幕下相撲の知られざる世界

琴奨菊と豊ノ島。現役続行と引き際の美学を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

琴奨菊が、関脇で1勝6敗。 豊ノ島が、幕下19枚目で1勝3敗。

2016年初場所から1年4ヶ月でこのようなことになるとは、誰が想像しただろうか。あの時優勝を争った同級生のライバル2人が、いずれも精彩を欠いている。

琴奨菊は衰え、豊ノ島は怪我を乗り越えられずに居る。気がつけば琴奨菊は大関から転落し、豊ノ島は幕下でも上に40人近く居る状態だ。

冷静に考えると、彼らは34歳という年齢だ。いつ衰えても、いつ致命的な怪我をしても不思議ではない。これまでも大きな怪我や急激な衰えで突如番付から転げ落ち、消えていった力士は星の数ほど居る。近年では把瑠都がその典型だろう。だから「誰が想像しただろうか」という言葉に偽りはないが、信じられないかと言えばそうではない。

むしろ34歳という年齢は大ベテランである。彼らよりも年上の関取は数える程しか居ない。 ここまで上位でフル対戦を積み重ねてきたことを思うと、消耗しないほうがおかしいのではないかとも思う。

ただ、その内容は心配だ。琴奨菊は得意の態勢にはなれるが、そこから寄れない。寄りの圧力が無いので無理に出て逆転を喰う。そもそも圧力に負けることもある。豊ノ島は内容を論じられない。別人のようだという言葉を比喩表現ではなく使いたくなるのが、豊ノ島の今の状況だ。

一時代を築いた力士が衰えると避けられないのが、引退の2文字だ。意地の悪いメディアは少々の不調でも引退という言葉で煽りに掛かるが、不調が深刻だと意地が悪くなくてもその活字が踊ることになる。そしてファンの怒りを買うことになる。

そこで今回は力士の引退を議論すること、そして引退を望むことの是非について考えたい。

誰もが発信出来る時代だからこそ、言葉には十分気を遣わねばならない。小さな表現で誤解を招くのであれば、よほどの覚悟が無ければ強い言葉を使うべきではない。軽い気持ちで吐く強い言葉、特に引退という2文字ほど感情を逆撫でするものはないと思う。

言葉は良くも悪くも、悪くも良くも人を動かす力がある。最近では偏った意見がメディア上に出ることで逆の意見が世論になることも多い。いや、むしろそういう事例が頻繁に見られる。

だから引退という言葉がある力士の将来を左右することは昔ほど無くなったとは思う。むしろ、揺り戻しの世論が形成されることを計算すると、むしろ引退という言葉で煽られたほうがある意味良いのかもしれない。

引退を望むような発言、煽るような発言は控えるべきだ。だが、全盛期とはほど遠い相撲を取る力士を見たくないという気持ちが引退を望むのであれば、どうだろうか。それは悪いことではないと私は思う。

言葉を慎むことはできても、想いを慎むことはできない。全盛期がが眩しければ眩しいほど、想いの深さと数は増える。かつてとは異なる姿によって思い出が今の姿に書き換えられるのは耐え難いことだ。だから人は時に引退を望むのだと思う。

衰えという変化は少なからず観衆を傷つけ、消耗させることになる。引き際の美学という言葉があるほど、かつての日本では衰えを見せたら身を引くことを良しとしてきた文化がある。こも文化こそが、衰えに厳しい世論を作ってきた元凶だ。だから、衰えた力士に身を引くことを望むのは、日本に生まれ育った以上は正常なことだと私は思う。

そういう想いを抱かれながらも現役を続けるのは覚悟が要るだろう。直接引退を勧告するような人間はそう居ないが、それに近しい意思を周囲の多くが抱いているのだとしたら、別の次元の辛さがあることは想像に難くない。

では、現役を続行しながらどうやって彼らの気持ちを変えれば良いのだろうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲議論
タグ:
引き際の美学
小錦
引退を望む
豊ノ島
琴奨菊

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

琴奨菊と豊ノ島。現役続行と引き際の美学を考える。

>>元関脇豊ノ島、幕下での連敗を3で止める 「もう1回、琴奨菊とやりたい」
>>https://www.daily.co.jp/general/2017/05/20/0010206181.shtml
記事のタイトルは前向きだが、内容は読むのが辛い、というか新聞各紙が豊ノ島の略歴を載せる準備を始めたようだ。
琴奨菊のほうも、豊ノ島を激励している場合じゃない。佐渡ヶ嶽部屋OBで大関の先輩の琴欧洲は、関脇陥落場所8勝7敗、翌場所1勝9敗で平幕陥落が決定的になった時点で引退した。
琴奨菊は先場所9勝6敗、今場所中日まで1勝7敗、なんか琴欧洲とよく似た星取になってきた。
33歳で平幕で現役を続行する覚悟はあるか。そろそろ新聞各紙が追い込みに来そうだが、なんとか踏ん張ってほしい。

琴奨菊と豊ノ島。現役続行と引き際の美学を考える。

引き際については間違いなく本人達も考えているに違いなく、またその本人達が考えに考えた末に下す決断が正解なんであろうと私は思う。よって、周りはそっとしておくことが一番なのではないでしょうか?

こんな記事も読みたい

WBA会長が「村田が勝っていた」【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

「村田ァ!手ぇ出せよ」のヤジ希望【ニコ厨がコスプレ入場に釣られた結果がコレだよ】

村田諒太が世界王者になれなかった3つの理由【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13021256

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss