幕下相撲の知られざる世界

さらば、アクロバット力士:宇良。

このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬が、手を焼いていた。 宇良を相手に、手を焼いていた。

白鵬とって初顔合わせは、大好物だ。大横綱を前に普通の力士は無欲の相撲を取る。これまで集大成を、白鵬にぶつける。自分の流儀で自分の相撲を取りに行くわけだ。当然のことだと思う。

だが、その姿勢は無欲でもあるのだが、白鵬の前に立てば皮肉にも無策という言葉で置き換えられてしまう。初顔合わせの力士は、場所前に白鵬が出稽古に訪れるなどして丸裸にされてしまう。手の内は明らかだ。対策も万全だ。

その上、大横綱という立場のアドバンテージが挑戦者を蝕む。平常心を喪失させ、恐怖心が日に日に芽生える。その結果、帰結するのは自分の相撲を取るということだ。

これほど分かりやすい状態であれば、攻略することは白鵬にとっては簡単なことだ。手の内を把握し、相手を呑み、更には当日の戦略まで見透かしている。だから白鵬は、初顔合わせで無類の強さを誇るのである。

初顔合わせの力士が白鵬に極めて0秒に近い時間で倒されるのを見て、私の中である種の諦めともっと何とかして欲しいという欲求不満が募っていた。もっと白鵬に勝つ姿勢を見せて欲しい。通じなくても良い。ただ、勝つための工夫とそれを体現する動きを私は見せて欲しかったのだ。無欲で終わらない、白鵬を脅かすような気概を見たかったのである。

実はそういう姿勢に一番近い近い相撲を取る存在は、阿炎だと思っていた。誰が相手でも臆さずに一泡吹かせに行く若手。誰もが一度は彼の相撲に戸惑い、呑まれる。攻略したらしたで、土俵際で勝負勘と運動神経にモノを言わせた逆転が待っている。しかし阿炎は白鵬に対決するところまで上がるどころか、2年あまり幕下で自分の相撲を見直すことになった。

その間に台頭してきたのが、宇良だった。

学生時代は、全日本で決勝トーナメントに出るのが精一杯だった力士だ。そして、大学2年までは65キロ級だった力士だ。卒業前に相撲を見たときに友人と話したのは、その時点での宇良の実力は三段目中位程度だということだった。単純に実績を大相撲の番付に当て込むとその辺りだということがその理由である。

だが私は、そのとき見落としていた。大学2年時に65キロ級だった選手が、たった2年で決勝トーナメントにまで行くほどの急成長を遂げていたことを。

プロ入り後の宇良は、驚きの連続だった。デビュー直後には、同期で学生時代には世代の頂点だった中村大輝に勝利した。そしてその中村大輝を上回る成績を残し、出世でリードした。

三段目は、どうなのか。 幕下は、どうなのか。 壁だと思われた地位は、あっけなく突破した。

さすがに十両はどうなのか。 ここは厳しいだろう。 通用しても、2場所目には攻略されるだろう。

昨年5月に木瀬部屋に稽古見学した際、出稽古に来ていた北はり磨を相手に最初は全て勝利しながらも、途中から北はり磨が対応したのを観て、私は宇良への懸念を抱いた。だが、この未知の領域に足を踏み入れてからの宇良は見事だった。

レスリングベースの潜る相撲で相手を戸惑わせながら、その取り口を振りに使って速攻相撲も見せる。初顔合わせで戸惑わせ、翌場所に更なる混乱に陥らせる。気がついた時には宇良はその力士と直接対決の無いところまで番付を上げていた。

もう、アクロバット力士ではない。反り技はたまには見せるが、それは宇良の一部に過ぎない。65キロ級の頃の取り口は、もう今は取ることが出来ない。ただ、今の宇良は幕内で勝つ相撲が取れるのだ。

体重を増やし、相撲を変えながら結果を残すことがどれだけ難しいことか。遠藤が一時期体重を10キロ増やした結果、成績が落ちたのを目の当たりにして、スピードと重さとテクニックのバランスを保つことの難しさを感じた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大卒力士
タグ:
無策
無欲
初顔合わせが大好物
白鵬
時代を創れ
宇良
アクロバット力士

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

さらば、アクロバット力士:宇良。

大学時代の宇良は「土俵上でアマレスやってるちっちゃい子」というイメージしかなかった。
「マツコ有吉の怒り新党」で取り上げられたことで知名度が上がり、入門の時には記者会見が開かれたが、正直、大相撲で成功するとは思わなかった(「怒り新党」のMCマツコと有吉も「プロでは無理」という内容の発言をしていたと記憶している)。
ところがプロ入りしてから、宇良の体格も相撲も全く変わった。
尻から太腿の充実ぶりには目を見張る。体重で50㎏以上重い逸ノ城にも引けを取らない。事実、逸ノ城には2戦して2勝だ。
体格の充実とともに、相撲も変わった。「居反りの宇良」で名を挙げたが、今では低い体勢で前に出る相撲だ。でもうっかり宇良の前に腕を出せば、とったり引っ掛け手繰りやりたい放題だ。
白鵬が左に動いて左上手を取りにいく立合いを選択したのは宇良を研究して、宇良を認めたからだろう。(白鵬は立合いアゴが上がる癖のある正代は張り手一発で仕留めている。対戦相手の研究ということでは他の追随を許さない。だから38回も優勝したのだろうが。)
うっかり立合いで宇良の前に腕を出した日馬富士はとったりを喰らった。まあ来場所は研究してくるだろうが。
もう大関候補のひとりに挙げていいのではないか。むしろ気を付けるのは対戦相手より、人気力士の宿命の「贔屓の引き倒し」だ。遠藤や稀勢の里がこれで体調を崩した、というのは言い過ぎか。

こんな記事も読みたい

大相撲の休場力士への考察【なんだかんだでロッテファン】

SEI☆ZAはアイドル路線で行けるところまで行ってほしいが、もう少しハチャメチャなところがあってもよい【極上の“T-1二見激情”見参】

小國以載 初防衛戦決定!!【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:23694
  • 累計のページビュー:13359740

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss