幕下相撲の知られざる世界

4横綱最後の砦:日馬富士。苦境に喘ぐ中、日本人より日本人らしい生き様に期待する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2勝3敗。 上位との対戦を残して、この成績だ。

本来ならば、成績の悪い力士には滅法厳しい横綱審議委員会の諸先生方がここぞとばかりにマスコミの前で苦言を呈することだろう。実に簡単な仕事だと思う。

そしてマスコミもまた、本来ならばこういう成績の力士に対しては意地の悪い記事を書くことになる。「金星配給が歴代何位」みたいな、通算在位場所数を考慮に入れずに書くのだから、スポーツ新聞や夕刊紙というのも実に簡単な仕事だと思う。

日馬富士は、本当に難しい立場だと思う。

横綱は、強くなければならない。 横綱は、強いからこそ横綱なのだ。

人格や模範となる行動は品格という言葉で評される。横綱には土俵を降りた後の生き様も見られてはいるが、成績が伴わなくても品格が有れば許されるというものではない。

横綱は、品格も強さも求められる。だから、今の日馬富士は本来横綱としては役割を果たしていないと捉えられても仕方がないのである。

ただ、今場所の場合は事情が異なる。

他の3横綱が既に休場し、大関高安も平幕も休場者が続出している。この非常事態に於いて軽々しく休場を勧告することなど、誰に出来るというのだろうか。

想像してほしい。

4横綱が全員休場するという事態を、最後の一人になった横綱が受け入れることがどれだけ耐え難いことか。自分一人の批判ならまだしも、横綱全体や相撲界全体が批判されるのだ。

そう。 日馬富士は、最後の砦なのだ。

そう考えるのはひょっとしたら日本的なことなのかもしれない。自分一人の不振を相撲界全体として捉えられることを、理不尽に感じることが自然なことなのかもしれない。

日馬富士は、日本人が好む力士だと思う。

体は小さいが、誰が相手でも手を抜かないし、真っ向から勝負を挑む。最初は彼も、なりふり構わぬ相撲を取ることもあった。ダメ押しをすることもあった。その度に大きな非難を受けた 。

ここで変わらない、変われない、変えない力士も大勢いる。そういう力士は次第に期待されなくなる。特にそれは外国人力士に顕著だ。

だが、モンゴル人の日馬富士は批判に真摯に向き合った。彼は単に、してはならないことをしなくなった訳ではない。その証拠に、日馬富士は近年批判されるような行動は一切無い。

外国人力士が相撲の精神性を理解するのがどれだけ難しいことか。それは他の力士がふとした拍子に議論を起こすような事件を起こすことからも明らかだ。

誰よりもフェアで、日本人よりも力士であることに向き合い続けた日馬富士は、不調でありながら最後の砦を守ろうとしている。星が上がらないという逆境でも、彼はその姿勢を貫いている。これがどれだけ重いことか、お分りいただけるだろうか。

だから、私は今の日馬富士を批判することはできない。

願わくばここから調子を上げて、15日間完走してほしい。生き様と強さを、見せてほしいのである。この非常事態だからこそ、頼れるのは日馬富士だけなのだ。

休場しても、責められない。 そういう厳しい状況だ。

ただ、これは日馬富士のドラマだ。 白鵬のドラマや稀勢の里のドラマがクローズアップされることが多かっただけに、今私たちは日馬富士に向きうチャンスを得ている。

今一度、日馬富士の真骨頂を見せてほしい。 相撲の力、横綱の力、そして、日馬富士の力。 全身全霊の凄みに、期待したい。

◆トークライブのお知らせ◆

9月20日19時30分からトークライブ「幕内相撲の知ってるつもり!?」を開催します。今回のテーマは「力士と怪我」。普段公開し難い残酷過ぎるデータを公開しながら、怪我にどう向き合うべきなのかを考える2時間にいたします。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
横綱
タグ:
誰よりもフェアで、日本人よりも力士であることに向き合い続けた日馬富士
苦境
2勝3敗
日本人が好む力士
4横綱最後の砦
日馬富士
全身全霊の凄みに、期待したい

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

4横綱最後の砦:日馬富士。苦境に喘ぐ中、日本人より日本人らしい生き様に期待する。

nihiljapkさん、コンバンハ。標記の「日本人より日本人らしい生き様」というフレーズにとても痺れました。
横綱は今日6日目も目いっぱいの相撲で勝ちを収めました。まだまだ苦境が続いていますが、頑張って欲しいと思います。今日のスポーツ報知の記事は「日馬富士、休場ピンチも横審出場厳命…3日連続金星配給も史上初の4横綱不在阻止へ」という見出しですが、3横綱が休場し「自分は休まれない」と頑張っている横綱に対しリスペクトがありません。マスコミなんて所詮そんなもので、相撲文化をリスペクトする私としてはそんな下衆な足引っ張りには動揺しないつもりでいます。

4横綱最後の砦:日馬富士。苦境に喘ぐ中、日本人より日本人らしい生き様に期待する。

正直、日馬富士は特に好きでも嫌いでもなかったのですが(でもさらに正直をいうと、横綱の中では稀勢の里の次に好きですが)、しかし、3横綱休場となってしまった今場所、【横綱の責任】を果たそうとしているその姿に感銘しています。多分、一人横綱の責任を感じすぎてしまい、どこかで歯車が狂ってしまった?!のでは?!と思います。特に今日から同部屋の照ノ富士まで休場になったので、ますます休場をしずらいと感じているのではないでしょうか。でも、もともと、怪我だって完治しているわけでなし、夏巡業だって、途中から出たくらいだったし、万全な体調ではないことは明らか。途中休業を決めたとしても、責められる人はいないです。もちろん、今日の結びで快勝!!!となり、それがきっかけで、いつもの勢いのある日馬富士の相撲が戻って来てくれ、千秋楽まで勝ち星を増やしていけたら!!!と祈ってはおりますが、、、。

4横綱最後の砦:日馬富士。苦境に喘ぐ中、日本人より日本人らしい生き様に期待する。

「支持する」を100回ぐらい押したいです
素晴らしい記事をありがとうございました。

4横綱最後の砦:日馬富士。苦境に喘ぐ中、日本人より日本人らしい生き様に期待する。

今回の記事、読んでいて涙が出ました。日馬富士のファンというわけでもありませんでしたが…。ありがとうございます。

こんな記事も読みたい

観戦記1368 UFC on FOX 24 ホナウド・ジャカレイ・ソウザvsロバート・ウィテカー【人生マイペンライ】

IBF世界王者の小國が初防衛に失敗、引退表明【角海老-ボクシングコラム】

【大相撲】千代の国関・9月場所一日目~五日目感想【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:6833
  • 累計のページビュー:13021256

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss