幕下相撲の知られざる世界

千代大龍の引きにケチを付けられる「喜び」。

このエントリーをはてなブックマークに追加

幕下15枚目格付出デビューという経歴。 豪快な突き押し。 そして、十両転落からの復活。

今場所の千代大龍の充実ぶりは素晴らしい。

9月場所の千代大龍はまず、立ち合いで圧倒する。教えてもらって驚いたのだが、彼は実は190キロあるのだという。威力は体重に裏打ちされているのだ。この立ち合いを何とかしなければ、勝負にならない。それほどこのスタイルは脅威になっている。

立ち合いでアドバンテージを得てからのクレバーさも見事だ。強い力士を相手にした時、優位に相撲を進めるとどうしても慌ててしまうことがある。白鵬が不利な状況でも強いのは、こういう時に相手が付け入れないことが大きな理由なのだが、今場所の千代大龍は違う。

勢いで勝負を決めなくても、十分に勝てる。 だから、自滅しない。

かといって勝負どころで大事に行きすぎて形勢逆転されることもない。積極的に行きすぎて前のめりになる訳でもなく、守りに行き過ぎて立て直すチャンスを与えるでもなく、有利な状況で相手を追い詰める。そして、勝っている。

これは、私が3年くらい前に次の大関は誰かという質問に対して「千代大龍」と答えていた頃の千代大龍だ。強い時は手が付けられない。彼が強い時は、横綱も大関も関係ない。そういう千代大龍を見られることは無いかもしれないと考えていただけに、突然の復活、突然の爆発に戸惑いながらも喜びを感じている。

だが、一方で強い頃の千代大龍を観ていた頃のことを、私は思い出した。そう。強いのだが、不満なのである。

千代大龍の相撲を凄いと思うことは多々あるのだが、不思議なほどそれと同じくらいケチを付けたくなる。

千代大龍の相撲を語る上で欠かせないのが、引きだ。強烈な押しよりも、彼の代名詞は引きと言ってもいいのかもしれない。いや、これほど引きをメインに語られる力士は居ないのではないだろうか。

稽古場では誰も引きを教えてくれない。これは何を隠そう、千代大龍が言ったとされる言葉である。細かいニュアンスは異なるかもしれないが、彼には引きの哲学があり、それに準じて引いているのである。

ただ裏を返すと、誰も教えてくれない技術であるということは、それだけ王道ではないということだ。突きや押し、四つ身について声を張り上げ、厳しく指導する親方は数多居るが、引きを推奨する親方を私は観たことがない。

引きとは、そういう技術なのである。

どうしても、楽をして勝とうとするように見える。土俵の中の姿を生き様として捉えようとした時、引きはネガティブに映りやすい行為なのだ。だからこそ、引きを肯定的には捉えにくい。

例えば阿武咲や貴景勝が押しながら引くことがある。こういう時の引きを勝負所のクレバーさとして捉えることもある。千代大龍は、その限りではない。何が違うのかを考えてみると、恐らくそれは、若い力士がなりふり構わず上位を相手に勝ちをもぎ取ろうと必死なことを知っているからだ。

そして、なりふり構わなければ上位を相手に勝てない実力であることも同時に知っているからなのである。言い換えると、まだまだ劣っている認識があるからこそ、引きはそれほどネガティブには映らないのではないかと思うのだ。

千代大龍は、違う。

もうそういう立場の力士ではない。そして、引きを使わなくても十分に勝てるほどの威力を持っていることを、私は知っているからだ。引きに頼らない相撲を取れば、更に魅力的に映るのに、まだ引きグセが治らない。治す気がない。そういうところが、不満なのである。

ただ私は千代大龍を観て、強いと感じると同時に久々にこの手の不満を抱いた。考えてみると、千代大龍に不満を抱いているのは、勝っている時だ。調子の良い時だ。久しぶりに、私はそんなことを思い出していた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大卒力士
タグ:
実は190キロ
強いのだが、不満なのである
引きはネガティブに映りやすい行為なのだ
千代大龍に不満を抱いているのは、勝っている時だ
引き
明月院スペシャル
MSP
千代大龍

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

千代大龍の引きにケチを付けられる「喜び」。

>>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00007149-nksports-fight
>>人生で1番緊張したのは、マージャンで大四喜(ダイスーシー)をテンパったとき」という強心臓の持ち主が「久しぶりで緊張しました」とうそぶいた。それだけうれしい勝ち越しでもあった。
このマージャン、仲間内で気軽にやるレベルじゃないよなあ。日刊スポーツさんもこの記事載せないほうが良かったんじゃないかと思うけどね。マージャンではないけど、優勝争いのトップの豪栄道は出場停止喰らったことがあるからねえ。

で、ヤンチャで図太い力士かと思ってたら、
>>千代大龍3敗悔し…報道陣避け支度部屋の外へ直行
>>https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201709200000655.html
本気で優勝狙ってたんだ。
重度の糖尿病で網膜剥離や緑内障や両足血行障害まで併発しているのに、体重190㎏って健康管理ちゃんとできてるのかな。今場所の優勝の可能性は少なくなったけど、一度賜杯持たせてみたい力士だ。

こんな記事も読みたい

男の打ち合い結果はドロー! アルバレスに謝罪し、ゴロフキンに敬意を表します【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

【大相撲】千代の国関・9月場所六日目~十日目感想【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

観戦記1370 WBA&WBC&IBFミドル級王座戦 ゲンナディ・ゴロフキンvsサウル・アルバレス【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:396
  • 累計のページビュー:13044980

(10月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss