幕下相撲の知られざる世界

手負いの稀勢の里が見せた横綱としての矜持を、嬉しく思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初日の敗戦を見て、すぐに休むべきだと思った。 千代の国との一番を見て、取り続ける姿を見たいと思った。 そして昨日、休場が決まって安堵した。

この10日程度で私の稀勢の里に対する気持ちは目まぐるしく変わった。手負いの稀勢の里であることに変わりは無い。初日の一番で稀勢の里がそういう状況にあることを、観るもの全てが知った。

あの時、出場すべきだと考えた人は殆ど居なかった。無論、私もそうだった。理由は簡単だ。稀勢の里の相撲が全く取れていなかったからだ。

私は稀勢の里を見たかったのではなかった。そう。強い稀勢の里の素晴らしい相撲が見たかったのだ。嘉風に敗れたのは稀勢の里だった。だが、強い稀勢の里ではなかった。1月から私の心を揺さぶり続けてきた、あの稀勢の里ではなかった。

今振り返ると、この2場所で見届けてきた稀勢の里があまりに素晴らしかったからこそ、それとは似ても似つかぬ稀勢の里を観ることが辛かったのだ。受け入れたくなかったのだ。受け止めたくなかったのだ。

そんな気持ちを込めて、本文は「。」のみという記事を掲載したところ、かなりの反響をいただいた。稀勢の里のあの姿に、少なからず衝撃を受けたことが原因であることは間違いない。

しかし、稀勢の里は出場を続けた。だが2日目が始まる時点で、出場する意味は見出せなかった。出場することが横綱の責任なのだろうか。とても本来の相撲を取れない力士が土俵に上がることを指して横綱の責任と言うのであれば、それは虐待と何が違うのだろうか。

同じ頃、鶴竜が休場するタイミングで、ある横審のメンバーが綱の責任を果たしていないというコメントを残した。結局、綱の責任を果たすということは一体どういうことなのか。稀勢の里が出場を続ける中で、私には分からなくなっていた。

だが、一つだけ私の中ではっきりしたことがある。 そう。 強くなければ横綱ではないのである。

稀勢の里は連日苦しい戦いを続けた。遠藤戦では不運も重なり敗れた。序盤での2敗で、今場所の優勝は厳しいものとなった。そもそもあの内容では優勝など厳しいことは分かっていた。

それでも、苦戦の中で私はこの稀勢の里を少し見続けていたいと感じていた。

最初はその理由が分からなかった。が、千代の国との取組、そして御嶽海との取組を経てその気持ちは強まった。手負いの稀勢の里が見せる相撲もまた、魅力的だったのだ。

盤石の相撲ではない。 良くない相撲であることは間違いない。 だが、あの必死さに感じずには居られなかった。

もしかすると、かつての稀勢の里はこういうところが足りなかったのかもしれない。石にかじりついても、不細工にでも勝とうとする気概。努力。連日そういう相撲を取り続けていたことが、私には嬉しかった。2場所だけの強さを、手負いの稀勢の里が体現している。それだけで十分だった。

ただ、勿論休んでほしいという気持ちは変わらなかった。

結局稀勢の里は休場を選択した。それで良かったと思う。むしろ、その決断が遅かったとも感じている。栃煌山からの連敗は、本当に怪我が作用したものなのかも分からない。前の稀勢の里に戻ってしまったのかもしれない。土俵の上から推測することしか、傍観者にはできないのである。

6勝4敗という数字は、横綱としては落第である。これで全面的に良かった訳ではないことは確かだ。批判をしたい人は批判すれば良い。何故なら、稀勢の里は横綱だからだ。

ただ、この10日間には異なる稀勢の里が居た。味わい深い10日間だったように思う。ある意味で、大阪場所の2日間よりも濃密だったのではないだろうか。手負いの稀勢の里は、横綱としての責任を果たそうとした。矜持を見せた。それが何より、嬉しかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
強くなければ横綱ではない
矜持
横綱としての責任
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

手負いの稀勢の里が見せた横綱としての矜持を、嬉しく思う。

>>稀勢休場で懸賞52本中9本取りやめ、残りは変更に
>>http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1828858.html
>>今場所前の時点で稀勢の里の一番への指定懸賞は608本あったが、日本相撲協会の担当者によると、休場で辞退されるのは千秋楽までで約20本の見通しで、大幅な減少は免れそうだ。
稀勢の里は相撲協会の営業の「顔」だ。とにかく「出勤」してくれないと仕事が捗らない。

来月四日の鹿島神宮奉納土俵入りと九日の富岡八幡宮の横綱刻名式は出なきゃいけないだろうし(どちらも「主役」は稀勢の里だ)、そうなると名古屋場所も出場することになるのか。
いい加減「稀勢バブル」弾けてほしい。今のままでは白鵬より引退が早くなりそうだ。

手負いの稀勢の里が見せた横綱としての矜持を、嬉しく思う。

力尽きた…、そんな気がしました。管理人さんが書いておられるように、千代の国戦をはじめ、碧山戦、御嶽海戦は、それほど「壮絶」でした。先場所は千秋楽で「力尽きました」が、それで終わりました。
でも、今場所はまだまだ残っている。
栃煌山戦で負けた後、ちょっと左腕を気にしていた仕草を見た瞬間に、稀勢の里の5月場所は終わったと思いました。
本当は最初から休んでほしかったけど、不安をかかえながらも3連覇に挑戦したのはさすがでした。
管理人さんの言われるとおり、稀勢の里という力士の真骨頂は、まさに今場所であったと、私も思います。
この10日間も、歴史にとどめるべきでしょう。
運命の神様は非情でもありますが、乗り越えられない苦難は与えないとも聞いています。
十分に責任は果たした稀勢の里を誰も責めません(アンチは責めるでしょうが、それは仕方ないことです。人間というのは、その評価に好き嫌いという「感情」が入り交じりますから)。
まずは高安と互角に稽古ができるまでケガを完治させてから本場所に臨んでほしい。それがいつになってもいいから。

こんな記事も読みたい

村田諒太〜戦い終えて〜ヴィクトール・フランクルと孫子【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

褐色のナルシスト【FIGHTING PHOTO LIVE】

今更のレフリー疑惑とか流麗な井上尚弥とか和製タイソン比嘉大吾とか【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:4185
  • 累計のページビュー:13025440

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss