幕下相撲の知られざる世界

美しい優勝の裏に有る、期待ゆえの不安。大岩戸に揺れる名古屋場所。

このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい優勝だった。 素晴らしい優勝だった。

夏場所の大岩戸のことだ。

自分が肩入れしている力士のハッピーエンドを望むのは自然なことだ。だが、幕下には120人の力士が居る。等しく関取を目指して努力している。実力差は紙一重だ。そういう中で、自分の応援している力士だけが報われることは、そう無い。

その力士が勝てば、相手力士は敗れる。単純な話なのだが、ある力士に肩入れするとそういう至極当然なことをつい忘れてしまう。逆に、幕下は甘くないという刷り込みが為されてしまったために、私は大岩戸の優勝を望みながらも、手前勝手な想い入れとコインの裏側に揺れた。

だが、夏場所は手前勝手な想い入れが勝った。大岩戸のハッピーエンドを望んだ。幕下相撲の知られざる世界に触れ過ぎた反動なのか、それとも大岩戸という力士の魅力故なのか。

いずれにしても、幸せな優勝だった。 良く出来た物語だった。 そう。 もしあの優勝でこの物語が完結すれば。

大相撲は2か月に一度やって来る。好調でも不調でも、身内に不幸が有ろうと結婚しても、誰にでも等しく土俵に立つ機会が与えられる。ハッピーエンドで場所が終わっても、次の場所ではまた新しい闘いが始まるわけだ。

大岩戸は、先場所素晴らしい相撲を見せてくれた。もしあの相撲が取れたら十両昇進のチャンスは十二分に有ると思う。楽しみだ。楽しみではあるが、今回は怖さの方が遥かに勝っている。

番付に目をやる。幕下上位はかつての幕下とは大きく異なっている。

旭日松が居る。 北はり磨が居る。 常幸龍が居る。

幕下10枚目前後でさえ、富士東や出羽疾風が居る。強豪と言える力士は、大岩戸だけではないのだ。

大岩戸も強いが、他の力士もそうそうたる顔ぶれだ。勝つかもしれないが、負けるかもしれない。「勝つかもしれない」への期待もさることながら、「負けるかもしれない」に対する恐怖が勝っている。

それは恐らく、私が負けることを意識しているからだ。負けを意識するのは、それだけ強い力士が居るからだ。そして、今回が千載一遇のチャンスだからだ。

更なるハッピーエンドが期待できるからこそ、その裏にあるバッドエンドに怯える。一度ハッピーエンドを経験してしまったからこそ、厳しい現実には戻りたくない。

可能性が無ければ、誰も期待などしない。私が今、大岩戸に不安を感じるのは可能性を見たからだ。不安に駆られることは幸せなことだ。

これは、弱い自分を克服する物語ではない。歳を重ねて自分の相撲を確立した力士が、どれだけ上位でやれるのか。あの見事な相撲が戻らなければ、最後のチャンスかもしれない。そういう物語だ。

スピードで勝る力士は居る。体格では劣る力士を探した方が早いくらいだ。だが、相撲はある一点を競う競技ではない。あくまでも、地面に身体の一部を付けるか、土俵の外に相手を出すか。それを競う競技だ。6連勝の岩崎をも破る相撲が、大岩戸には取れる。期待出来るからこそ、私は嬉しくも不安なのだ。

そういう相撲が取れるのに、敗れる。そういう相撲が取れるから、勝てる。

どちらが出ても、それが相撲だ。 分かってはいるが、感情は揺れる。 だから、面白い。 しかし、恐ろしい。

達観できればどれだけ楽だろうか。だが達観できるとしたら、それはつまらないのかもしれない。まだそのような境地に無い自分だからこそ、これだけ相撲が面白いのかもしれない。

さぁ、日曜日には名古屋場所が始まる。

◇お知らせ◇ 7月11日に第二回トークライブ「幕内相撲の知ってるつもり!?」を開催します。残り座席があとわずかとなっております。参加をご希望の方は、以下のサイトよりご予約下さい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
幕下力士
タグ:
バッドエンド
ハッピーエンド
十両昇進
幕下優勝
大岩戸
勝つかもしれないが、負けるかもしれない。

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

美しい優勝の裏に有る、期待ゆえの不安。大岩戸に揺れる名古屋場所。

3連敗・・・何とも言えませんが、厳しいのは確かです。

こんな記事も読みたい

パッキャオ劇場最終幕;エンディングカウントダウンか?【運動科楽からスポーツ再考!!】

新日本プロレスG1クライマックス27〜予想〜【no title】

山本勇気の傷害事件は起こるべくして起こった事件なのに、「格闘技は関係ない」と無責任な発言ばかりの格闘家、関係者たち【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:4185
  • 累計のページビュー:13025440

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss