幕下相撲の知られざる世界

波乱の9月場所で私が平幕優勝を期待し、恐れる理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

9日目終了。

優勝争いのトップは、豪栄道。 2敗で阿武咲を始めとする平幕力士が続く。 日馬富士は、3敗だ。

何が起きるか、全く分からない。 あと6日間で、どのようなドラマが待ち受けているのか。 楽しみで、怖い。

終盤戦に稀勢の里が勝負弱さを見せるのではないかと不安に思ったことは、星の数ほどある。相撲を観ていて怖さを覚えるのは、期待と裏返しの結末がちらついた時だ。だが、今回の怖さというのは意味合いが異なる。

そう。 優勝の重みが保たれるかが、怖いのである。

優勝には、格が有る。横綱や大関が強さを見せる中、その場所で一番の活躍を見せた力士が勝ち取るのが、優勝というものだ。だからこそ、関脇以下の力士が優勝するのは特別なのだ。

ただ、平幕優勝という事例も過去には有った。私が知る限りで印象深いのは琴富士だ。彼の優勝が劣っていた訳ではない。あの場所で素晴らしい相撲を取っていた。何かが憑依したように勝ちを重ね、気がつくと優勝していた。横綱や大関が優勝するところしか見たことが無かった私には、衝撃的だった。

そういう優勝もある。15日間で最も良かった力士が掴み取ることも、あるのだ。琴富士以降も何度か平幕優勝を目の当たりにし、私はそういうことも有ると理解していた。数年に一度、波乱に身悶えしても良いのではないかと思っていた。

今は、違う。

この数年で、優勝のハードルは上がった。優勝の価値を白鵬が、日馬富士が、鶴竜が、そして、稀勢の里が高めたのである。照ノ富士の初優勝も、琴奨菊の日本出身力士として10年ぶりの優勝も、豪栄道の全勝優勝もその格に相応しいものだったのである。

今の平幕力士達が、果たしてそれだけの説得力のある優勝を見せてくれるのか。15日の狂い咲きだとしたら、それは私がここ数年見届けてきた優勝とは異質のものではないだろうか。

だからこそ、怖いのである。

仮に平幕優勝だったならば、波乱だったと振り返る以外の何かが有ってほしい。優勝した力士にはその後更に活躍してほしいし、歴史の転換点であってほしい。阿武咲に期待するのは、後で振り返った時にこの場所がターニングポイントになる、そういう期待を抱ける力士だと思うからだ。

では大翔丸は、どうだろうか。 千代大龍は、どうだろうか。 貴ノ岩は、どうだろうか。

私には分からない。ただもし彼らが今場所優勝するならば、白鵬達が高めた優勝に相応しい力士になってほしい。今の優勝とは、重いものなのだ。

あと6日で、優勝は決定する。 期待と恐れを抱きながら、優勝の重みに身悶えしたい。

◆トークライブのお知らせ◆

9月20日19時30分からトークライブ「幕内相撲の知ってるつもり!?」を開催します。今回のテーマは「力士と怪我」。普段公開し難い残酷過ぎるデータを公開しながら、怪我にどう向き合うべきなのかを考える2時間にいたします。

これらの内容は文脈を読んでもらえないと言葉だけが独り歩きする恐れがあるので、クローズドな環境で発表することをお許しください。興味がある方は、以下の予約サイトよりご登録くださいますようお願いします。 予約サイトはこちら。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

◇Instagram◇ 幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
最新相撲事情考察
タグ:
15日間の狂い咲き
この数年で、優勝のハードルは上がった
優勝には、格が有る
千代大龍
貴ノ岩
大翔丸
阿武咲
琴富士
平幕優勝

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

国技館のいやげもの、2017年9月。〜まさかのリニューアル編〜【幕下相撲の知られざる世界】

【Wrap-Up】ゴロフキンvsカネロ〜【Perspective】リナレスvsキャンベル【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

試合自体は面白かったゴロフキン-カネロ戦だったが【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:396
  • 累計のページビュー:13044980

(10月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss