幕下相撲の知られざる世界

現実に打ちのめされながら大岩戸に声援を送る行為こそ、相撲の醍醐味である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので、当ブログ開設から6年経過した。

「幕下相撲の知られざる世界」は、友人のインターネットラジオで幕下の面白さを語ったところ、記録に残すべきだと言われたことから何となく始めた相撲ブログである。吐合に興味を抱き、小窓から半笑いで幕下を観ていたのが原点なので、当初は書きたいことを書き終えたらもう何も残らないのではないかと感じていた。

事実、当時の私は相撲をそれほど熱心に観ていた訳ではなかった。夜勤前に幕下を、やっていれば幕内上位を、その程度の関心しか抱いていなかったのだ。だから、書きたいことを書き切るまでは突っ走ろう。そこから先は、その時考えよう。見切り発車でスポーツナビに登録したのである。

だが私はまだ、このブログを続けている。少ないながらも定期的に開設される相撲ブログが良くて半年、短くて1場所で消えていく中、静岡新聞に寄稿するところから始まって、相撲アイドルと相撲芸人の対談記事を担当し、西岩親方のインタビューを敢行した。AMラジオで本場所の見所を語り、大相撲がテーマのトークライブを主催し、果ては日本テレビのクイズ番組の監修を行なった。身に余る話である。

結局私は、相撲が好きなのだ。 そんなことを、大岩戸が思い出させてくれた。

今場所の大岩戸は、1勝4敗。 十両を目指す絶好のチャンスは、ひとまず潰えた。

個人的に面識が有り、同世代で、ナイスガイで、相撲が誠実なのだから、応援しないわけにはいかない。理屈は色々と付けられるが、感情が応援したいと言っているのだから、それ以上の理由は無いだろう。人が誰かに惹かれ、手前勝手な思い入れを抱く時はこんなものである。

今場所私は、大岩戸の十両挑戦を心から楽しみにしていた。だが、声援も空しく、星は上がらない。自分の相撲が取れないどころか、相手に相撲を取られてしまう。何も出来ずに敗れてしまう。

大岩戸が弱いのではない。 大岩戸に何もさせない相手力士が強いのだ。 そして、相手力士にも背負うものが有るのだ。

大成道も。 希善龍も。 白鷹山も。 そして、常幸龍も。

大岩戸が今場所敗れた相手は皆強い意志を持って相撲に臨んでいる。大成道と白鷹山は、初めての十両が目前だ。希善龍は、年収1000万円と100万円を行き来する力士だ。常幸龍は、大怪我からの復帰を目指している。

そういう彼らを倒さねばならない。 大岩戸の幸せを祈り、それが実現すれば素晴らしい。 だが大岩戸が勝てば対戦相手が割を食うことになる。

だから私は好きな力士の幸福を一方的には求められなくなっていた。しかし、大岩戸の幸せが実現するという、実に手前勝手なハッピーエンドを望み、先場所実現してしまった。たまにはそんなことが有っても良いのではないかと感じていた。

ただそれは、たまにしか実現しないことなのだ。

現実の厳しさに打ちのめされながら、厳しさの中に生きる者の強さに惹かれる。そして、その強さがたまに報われ、殆どの場合玉砕する儚さが私は好きなのだ。厳しさに直面してああ、そうだよなぁとため息を付くことも、報われて喜びを爆発させることも、どちらを取っても私にとっては相撲を見ることなのである。

美しい物語もいいだろう。出来過ぎた物語も、最近ではYouTubeを見ればいくらでも出てくるだろう。簡単に名シーンが手に入る時代だからこそ、最高の喜びばかりを求めてしまうのは仕方ないことだと思う。

だがそうした喜びは、過程としての苦難を見続けているからこそ尊いのではないかと私は思う。むしろ厳しい現実に打ちのめされることも含めて経験できたからこそ、私は相撲が楽しくて仕方ないのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
幕下力士
タグ:
幕下相撲
十両昇進
如何に敗れるか
如何に勝つか
大岩戸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

現実に打ちのめされながら大岩戸に声援を送る行為こそ、相撲の醍醐味である。

「旭日松vs大岩戸戦、ちょっと正視できない…。」とコメントした者ですが、旭日松、七番相撲休場でした。ホッとした、というか、なんで再出場したんだ、というか。
大岩戸の七番相撲はデカい德真鵬、ケガなく場所を終えてほしい。

現実に打ちのめされながら大岩戸に声援を送る行為こそ、相撲の醍醐味である。

大岩戸が二勝目を挙げた。七番相撲の対戦相手は誰か。

西筆頭の旭日松が今日(十一日目)から再出場してきた。一番相撲、二番相撲で快勝して、三番相撲の大成道戦で自力で立ち上がれないほどの大ケガをして、車椅子で花道を下がった。
当然、今場所は絶望、秋場所の出場も危うい、と見ていた。
ところが再出場だ。常幸龍との一番は全く相撲にならない。相手をする常幸龍が気の毒になる状態だ。
でも、最後の七番相撲が残っている。まさか再休場はないだろう。
さて、七番相撲の相手は誰か。

幕下以下は原則、相星の対戦となるから、二勝二敗二休の旭日松の対戦相手は、いちばん近い地位で二勝四敗の大岩戸が濃厚だろう。旭日松vs大岩戸戦、ちょっと正視できない…。

こんな記事も読みたい

大横綱千代の富士に並ぶも、何か盛り上がりに欠ける。白鵬関の一人旅が本当に残念だ。【独断と偏見の相撲ランキング】

夏はまだまだ終わらない〜マイキーvsブローナーから GGGvsカネロまで【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

三浦隆司‘ボンバーレフト’空転【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:25950
  • 累計のページビュー:13269420

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss