首を獲ったかのように騒ぐ様は異常に思います。
日馬富士が一番悪いのは当然。
しかし、それよりも貴乃花の異常性が際立つように思います。
喧嘩をあたかも大事件に仕立て上げて、
貴乃花自身の私利私欲の為に利用している気がしてならないのです。
いろいろな意見はありますが、モンゴル勢が大相撲の屋台骨を支えているのは事実です。
ここは、貴乃花のエキセントリックな言動に惑わされてはいけません。
何れにしろ、日馬富士=悪 貴乃花=善
は大きな間違いだと思うのです。

「日馬富士の一件で、「にわかアンチ相撲ファン」に振り回されるな。」へのコメント

去年ゲスの極み乙女。を叩いていた人のほとんどはもともとゲスの極み乙女。の音楽を聞いていなく、叩きたいだけの人。


というのに似ている気がします。
 

日馬富士の一件で、「にわかアンチ相撲ファン」に振り回されるな。

ただでさえ悲しい事件なのにさらに外野から罵声が浴びせられるんですもんね
たまらんですよ
この「にわかアンチ」というのは最も確度の低い情報でも最も過激なものに飛びつきがちだし
八百長などの過去のワードを言いたいだけだし
ほんとに始末に負えません

被害届が出ている以上、この一件はもはや警察にすべてを任せ、捜査結果の発表があるまでただ待つのみでありましょう
私にできることは今進んでいる場所をできる限りいつも通りに応援するだけです

「日馬富士の一件で、「にわかアンチ相撲ファン」に振り回されるな。」へのコメント

とても良くわかります。
「にわかアンチ相撲ファン」ほど横綱の品位や協会の体質というワードを持ち出して、自分と対照的な好角家(この言葉あまり好きではないですけど)のふりをしたがるんですよね。

さらにそういう人たちにとっては日馬富士はただのモンゴル人力士の1人でしかない、その事が何より残念です。

こんな記事も読みたい

大橋が12.1に日本タイトル初挑戦へ!【角海老-ボクシングコラム】

日馬富士暴行事件 (Part 2) - 真実はどこにあるのか【ネットの時代 - 言いたいことをありがたく発信させて頂きます- 】

日馬富士の事件について【スポーツ観戦やぶにらみ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・TokyoFM「Timeline」(2017年12月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・政経電論(2017年12月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:2512
  • 累計のページビュー:13569128

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss