幕下相撲の知られざる世界

【読者参加企画】若年層を相撲ファンにするために、今すべきことは何か。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チケットは数時間で売り切れ。 大阪場所千秋楽の瞬間最大視聴率は33%。

大相撲人気、ここに極まれり、である。

そろそろ9月場所のチケットが発売されるが、初めてインターネットで購入を検討されている方は、気をつけたほうがいい。というのも、チケット購入サイトにアクセスが集中するので、購入画面にさえ中々アクセスできないのだ。

購入画面にアクセスできたら、次は購入処理が完了することを祈ることになる。長い待機時間の末に、エラー画面が表示される。購入画面に到達し、ドキドキしながら購入完了を待っていたのに、この仕打ちを受ける。これは心が折れる。おそらく私は仲間が3人居なければ、当日券のパワープレイでいいやと諦めてしまったことだろう。

インターネットに振り回されながら、気がつくと心は振り回されなくなる。購入失敗とアクセス不可を繰り返しながら、そういうものだという諦めが生まれる。1時間もすると敵が少なくなるのか、だんだんと購入画面に移動する機会が増えてくる。ようやく購入できた時には、良い席は売れてしまっている。

だが、それでもこの苦労を経て購入に辿り着くと、喜びもひとしおだ。9月場所のチケット購入を考えている方は、一つ覚えておいてほしい。実は「チケット大相撲」以外にもローソンチケットなど、購入可能なサイトは別にも存在しているのである。

恐らくアクセスが集中するせいか、チケット大相撲での購入とローソンチケットでの購入を同時進行で行ったところ、購入画面に遷移する機会ははるかにローソンチケットのほうが多かった。あくまでも経験則だが、複数のサイトを同時に利用するのが一つの手段である。

さて、こういったエピソードを経験すると大相撲人気の凄さを現場レベルで実感することになるわけだが、どうにもわからないことがある。

そう。 この相撲人気は誰が支えているのか、ということである。

現場に出れば、コアな相撲ファンが居ることなどすぐ分かる。だが、実生活の中ではどうだろうか。職場で野球ファンは少なからず居るだろう。サッカーの代表戦の当日と翌日は、一度はその話題が出るだろう。

考えてほしい。 大相撲は、どうだろうか。

相撲ファンの横の繋がり以外で、誰かと相撲の話をすることは有るだろうか。私の場合は相撲クレイジー過ぎるので、逆に相撲の話を振られるケースが多いのだが、そこまでオープンにしていない方は果たしてどうだろう。

当ブログの観戦会やトークライブに来る方の多くは、横の繋がりを持たないと聞いている。普段は一人で見ているからこそ、誰とも相撲を共有できないからこそ、同志を求めて36歳のおじさんのイベントに足を運ぶことになるのだ。

だが、そういうコアなファンはハッキリ言って特殊だ。視聴率33%の大半は、そこまで積極的に行動することはない。あくまでも、17時くらいから何も無ければなんとなくテレビのチャンネルをNHKに合わせて、なんとなく相撲を見る。そんな程度だ。

そんな程度の相撲ファンの生態が、まるで分からないのである。

コアなファンを作ることはもちろん重要だ。彼らが主体的に行動することによって、経済活動が生まれる。彼らを作ることこそ重要なのである。

しかし、コアなファンも元はビギナーだ。なんとなく見ているレベルから、相撲の面白さに触れて、コア化することになる。ライトなファンを数多く作りながら、コアファンに転換させるための施策が必要になる。

私はコアなファンと会い過ぎているために、ある意味本当の相撲人気を支えているライト層のことを殆ど知らない。白鵬の取り口についてどう考えているのか、誰が人気なのか、何を思い、何を求めて相撲を見ているのかがまるで分からないのである。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲議論
タグ:
中高年のライト層が戻ってきた大相撲人気
チケット大相撲
ローソンチケット
相撲人気
若年層の獲得

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【読者参加企画】若年層を相撲ファンにするために、今すべきことは何か。

チケットが余りにも取りづらいのは正直、転売ヤーの買占めがあるような気もします。
なんせチケットキャンプとかを見てると普通に当日でもマス席が譲ってもらえたりしますもん。
もっとも当日ギリギリまで引き寄せないと実際の金額より高く買う羽目になりますが。

さて、35歳以上の相撲ファンが少ないという話題ですが、
普通に35歳以下の世代は35歳から45歳、45歳から55歳より単に少ないのです。
なんせ両方のレンジに45歳前後、つまり第二次ベビーブームの人たちを含みますから。

まぁ今、国技館のかなりを占めているじいさんばあさんがいなくなっても、
今のレベルのガチの興行が続けばチケットの買いやすくなった隙間を今まで手に入れづらかったもとの若い世代がしめますって。そこまで悲観してません。

「【読者参加企画】若年層を相撲ファンにするために、今すべきことは何か。」へのコメント

私は20代で、物心ついた頃から、大相撲フリークですが(今は亡き時天空が序ノ口からの連勝が22で止まった古市戦はテレビ中継見てましたし、未来の曙-貴乃花になると思った幕下での初対戦だった琴欧州vs萩原は、生で国技館で見ました)、
何よりも相撲自体の裾野を広げる事が必須だと思います。
生まれてこのかた、周りで相撲経験者というのは、直接の知り合いはおろか、人づてにすら聞いたことがありません。
10年日本出身の幕内優勝者が出なかった、20年近く日本出身の横綱が出なかった最大の要因の一つは、そもそも相撲の競技者のパイが小さすぎることにあります。
例えば、サッカーで、日本人でそれなりに欧州の一流リーグでプレーする選手が出てきたのは、それを支える何百万人というサッカー少年のリソースがあるからです。
世界的にはマイナースポーツですが、野球にも同じ事が言えます。

そもそも、多くの日本人にとって、相撲は歌舞伎のような伝統芸能であって見るものであっても、自分がやるスポーツではない。
この点を改善しないと、抜本的な改善はいつまでも起こりえないと思います。

相撲協会が財団法人として、取り組むべきは土俵の寄付やOBを指導員として、全国に派遣することでしょう。
そもそも相撲をやる人がいないのに、強い力士が出るはずがありません。
身近なスポーツとしての地位を高めれば、相撲人気は、たまたまブームで過渡的に注目されるものではなく、もっと骨太な地盤を持つコンテンツになるはずです。

「【読者参加企画】若年層を相撲ファンにするために、今すべきことは何か。」へのコメント

35歳以下の読者が実は4%くらいしか居ないんです。このブログ。それでも「そもそも読まない」の一言で片付けられるとは思わないんですよね。

せっかくコメント下さった縁ですので、今後の対策を一度お考えいただけると嬉しいです。

【読者参加企画】若年層を相撲ファンにするために、今すべきことは何か。

視点漏れがあると思います。そもそも若年層はブログを読みません。ブログのフォロワーが35歳から55歳が主というのは、このブログに限ったことではないと思います。若年層はなるべく文字を読みたくないそうです。
写真を撮ってください。動画を上げてください。
インスタグラムをやれば若い女性が見るし、ユーチューバーになれば小学生が興味を持つと思います。
ブログはライトなファン層からは遠いところにあります。若年層に言わせればTwitterも過去の遺物だそうです。

こんな記事も読みたい

1990年闘魂スペシャル63、新日本プロレスパンフ 96・1・4 武藤対高田、96・4・29 高田対橋本、99・4・10 蝶野対大仁田、99・8・28 ムタ対ニタ【極上の“T-1二見激情”見参】

権威だけの組織は要らない。横綱審議委員会よ、稀勢の里を止めてくれ。【幕下相撲の知られざる世界】

「舞の海さん、まだ文句ある?」横綱白鵬が新記録達成で勝利宣言【大相撲コラム 私は見た!】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1573
  • 累計のページビュー:12810284

(08月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss