幕下相撲の知られざる世界

日馬富士暴行疑惑に、厳しい処分を求める理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝耳に水とは、正にこのことだ。 日馬富士が、貴ノ岩をビール瓶で殴ったというのだ。

怒りというより、困惑。 困惑というより、動揺。 それが、この不祥事疑惑に対する私の印象だ。

まずは事実関係を究明してほしい。ただ、これだけのことが表沙汰になった以上、事実無根ということは恐らく無いだろう。

問題は、この後の処分ということになる。

一日馬富士ファンとしては、寛大な処分を求めたい一方で、相撲ファンとして、相撲ライターとしては一般人にも届く程度の処分を求めざるを得ない。

言うまでもなく、日馬富士は人気低迷期の大相撲を支え続けた横綱だ。小さな体で全身全霊という言葉に相応しい相撲と生き様を見せ続けてきた。その生き方を象徴するのが、先の9月場所の優勝だった。

怪我人が続出する中で、自身も不調に喘ぐ中でも、彼は出場することを選び、最高の結果をもたらした。あの15日間を私は忘れることは無いと思う。それだけ素晴らしい精神性と、力士としての強さを2ヶ月前日馬富士は見せてくれた。

だからこそ、その対極にある今回の暴行事件は罰せられねばならない。

数年前にああいう問題が起きた。力士たちは目の前の力士との闘いではなく、世間の好奇の眼差しとの闘いを求められた。そして、地道な努力の甲斐あって、大相撲は信頼を回復した。

そういう生き様が共感を得たからこそ、あの時の不祥事は許された。一人一人の力士、親方、協会関係者の弛まぬ努力の賜物と言えるのが、一年で最も観客動員の厳しい九州場所2日目の満員御礼という結果だ。

そういう大相撲の信頼、相撲に関わる全ての人間が積み重ねてきた信頼を一瞬にして壊しかねない、いや、壊してしまう事件を起こしたことになってしまうのだ。

日馬富士が与えてくれたものは、計り知れない。 だが、今回のことが事実であれば、壊したものも計り知れないのである。

まずは、真相の究明を。 そして、信じたくはないがこれが事実であれば、相応の裁きを求めたい。

寛大な処分は、本人のためにも大相撲のためにもならない。それを一番わかっているのは、他ならぬ日馬富士自身なのだから。

◆トークライブのお知らせ◆ 12月2日18時より錦糸町丸井のすみだ産業会館でトークライブ「第4回幕内相撲の知ってるつもり⁉︎」を開催します。今回のテーマは「数字で振り返る、2017年の大相撲」です。今回は土曜日に行いますので、普段来られない皆様もふるってご参加ください。お待ちしております。

なお、参加ご希望の方は以下の予約サイトよりご登録下さい。 トークライブの予約サイトはこちら。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

◇Instagram◇ 幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
外国人力士
タグ:
寛大な処分は、本人のためにも大相撲のためにもならない
これが事実であれば、相応の裁きを求めたい
まずは、真相の究明を
貴ノ岩
ビール瓶
暴行
日馬富士

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「日馬富士暴行疑惑に、厳しい処分を求める理由。」へのコメント

事実でないならさっさと相撲協会への名誉毀損でスポニチを訴える必要があるのに理事でもある貴乃花親方がノーコメントなのは、
「かわいがりの延長戦とみなされてあわよくば世間が忘れてくれないかなあ」
という認識だからでしょう。
さっさとクロにして横綱を解雇して逮捕させるだけならそんなに大層なことではないですが、それによってBPOとやらに煽られたNHKが放送止めるのはまず間違いないだろうしそうなると興行自体できるかどうか・・・
そうなると貴ノ岩も貴乃花親方も詰んでしまうわけです。
貴乃花親方だけでなく速やかにかつせめて日馬富士以外の力士がつつがなく生きていける方法を必死に探していると思われます。

こんな記事も読みたい

九州場所で巻き起こる、自然なコール。相撲文化の変質という現実に向き合え。【幕下相撲の知られざる世界】

井岡一翔はジム移籍をするべきではないか【スポーツ えっせい】

観戦記1393 WBOアジアパシフィック・ウェルター級王座決定戦 小原佳太vsナロン・ボーンチャン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:22152
  • 累計のページビュー:13326684

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss