幕下相撲の知られざる世界

権威だけの組織は要らない。横綱審議委員会よ、稀勢の里を止めてくれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかすると、彼らは一番良い仕事をしたかもしれない。 ニュースを見た時に、私はそう思った。

そう。 横綱審議委員会が、怪我から立ち直れずに居る稀勢の里に9月場所の休場勧告をしたのだ。

確かに私は考えていた。一体誰がどう言えば稀勢の里は休むのだろうか。本場所で自分の相撲が取れないということを露呈しなければ、休場という選択をしないのではないだろうか。と。

しかし、それではいつまで経っても怪我は快方には向かわない。差せてもおっつけられない。左が生命線の相撲なのにもかかわらず、その左が使えないのだ。ハッキリ言って致命的だ。

出場を続ける限り、稀勢の里が道を切り開くには二つしか方法は残されていない。出場しながら治して左を復活させるという選択と、左に頼る相撲から脱却して新たな稀勢の里を構築するという選択だ。

だが、2場所の出場で両方が難しいことが明らかになってしまった。新たな相撲が短期間で作り上げられないのだとすれば、もう治す以外に方法が残されていないではないか。それでも稀勢の里は、出場することで横綱としての責任を全うしようとしている。

出場すること。 稀勢の里の相撲を取り戻すこと。

この二つを両立できないことは誰の目にも明らかだ。誰かが稀勢の里を動かさねばならない。相撲界の宝を、綱の責任の下に潰すわけにはいかないのである。

だからこそ、横綱審議委員会による休場勧告は本当に意味があると私は思う。様々な報道を見る限り、師匠にはその力は無いだろう。両親はそのような発言をしないタイプだろう。では、稀勢の里に影響を及ぼせるのは一体誰なのだろうか。

本来であればその役割を担うのが、横綱審議委員会なのである。

横綱審議委員会は、横綱を推挙するための組織だ。だが良いか悪いかは別にして、彼らは貴乃花の晩年以降、ご意見番としての発言が報道される機会が多い。

不甲斐ない取組の続く横綱を批判する。それが続けば引退という言葉を用いることで、横綱を引き締める。悪く言えば、メディアに露出し批判することで横綱を追い込む。渡辺恒雄に批判された貴乃花は相撲が取れる状態ではなかったが強行出場し、土俵を去ることになった。

彼らが世論を形成した時代も確かに存在していた。だが、本来止めねばならなかった朝青龍の暴走も、白鵬の変質も、横綱審議委員会は止めることが出来なかった。

私は心の底から思う。 彼らの何が、横綱審議委員会なのだろうか。

大横綱を潰し、止められず、挙げ句の果てには止めることすら放棄した。誰でも批判できる低迷横綱には強気で、相撲界の損失の危機の前には無力だ。

その上横綱を推挙するための基準は、もうある程度明確化されている。横綱審議委員会でなくとも、基準を元に考えれば横綱昇進の判断が乱れることは無いだろう。

私は心の底から思う。 今のままなら横綱審議委員会など、不要だ。

綱の責任故に強行出場した稀勢の里に「判断が甘い」などと言い放ててしまうのが、今の横綱審議委員会の実情だ。確かに判断は甘いか甘くないかと言われれば、甘いと言わざるを得ない。だが、それはこの人気を考えてのことだ。それでも楽しみにしているファンの前に横綱として立とうとした結果だ。休むには強い気持ちが必要だ。だが、手負いの状態で、それでも本場所に出場しようとすることもまた、強い気持ちが必要なのだ。

このような難しい状況を考えて「判断が甘い」などとよく言えたものだと思う。

相撲界は、稀勢の里まで失おうとしている。 今、その瀬戸際に居ると思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
判断が甘い
彼らの何が、横綱審議委員会なのか
休場勧告
渡辺恒雄
横綱審議委員会

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

権威だけの組織は要らない。横綱審議委員会よ、稀勢の里を止めてくれ。

月刊「相撲」7月号(名古屋場所展望号)の10、11ページのカラーグラビアによると、夏場所を途中休場した横綱稀勢の里は、千秋楽のわずか1週間後の6月4日、山響部屋の土俵開きと鹿島神宮の奉納土俵入りという「土俵入りのダブルヘッダー」を行っている。
さらに6月9日には「横綱力士碑刻名奉告祭」で土俵入り、11日には茨城県が生んだ大横綱常陸山の銅像の前で土俵入りを奉納した。
「以前から決まっていた」イベントとのことで、また稀勢の里が出なければ成立しないイベントもあるが、それにしても途中休場した横綱のスケジュールとしては異常だ。
これだけイベントに出て(おそらく報道されていないものもあるだろう)名古屋場所休場できるわけがない。そもそも「稀勢の里、名古屋場所出場へ」というニュースが出ること自体、体調が完全でないことを証明している。

夏場所後の恒例の横審で「横審 稀勢に名古屋場所休場求める声、委員長は完全復活期待」
>>http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/05/30/kiji/20170529s00005000393000c.html
すでに夏場所後の時点で、横審は稀勢の里に休場(「勧告」までは達してないか)を促していた。
まさか夏巡業、稀勢の里途中から参加とか、土俵入りだけ行うとか、はないと信じたい。
ただ、田子ノ浦親方も西岩親方も「夏巡業完全休場」とは発言していないはずだ。同じ途中休場仲間(失礼)の鶴竜と照ノ富士は早い段階で夏巡業完全休場を表明している。

「稀勢の里休場余波、15日間の懸賞総数が200本減」
>>https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1855632.html
名古屋場所の途中休場後の記事だが、これを記事にする必要があるのか?載せるな、とは言わないが、せめて「忖度」してくれ、と思う。
もう横審だけでなく、相撲協会全体で稀勢の里を止める=休場できる流れを造る必要がある。

「権威だけの組織は要らない。横綱審議委員会よ、稀勢の里を止めてくれ。」へのコメント

横綱の気持ちは横綱にしか分からないといいます。北の富士さん等の横綱経験者達なら稀勢の里の気持ちを汲んで説得できたかもしれません。しかし立場上それができないのだと思います。
それを考えるといっそのこと横審を横綱経験者だけで構成したほうが良いんじゃないかと思います。

「権威だけの組織は要らない。横綱審議委員会よ、稀勢の里を止めてくれ。」へのコメント

コメントありがとうございます。

横綱に対する親方の強制力って、いつの時代も発動しづらいものだと思います。これまでに親方が横綱をマネジメント出来た事例って殆ど無いですから。

多分それは部屋を潤す横綱の方が強い立場で、親方は潤いを享受する側だから、横綱は自分で判断するしかないわけです。

だから、いつの時代も横綱はトラブルが絶えません。横審ならまだ対等に近いところまで来られますから、仕組みとしては上手いんですよ。だから、私は本来は親方の責任と思いながらも諦めていて、最後の砦たる横審に機能を果たして欲しいと思ってるわけです。

これで稀勢の里を止められなければ、解散でいいですよ。ほんとに。

親方衆の責任

師匠である田子ノ浦親方は、稀勢の里が2014年初場所前に右足の親指を負傷したときも休場させませんでした。結局稀勢の里は、7勝7敗となった時点でようやく休場に踏み切ったわけですが、もしこの場所を休養に専念していたのなら、その後数年にわたる低迷(特に2014年は2桁白星を上げた場所がわずか2度でした)もなく、賜杯と横綱も早めに掴めたのでは・・・と今さらながら感じてしまいました。
現在の負傷も、春場所は連覇を達成して「作られた横綱」との声を払拭したかったという事情があったため仕方ないにしても、その後の2場所はできれば全休、最低でも初日に敗れた直後に本人を呼び、師匠権限で強制的にでも休ませるべきでした。

西岩親方は、稀勢の里に対するあまりにも楽観的な見方が腹立たしくさえあります。2日目の中継で、西岩親方と舞の海氏の両者が揃って解説を務めました。私は、舞の海氏について政治思想の点から普段あまり良い印象を持っていませんが、稀勢の里に対する分析は舞の海氏の意見(稀勢の里の状態を深刻視するもの)のほうが的を射ているではないでしょうか。
どうも、西岩親方は精神論をかなり重視しているようなきらいがあります。以前親方にインタビューをされたnihiljapkさんはどう思われますか?

以上のことから、稀勢の里が強行出場の末に怪我を重ねてしまった責任の大部分は、当人の頑固さや出場を求める空気よりも、田子ノ浦・西岩の両親方にあると確信しています。

こんな記事も読みたい

「舞の海さん、まだ文句ある?」横綱白鵬が新記録達成で勝利宣言【大相撲コラム 私は見た!】

米リングで三浦が完敗、王座奪回ならず【角海老-ボクシングコラム】

39回目の優勝を遂げた白鵬の次の敵は、世間である。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1573
  • 累計のページビュー:12810284

(08月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss