幕下相撲の知られざる世界

夢が叶わぬ幕下で、6連勝の大岩戸に夢を見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

諦めなければ夢は必ず叶う。

成功者が人々にこのように語る場面をよく見る。彼らは間違いなく努力している。そしてその努力が報われたからこそ、自らの成功体験を元にこのような話を人々の前で行なっている。

並外れた努力だと思う。効果的に、効率的に。そこに有るのはただの努力ではない。そこにはある種の真理が有ることだろう。

私もその言葉が正しいと思っていた。数年前に幕下相撲を見るまでは。

120人の力士が、等しく努力をしている世界。諦めずに夢を追いかける者たちの集団である。諦めなければ夢は叶うと言われるが、夢が叶うのは毎場所4力士だけだ。あとの116力士達は夢が叶う時を求めて、等しく努力する。

狭き門で、毎場所こんなことの繰り返しだ。

定員が有る以上、夢が叶わぬ者が大量に発生する。誰かの夢が叶うなら、誰かの夢が潰えることになる。一つの光の陰で、多くの者が涙を呑んでいる。年収100万と1000万の狭間で、残酷で人間臭いドラマが展開されている。

だから、幕下相撲は面白いのだ。

私はそういう幕下相撲の世界が好きで、ライフワークとして数年観続けている。ハッピーエンドが極端に少ない世界だからこそ、大部屋という現実を生きながらも、関取という夢を追い、夢に殉じる。美しくも悲しい世界だ。

誰かに多大な想い入れを抱いても、その想い入れが叶うことは極めて少ない。だから、報われることを期待してはいるのだが、そういう世界だから、という言葉で事を俯瞰し、その力士もさることながらそれを応援する自分のことさえも一線を引いて観ている。

そんな私が、1人の力士の動向を固唾を飲んで見守っている。 そう。 大岩戸だ。

あの吐合の大学時代の1年先輩。 幕下15枚目格付け出しデビュー。 関取経験豊富だが、年寄株取得には至らない。 今年で36歳。 ここ数年は幕下在位が長い。

一言で言えば、諦め切れない力士なのである。

恵まれているとは言い難い体で、前に前に出る。 勇気と知性がなければ取れない相撲を取る力士だ。

相撲には、生き様が現れると思う。弱さが有れば、どこかその弱さも露見してしまう。攻めに屈して引いてしまったり、攻め切れなかったり。そういう不完全さも含めて愛らしいのだが、その弱さが物足りなかったりもする。

そういう意味で言えば、大岩戸は素晴らしい人間であり、素晴らしい力士だと思う。相撲を観る中で感じた想いを、私は彼と実際に話すことで強めることになった。直に力士に会うことはそれほど得意ではないのだが、こうして力士を更に理解することも想い入れを深めることも有る。

その大岩戸が、夏場所幕下で6連勝している。

幕下は、かつての幕下ではない。学生時代に実績を残した力士や、外国籍の力士、叩き上げの力士に十両から落ちてきた力士が上位を占めている。

彼らは強い。 少し前ならば十両に居たような力士が、幕下上位で虎視眈々と関取の座を狙っている。数年前の関取が、それも36歳の力士が彼らを凌駕するには何かを変えなければいけない。

だが、36歳では我武者羅に努力することも出来ない。しごかれる立場でもない。自分で自分を律し、少ない時間と限られた稽古の中で彼らを倒す術を身につけねばならない。その術に更に磨きをかけねばならない。

八角部屋でコーチ役も担う大岩戸は、力士として上積みを重ねづらい年齢であり、立場なのだ。だからこそ私は大岩戸の勝敗に喜び、悲しみながらも番付を上げることも関取に復帰することも難しいのではないかと感じていた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
幕下力士
タグ:
諦めなければ夢は必ず叶う
幕下優勝
吐合
大岩戸
幕下相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

夢が叶わぬ幕下で、6連勝の大岩戸に夢を見る。

大岩戸がこんなに動けるとは思っていなかった。年齢で10歳以上年下の岩﨑と互角以上に戦える36歳というのは凄い。
八角部屋ではコーチ役担当とのことだが、まだ現役として頑張れる。あらゆる年長記録を片っ端から書き換えてほしい。

「夢が叶わぬ幕下で、6連勝の大岩戸に夢を見る。」へのコメント

ありがとうございます!良い優勝でしたね。同じ力士を応援するもの同士、仲良くしましょう。笑

「夢が叶わぬ幕下で、6連勝の大岩戸に夢を見る。」へのコメント

夢が叶いましたね!
おめでとうございました!

上林時代から応援してる人は
ずっと応援してますよ!

幕下さんがネタにしなくてもね(笑)

こんな記事も読みたい

稀勢の里の休場は当然【スポーツ えっせい】

コットvs亀海〜まさかのビッグファイト、まさかのタイトルマッチ!〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

昭和58年第1回IWGP決勝リーグ戦 オールカラー完全詳報 アントニオ猪木対ハルク・ホーガン アンドレ・ザ・ジャイアント、キラー・カーン、前田日明【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13005743

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss