幕下相撲の知られざる世界

朝潮以降の大卒で大関以上になった力士の数、知ってる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

・・・勿論、35億ではない。

大学進学が相撲関係者の中でも増加し、若貴前後で才能の多くがそちらに流れるようになった。影山(栃煌山)以降、中学横綱の中で大相撲に進んんだのは佐藤(貴景勝)だけだ。そのほかの力士達は、大学からアマチュアという進路を取る者が大多数だ。

才能ある者が大相撲すら目指さない時代に、厳しい選択をすること自体素晴らしいと私は思う。将来の夢の上位に公務員が位置する時代なのだから、この傾向自体責められないのかもしれない。

そういう背景があることを前提として、タイトルの質問に答えたいと思う。正解は、出島と琴光喜の2名である。

武双山と雅山、あと旭富士は大学中退して角界入りしているので、そこに並べても良いのかもしれない。だが40年あまりの中で、大卒力士で角界の顔と言えるところまで番付を上げた力士はたったの2人。中退を入れてもたったの5人だ。

付け加えると最高位大関の4力士は、最高位大関の中での成績を比較すると全員下位に位置しているのである。嫌な言い方をすると平均勝率も、優勝回数も、在位場所数も、大関の中でも低い力士しか排出できていない。

雅山以降、三十代以下の力士に至っては大関候補は居ても大関獲りというステップに至った力士すら皆無だ。三十代以下で最強の大卒力士は一体誰だろうか。答えに窮するところだが、上位での実績を考えると妙義龍が妥当なところではないかと思う。ちなみに朝潮以降で三役に定着した大卒力士は出羽ノ花、栃乃和歌、そして土佐ノ海の3人だけだ。

才能の多くが大学を目指す中で、ここ20年あまりの最強力士が妙義龍。妙義龍は良い力士だ。だが、才能の数を考えるとまだまだ排出できたのではないかと私は思う。

関取になることは凄いことだ。幕内に定着することはもっと凄いことだ。幕下を継続して見続けていれば、そんなことは分かっている。分かりきっている。私の応援し続けた力士が命懸けで挑んで、あと一歩のところで跳ね返されたのだから。あれほどまでに渇望し、想いを持って全てを出し尽くし、それでも叶わなかった地位なのだから。

ただ、私が言いたいのはそういうことではない。

もし、三役や大関に成れるかもしれない力士が、そういう可能性を見せてきた力士が十両や幕内下位から抜け出せずに居たら、一体どう思うだろうか。そこで彼らを凄いという次元で見てしまったとしたら、逆に失礼ではないかと私は思う。

出来る能力を見せながらも、能力を見せる次元に留まっているからこそ、不甲斐ない。かつての稀勢の里を不甲斐ないと言って怒る人はそれほど居なかった。だが大卒力士が対象になると、突然怒る方が出てくる。それも、大卒力士に近い方に多いのが特徴だ。

彼らだって頑張っている。 彼らの何が分かるんだ。 相撲も取ったことの無い奴が。

確かに、私は相撲を取ったことが無い。だが、相撲を取ったことが無ければ意見を言うことができないというのであれば、総理大臣にモノを言えるのは総理大臣経験者だけということになってしまう。

大卒力士がまだまだやれることは、相撲を取ったことが無い立場からも分かる。何故なら、彼らの多くは一番いい相撲を取っているのが、デビュー直後の番付を駆け上がっている時期だからだ。

番付を駆け上がった後で、上位で闘いながら体を壊す。その多くが膝の負傷だ。上位の速さ、強さを受けられない。そういう強い力士と学生時代に闘った経験が無いので、受け方が分からない。対応する前に、アクシデントに見舞われてしまう。中卒や高卒の叩き上げであれば、関取や横綱大関に向き合う経験もしている。だが大卒力士にはそれが無い。そんな話を元力士の方から聞いたことがある。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大卒力士
タグ:
琴光喜
出島
朝潮
35億
高卒
中卒
大卒

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「朝潮以降の大卒で大関以上になった力士の数、知ってる?」へのコメント

すっかり失念していました。
訂正しました。

ありがとうございます!

「朝潮以降の大卒で大関以上になった力士の数、知ってる?」へのコメント

大学中退して力士になったのを入れるなら、4名ではなく5名です。
大関どころか横綱になった旭富士をお忘れです。旭富士は中退だったが現役中に大関昇進後近畿大学に通信教育部に復学し、卒業した変わり種でもあります。

こんな記事も読みたい

闘え、稀勢の里。【スポーツ観戦素人の素人観】

稀勢の里グッズで一つも売れなかった、あのいやげものを買ってみた。【幕下相撲の知られざる世界】

【ミドル級は最も層が厚い?】村田諒太vsアッサン・エンダム⑤【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13243471

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss