幕下相撲の知られざる世界

絶滅寸前の相撲界の松坂世代。闘え、大雷童。そして、俺達。

このエントリーをはてなブックマークに追加

松坂世代。 1980年から1981年の早生まれの年代だ。

今年度で37歳になるこの世代は、優秀な野球選手を多数輩出したことでも知られている。最近では彼らの現在を追う特集がNumberで掲載されるほど、その影響力は計り知れない。

1998年のセンバツ、そして甲子園。そして高卒1年目からの松坂大輔大活躍。和田毅や村田修一、杉内俊哉に藤川球児。他にも挙げればキリが無い。この時代の野球は続々と台頭する松坂世代に牽引されてきたことは間違いない。

かく言う私も松坂世代だ。野球について語っても、この話題であれば一晩ではとても足りない。多田野や上重、新垣や石堂の話もしたいところだが、今回は割愛する。

さて、そこで思い出してほしいのが、相撲に於ける松坂世代についてである。

実はこの世代、数年前から既に関取が居ないのだ。

少し上の世代でも、1976年世代であれば若の里。1974年世代であれば旭天鵬。息の長い活躍をし、レジェンドという言葉ですら称された世代が少し上には存在している。

そして1978年世代であれば安美錦。1979年世代であれば豪風が居る。現役で館内を沸かせる力士が居る。

少し下に目を向けると、1981年世代なら嘉風と里山、1982年世代なら北太樹、1983年世代は琴奨菊が居る。

全盛期と比べても遜色のない相撲を取る実力者も居れば、全盛期からは少し落ちるが味の有る取口の力士がズラリと並んでいる。

恐らくこれは、近年のトレーニング技術の向上などによるものだろう。力士人生は過去と比較すると本人の努力次第で太く長く出来る時代なのである。

それだけに、相撲界の松坂世代のこの状況は意外なのである。

では、過去にどのような力士が居たのか振り返る。代表的な力士は何と言っても朝青龍だ。そして、アマチュア時代に朝青龍をも凌駕する実力を誇っていたのが普天王だ。更には東欧に目を向ければ黒海が居た。

中々面白い力士は居るのだが、お気づきの通り日本人力士が実に手薄だ。相撲人気が低迷した時期から熱心なファンになった私にとっては、正直なところ印象的な力士は普天王くらいしか思いつかないし、思い出せない。

朝青龍は2010年に、普天王は2011年、そして黒海は2012年に引退している。相撲界における松坂世代の代表格は、5年前には皆姿を消している。黒海が引退した時に、私はそのことに気付いた。

そしてその時思った。今現役の力士で一体誰が松坂世代に該当するのか。ふと考えると私にとって気になり続けていた力士が一人だけいた。

それが、大雷童だ。

高田川部屋を支え続ける大ベテラン。関取経験が6場所ある彼は、10年ほど前に幕下に落ちてからも長く幕下上位で闘い続けてきた。

小さい体で前に出る相撲。吐合を応援している頃に出来れば対戦したくないという観点で見ていたので、裏を返すと良い力士だったということだ。

幕下に落ちてから4年は十両が見える位置に居続けていた。幕下シングルから、10枚目付近をキープし続けることは容易なことではない。

調子を落とせば簡単に大きく後退するのが幕下というものだ。だが大雷童は残り続けた。しかし見方を変えるとそれだけの実力が有りながらも、十両復帰は叶わなかったとも言えるだろう。

それだけ良い相撲を取れば、どこかでチャンスは生まれる。大雷童にもチャンスは有った。幕下転落後、幕下筆頭と2枚目、そして3枚目を1度ずつ経験している。

だが、復帰はできなかった。2枚目の時には3勝3敗で迎えた取組で敗れた。3枚目では4連勝しながらも3連敗を喫した。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
三段目以下の力士
タグ:
黒海
普天王
朝青龍
大雷童
同世代
1980年生まれ
松坂世代
相撲界の松坂世代

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

絶滅寸前の相撲界の松坂世代。闘え、大雷童。そして、俺達。

大相撲もプロ野球も、成功する力士や選手の身体能力は共通するのではないか。
1980年生まれの優秀な日本人アスリートは大半がプロ野球に取られてしまったんだろう(普天王や大雷童が優秀ではない、というわけではないが)。
早稲田実業の清宮君、大相撲来ないかなあ。顔や体つきは大相撲向きなんだがなあ。まあ来るわけないか。

こんな記事も読みたい

マニー・パッキャオ「夢の終わり」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

いよいよ明日。【Kaipopo】

観戦記1336 WBOウェルター級王座戦 マニー・パッキャオvsジェフ・ホーン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13021256

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss